フィリップ・ド・シャンパーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ド・シャンパーニュ『1662年の奉納画』パリ、ルーヴル美術館
フィリップ・ド・シャンパーニュ『バニタス』(1671年頃)

フィリップ・ド・シャンパーニュPhilippe de Champaigne, 1602年5月26日 - 1674年8月12日)は、バロック期のフランス派の画家

生涯[編集]

シャンパーニュはブリュッセルの貧しい家に生まれた。風景画家ジャック・フーキエールの弟子を経て、1621年パリに移ると、そこでニコラ・プッサンと共にリュクサンブール宮殿の装飾を手掛けた。その指揮をしたのはニコラ・デュシェーヌで、シャンパーニュはその娘と結婚し、デュシューヌの後ろ盾を得た。

デュシェーヌの死後、シャンバーニュは母妃マリー・ド・メディシスリシュリュー枢機卿の下で働くことになり、枢機卿宮、ソルボンヌ教会の丸屋根、その他の建物の装飾を手掛けた。1648年には、フランス王立絵画・彫刻アカデミーの創立メンバーとなった。

1640年以降、シャンパーニュはジャンセニスムの影響下にあった。伝えられるところでは、娘の麻痺がポール・ロワイヤル修道院で奇跡的に治癒したというのである。それで、シャンパーニュは彼の代表作(ではあるが、彼らしくはない)『1662年の奉納画』(現在ルーヴル美術館所蔵)を描いた。その絵に描かれているのは、シャンパーニュの娘と女子修道院長のカトリーヌ=アニェス・アルノーである。

シャンパーニュは多くの作品を残したが、宗教画、肖像画が主だった。最初こそルーベンスの影響を受けていたが、後にはより禁欲的な作風になっていた。

シャンパーニュはパリで亡くなった。

発音[編集]

本来の発音は「シャンパーニュ[ʃɑ̃paɲ]」であるが[1]、今日ではその綴り(Champaigne)に引っ張られて「シャンペーニュ[ʃɑ̃pɛɲ]」と発音(カタカナ表記)されることも多い[2]

脚注[編集]

  1. ^ Pierret, Jean-Marie Phonétique historique du français et notions de phonétique générale , Peeters, Louvain-la-Neuve, 1994, p. 103.
  2. ^ Camus, Renaud Répertoire des délicatesses du français contemporain, P.O.L., 1999, p. 100. これは、たとえばモンテーニュ(『エセー』の著者)を本来の「モンターニュ」という発音で呼ぶことがほとんどなくなったのと同様の傾向である。本来の発音については、「oignon」(タマネギ)が「オワニョン」ではなく「オニョン」と発音されるように、「gn」の前の「i」がまれに無視される例のひとつと言える。

外部リンク[編集]