リュクサンブール宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュクサンブール宮殿
Palais du Luxembourg
リュクサンブール宮殿
情報
用途 フランス元老院議事堂
旧用途 ピネー=リュクサンブール公フランソワ邸
マリー・ド・メディシス邸
プロヴァンス伯ルイ
総裁政府官邸
設計者 サロモン・ド・ブロス
建築主 ピネー=リュクサンブール公フランソワマリー・ド・メディシス(改築)
着工 1615年
竣工 1631年
開館開所 議事堂としては1799年から
所在地 フランス、パリ6区、ヴォージラール通り
テンプレートを表示

リュクサンブール宮殿(リュクサンブールきゅうでん、Palais du Luxembourg)は、フランスパリにある宮殿。フランス元老院(上院)議事堂として使用され、その周囲はリュクサンブール公園として一般に公開されている。

沿革[編集]

サロモン・ド・ブロス設計のピネー=リュクサンブール公フランソワの邸宅を、イタリアからフランス王室に嫁いできたマリー・ド・メディシスルイ13世の母)の居城として改築した。ニコラ・プッサンフィリップ・ド・シャンパーニュが手掛けた内装は、彼女が幼い頃過ごしたフィレンツェメディチ家の居城ピッティ宮殿をモチーフとしている。

マリーがフランスを追放された後は、彼女の孫であるモンパンシエ公爵夫人などが居住した。フランス革命によって当時の主であったプロヴァンス伯(後のルイ18世)が亡命したために国家に摂取され、監獄として使用されたほか、末期の総裁政府官邸となり、権力者たちがここを活躍の場とした。その後ナポレオン・ボナパルトが権力を掌握した歴史的な舞台にもなった。

自由の女神像の原型が設置されている。

写真[編集]


座標: 北緯48度50分54秒 東経2度20分14秒 / 北緯48.84833度 東経2.33722度 / 48.84833; 2.33722