ジャック・マリタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャック・マリタン(Jacques Maritain、1882年11月18日 - 1973年4月28日)は、フランス哲学者新トマス主義者

人物[編集]

1882年パリに生まれる。ソルボンヌ大学で自然科学を学び、当時は唯物論者であったが、後にアンリ・ベルクソン形而上学の講義を聴講し、影響を受け、個人的にも親交を深めた。その後はその影響を抜け、1906年カトリックに入信した。妻のライサ・マリタンも哲学者でカトリック教徒[1]

1913年パリ・カトリック大学教授。1945年にはバチカン市国大使も勤めた。著書は、法律や教育や芸術など多分野にわたっている。法、政治、経済における自らの実践的な問題に関する立場を「政治的ヒューマニズム」と称し、近代の生んだ理性主義、不可知論、個人主義、無神論を批判した上で、共通善に基づく政治を追求しようとした。その思想は、雑誌:エスプリを創刊したエマニュエル・ムーニエをはじめ、多くのカトリックの知識人に影響を与えた。

キリスト教的哲学論争では、これを肯定する立場からエティエンヌ・ジルソンと共に、エミール・ブレイエらと対立した。

1973年4月28日トゥルーズで逝去。

著書(訳本)[編集]

  • 『人間と国家』 久保正幡・稲垣良典訳(創文社、1962年、1973年)
  • 『典礼と観想』 ライサとの共著、須賀敦子訳(エンデルレ書店、1967年)
  • 『詩とは何か その位置について』 ライサとの共著、倉田清訳(南窓社、1970年)
  • 『三人の改革者 ルター.デカルト.ルソー』 麻生宗由訳(弥生書房〈弥生選書16〉、1971年)
  • 『芸術家の責任』 浜田ひろ子訳(九州大学出版会、1984年)
  • 『岐路に立つ教育』 荒木慎一郎訳(九州大学出版会長崎純心大学学術叢書〉、2005年)

脚注[編集]

  1. ^ 妻ライサは、1883年、ロシアのロストフに生まれる。ソルボンヌ大学でマリタンと知り合った。1960年にパリで没した。『あるカトリック女性思想家の回想録 大いなる友情』(水波純子訳、講談社、1981年/講談社学術文庫、2000年)が訳されている。

参考文献[編集]

  • 樺山紘一「マリタン」『現代思想-現代思想の109人』60頁(青土社、1978)

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「ジャック・マリタン」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。