シャルル・ド・モンテスキュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー
Charles-Louis de Montesquieu
モンテスキューの肖像
生誕 1689年1月18日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国アキテーヌ地域圏
死没 1755年2月10日(満66歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
時代 18世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 啓蒙思想
研究分野 倫理学
法哲学
政治哲学
社会哲学
歴史哲学
主な概念 権力分立(三権分立)、立法司法行政
classification of systems of government based on their principles
テンプレートを表示

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー(Charles-Louis de Montesquieu, 1689年1月18日 - 1755年2月10日)は、フランス哲学者である。本名は、シャルル=ルイ・ド・スゴンダ(Charles-Louis de Secondat, baron de la Brède et de Montesquieu)で、ラ・ブレードLa Brède)とモンテスキュー(Montesquieu)を領地とする男爵(baron)でもあった。

生涯[編集]

1689年1月18日フランス南西部にあるボルドー近郊で生まれた。彼が7歳の時、母が逝去。母の遺産を継承し、ラ・ブレード男爵となる。ボルドー大学法学部卒業後、1709年からパリに遊学。1713年末、父の訃報により帰郷する。翌年、25歳でボルドー高等法院の参事官となる。1716年、伯父の死により、モンテスキュー男爵の爵位とボルドー高等法院副院長の官職を継承する。しかし、実務面には無関心で、1721年には、匿名で『ペルシア人の手紙英語版フランス語版』を出版。1726年、37歳で、ボルドー高等法学院副院長の官職を辞職。以後、学究生活に入る。1728年1月、アカデミー・フランセーズの会員に選出された直後、4月から諸国遍歴の旅に出る。1731年に祖国であるフランスに帰国。1734年、『ローマ人盛衰原因論』、1748年、『法の精神』を出版。

イギリスの政治に影響を受け、フランス絶対王政を批判し、均衡と抑制による権力分立制の基礎を築いた。

とは、「事物の本性に由来する必然的な関係」であると定義し、権力を分割しない統治形態による法からは、政治的自由が保障されないと考え、執筆に20年かけたと言われる自身の著作『法の精神』の中で、政治権力を立法行政司法に三分割する三権分立論を提唱した。

晩年は、視力の減退に悩まされた。そんな中、著作『百科全書』の為に「趣味論」の執筆に取り組んだが、完成することは無く1755年2月10日にパリで逝去した。

評価[編集]

社会学の父と考えられている。保守主義であった[1]

『ペルシア人の手紙』の一節では、非キリスト教国の出生率の高さを離婚を許容している為とし、また、「夫婦相互の愛情に何よりも寄与するのは離婚の可能性である」と論述した箇所がある(女性の離婚権のみを主張) [2]

彼の肖像は旧フランス・フランの200フラン紙幣に描かれたことがあった。

著作[編集]

  • Les causes de l'écho (The Causes of an Echo)
  • Les glandes rénales (The Renal Glands)
  • La cause de la pesanteur des corps (The Cause of Gravity of Bodies)
  • La damnation éternelle des païens (The Eternal Damnation of the Pagans, 1711)
  • Système des Idées(System of Ideas, 1716)
  • 『ペルシア人の手紙』Lettres persanes(Persian Letters, 1721)
  • Le Temple de Gnide(The Temple of Gnide, a novel; 1724)
  • Histoire véritable d'Arsace et Isménie ((The True History of) Arsace and Isménie, a novel; 1730)
  • 『ローマの隆盛と衰退の原因についての考察』Considérations sur les causes de la grandeur des Romains et de leur décadence (Considerations on the Causes of the Grandeur and Decadence of the Romans, 1734) at Gallica
  • 法の精神』De l'esprit des lois ((On) The Spirit of the Laws, 1748), volume 1, volume 2 at Gallica;
  • La défense de «L'Esprit des lois» (In Defence of "The Spirit of the Laws", 1750)
  • Pensées suivies de Spicilège (Thoughts after Spicilège)
  • Essai sur le goût (1757)
  • Le flux et le reflux de la mer
  • Mémoires sur la fièvre intermittente
  • Mémoires sur l'écho
  • Les maladies des glandes rénales
  • La pesanteur des corps
  • Le mouvement relatif
  • Le Spicilège
  • Pensées

脚注[編集]

  1. ^ 「モンテスキューの作品における法と正義―法制史と法理論の交差する読解」ジャン=ルイ・アルペラン、法政論集 247号(2012)
  2. ^ Montesquieu (1721) (フランス語). Lettres Persanes. pp. Lettre CXVI.  Cf. Roderick Phillips (1991) (英語). Untying the Knot: A Short History of Divorce. Cambridge University Press. pp. pp. 57 - 58. ISBN 9780521423700. 

外部リンク[編集]

Montesquieu, "Notes on England"(オックスフォード大学比較法フォーラム)

前任:
ルイ・ド・サシー
アカデミー・フランセーズ
席次2

第4代:1728年 - 1755年
後任:
ジャン=バティスト・ヴィヴィアン・ド・シャトーブラン