男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

男爵(だんしゃく)は、爵位の一つである。古代中国、近代日本イギリスなどでは五等爵の第5位に当たる。子爵の下位に相当する[1]フランスドイツロシアなど各国の爵位制度でも該当する爵位が存在する。

ヨーロッパの男爵[編集]

日本語の男爵に相当する爵位を英語ではバロン (baron) という。バロンの女性形はバロネス (baroness) で、イギリスの制度では男爵の妻(男爵夫人)や男爵の爵位をもつ女性(女男爵)に用いる。

イギリスでは男爵は、上院議員になることができる貴族の最下位の称号である。イギリスではこの爵位をもつ男性をBaron何々と呼ぶことはめったになく、貴族への一般的敬称であるLord(卿)を用いてLord Smithなどと言う。また「何々卿」の「何々」の部分は家名ではなく、爵位名であることが一般的である。例えば国際オリンピック委員会の会長を務めたキラニン卿(第3代キラニン男爵)の姓名はマイケル・モリスであり、家名名字)はキラニンではなくモリスである。バロンの下位にあたり、ナイトの上位に当たる世襲称号「バロネット(baronet)」は準男爵と訳される。ただし準男爵は貴族扱いを受けないこともある。

スコットランドではバロンは爵位の称号ではなく、イングランドの男爵に相当する爵位はロード・オブ・パーラメントという。

ヨーロッパのその他の国はロシアを含めて、ほとんどがバロン系統の称号を男爵の爵位に用いているが、ドイツのみ男爵に相当する爵位はフライヘル (Freiherr) という。

日本の男爵[編集]

明治以降の華族制度において創設され、最下位の爵位とされた。以下のような人々が男爵位を与えられた。

公家
維新後華族に列せられたる者。すなわち明治以降に分家した家(26家)と、廃仏毀釈の風潮のなかで還俗した公家出身の興福寺僧侶(いわゆる奈良華族。26家)がこれにあたる。さらにいわゆる地下家の中でも殊に家格が高かった押小路家壬生家の2家、及び公家出身で維新に功績のあった玉松操の子孫である玉松家(閑院流出身)、太宰府天満宮宮司高辻家傍流とされる西高辻家にも特に男爵が与えられている。
武家
維新後華族に列せられたる者。すなわち明治以降に大名家から分家した家(35家)がこれにあたる。その他、御三家付家老として1万石以上を領していた紀伊田辺藩安藤家、美濃今尾藩竹腰家、常陸松岡藩中山家、尾張犬山藩成瀬家、紀伊新宮藩水野家の5家、交代寄合のうち維新時に現米1万石以上であった播磨福本池田家、出羽矢島生駒家、大和田原本平野家、常陸志筑本堂家、備中成羽山崎家、但馬村岡山名家の6家、長州藩の支藩とされてきた周防岩国藩吉川家の計11家も、「江戸時代以前は藩とは見なされなかったが明治以後に華族になった」と見なして男爵を与えられた。また戊辰戦争で改易された上総請西藩林家は士族から再度華族に列せられたという扱いで男爵を授爵されている。徳島藩筆頭家老稲田家は戊辰戦争、北海道開拓に功績があったとして男爵を与えられている。越前福井藩松平家の家老であった本多家(2万石)は、陪臣であると解釈されて一旦士族とされたが、旧家臣・領民らによる陳情・騒動(武生騒動)の結果、男爵となった。その他、大藩の家老で1万石以上であった者(加賀藩前田家の重臣など)は、家格に応じて男爵となった家系が少なくない。
僧職・神職
特に内規としてあてはまるものはなかったが、各地の神職のうち特に古い家柄のもの(伊勢神宮荒木田家・河辺家、同外宮松木家阿蘇神社阿蘇家宇佐神宮到津家・宮成家日御碕神社小野家、物部神社金子家日前・国懸両神宮紀家出雲大社北島家・千家家熱田神宮千秋家、住吉大社津守家英彦山天台修験座主高千穂家。太字は国造家)、及び僧職のうち血縁によって職を世襲している家(浄土真宗木辺派管長木辺家、同渋谷派管長渋谷家、同高田派管長常盤井家、同興正派管長華園家)は華族に列せられた。このうち東西本願寺の大谷家は伯爵となり、それを除く18家は男爵とされた。
新華族
国家に勲功ある者。政治家官僚軍人以外に、三井家住友家鴻池家岩崎家のような実業家にも男爵が与えられた。また維新時の功績などといった名目により、大藩の家老家のうちかなりの数が「国家に勲功ある者」として男爵を授けられている。なお、政治家系の新華族は、華族令当初に遅れた場合も、男爵を飛ばして子爵などから叙爵されたケースも多い(桂太郎陸奥宗光ら)。
その他
菊池武臣五条頼定名和長恭南部行義新田俊純などが南朝の功臣の子孫であることを理由に新たに華族に列せられ、男爵を与えられた。

貴族院へは男爵中で互選した者が議員となった(華族議員)。

日本においては公爵、伯爵と並んで知名度の高い爵位であり、文学作品、漫画などにも多くの男爵が登場する。その多くは大礼服よりも伝統的なスーツや乗馬服をまとった紳士風の人物として描かれており、貴族というよりは上位の紳士の称号として認識されている感が強い。

男爵にちなんだ命名[編集]

男爵いも
ジャガイモの品種の一つ。高知県出身の男爵・川田龍吉北海道上磯町(現・北斗市)でアイリッシュ・コブラーという品種の芋を試験栽培し、普及させたことに由来する。
空気男爵
漫画家さいとうたかおのデビュー作。
髭男爵
サンミュージック所属の漫才コンビ。
エロ男爵
俳優沢村一樹の別名。本人は爵位が上位の"エロ公爵"か"エロ伯爵"を希望している。
URBANO BARONE (SOY03)
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズauKDDI沖縄セルラー電話)向け携帯電話のひとつ。"都会的な男爵"という意味合いがこめられている。

主な日本の男爵[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)1774頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年) 1589頁参照。

参照文献[編集]

文献資料[編集]

  • 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)ISBN 400080121X
  • 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)ISBN 4385139059

関連項目[編集]