ジャック・テュルゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・テュルゴー

ローヌ男爵アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴーAnne-Robert-Jacques Turgot, Baron de Laune, 1727年5月10日 - 1781年3月18日)は、フランスブルボン朝政治家であり、また重農主義経済学者である。1774年から1776年まで財務総監を務める。

財務総監時代にはギルドの廃止や穀物の取引の自由化を行い、自由主義的改革を推進して財政再建を図るが、特権身分の反対を受け、1776年に失脚している。また、テュルゴーの思想はアダム・スミスに影響を与えたといわれている。

主著『富に関する省察』(1766年刊)は永田清の訳で1934年岩波文庫に収録された。

参考文献[編集]

  • 『チュルゴーの失脚』〈上〉―1776年5月12日のドラマ(エドガール・フォール著、渡辺恭彦訳、法政大学出版 叢書・ウニベルシタス、2007年)ISBN-13:978-4588008702
  • 『チュルゴーの失脚』〈下〉―1776年5月12日のドラマ(エドガール・フォール著、渡辺恭彦訳、法政大学出版 叢書・ウニベルシタス、2007年)ISBN-13:978-4588008719