革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1688年 名誉革命ウィリアム3世の肖像画
18世紀 ジェームズ・ワット蒸気機関。イギリスと世界の産業革命を促進した。
1911年 辛亥革命の指導者孫文

革命(かくめい、英語: Revolution、レボリューション)とは、権力体制や組織構造の抜本的な社会変革が、比較的に短期間に行われること。対義語は保守改良反革命など。

「レボリューション」の語源は「回転する」の意味を持つラテン語の「revolutio」で、ニコラウス・コペルニクス科学革命で使用され、後に政治的変革に使用されるようになった[1]。また漢語の「革命」の語源は、天命が改まるとの意味で、王朝交代に使用された。

革命は人類の歴史上、さまざまな方法や期間、動機となった思想によって発生した。その分野には、文化、経済、社会体制、政治体制などがある(農業革命産業革命フランス革命ロシア革命など)。また、何が革命で何が革命でないかの定義は、学者の間で議論が続いている。

語源[編集]

西洋[編集]

1543年にニコラウス・コペルニクス地動説の論文「天球の回転について」を出版した。その題名で使用された「回転」(Revolution)は天文用語であったが、後に政治体制の突然の変革に使用された。この用語の政治的な最初の使用は、1688年のイギリスでのジェームズ2世からウィリアム3世への体制変革で、名誉革命と呼ばれた[2]。このため欧米の革命という言葉は、近世から近代への移行期以後の政治的な変革に使われる。前近代の政変は、どれほど大きな体制の変革があっても通常は革命とは呼ばれない。

漢語[編集]

漢語の「革命」の語源は、天命が改まるという意味である(「命(天命)を革(あらた)める」)。古代中国では易姓革命など東洋での王朝交代一般を指す言葉であった。中国における代表的な易姓革命は(商)からへの王朝交代で、殷周革命と呼ばれる。東洋においては革命と王朝交代はほぼ同一の概念であったが、西洋においては革命が起きなくても王朝が交代することもあり、革命と王朝交代は同一の概念ではない。そのため、西洋では「反革命」と表現されるものも東洋では「革命」とされることもある。

概要[編集]

一般に革命という概念は、正当性を備えている既存の政治秩序を変更させる政治的活動と関連しており、歴史的には1688年の名誉革命や1789年のフランス革命などの市民革命を挙げることができる。近代以後の政治理論においては革命の概念は、古い政治秩序の破壊と新しい政治秩序の構築をもたらす動態的かつ抜本的な変革を意味している。

市民革命(ブルジョワ革命)とは、封建的な国家体制を破壊して、近代市民社会をめざす革命を指す。革命の主体は通常は有産市民階級つまりブルジョワジーであるためブルジョワ革命とも呼ばれる。市民革命(ブルジョワ革命)は、一度で完了するとは限らない。市民革命後に反動が起きて、その後再度の市民革命に至る場合が少なくない。数え方にもよるが、イギリス、フランス、スウェーデンなどは2回、トルコは3回、スペインは4回の市民革命が発生している。古典的な市民革命が一応完了しても、政治的経済的課題は残存する事がある。例えば地主制が強力で小作農の貧困がひどいとか、労働者階級の貧困がひどいとか、絶対王政が倒れても別の独裁政権や全体主義政権になったとかである。社会主義革命、イスラム革命、反共産主義革命、現代の革命、その他の革命(ファシズム化など)は、古典的な市民革命がやり残した課題の処理という側面はある。

小林良彰は、資本主義的な国民経済の担い手のための政治体制の確立という観点からは、欧米の植民地だった諸国の独立を、先進国の市民革命(ブルジョワ革命)と同等の意義を持つものとしている[3]。実際に植民地の独立を革命と呼ぶ例は多い。確かにハイチインドなどの独立では、国内の奴隷制身分制が制度上は廃止されて近代国家が建設されている。これらはオランダアメリカの独立と同様に古典的な市民革命の一種と見てもいい。しかしブラジル独立メキシコ帝国のように、国家は独立しても社会体制は旧宗主国の絶対君主制と同じという例もあった。これらの国は独立後に市民革命が発生している。またカナダオーストラリアなどは独立前に近代化は達成していたので、独立自体が市民革命に相当する訳ではない。

社会主義革命の理論家であったマルクスエンゲルスによると、革命とは歴史の中で繰り返された社会変革であり、旧来の経済システムの破壊を意味する。それは経済体制において抑圧している階級と抑圧されている階級の間で生じる階級闘争の反映であり、革命は経済社会が発展する歴史の中で繰り返し現れる事象であるとされる。マルクス主義理論においては、市民革命とは、絶対王政封建領主の支配の最終形態とされる)をブルジョワジー(有産市民階級)が打倒するものであり、社会主義革命とは、ブルジョワジー(ここではほぼ資本家階級)の支配をプロレタリアート労働者階級)が打倒するものである。マルクス主義の革命理論においてレーニンは二つの重要な目標を革命に与えている。一つは階級社会を崩壊させること、もう一つは指導的な革命政党を確立することである。1917年10月に発生したロシア十月革命(実態はクーデター)は、マルクス主義の革命理論(のレーニン的解釈)に基づいて実行されたものである。中国における毛沢東の革命思想は、農民を革命の主体としているので、正統的なマルクス主義理論からは社会主義革命の理論とは言えないが、指導した政党が共産党で、毛沢東時代は社会主義国家の建設を目指していたので、共産主義革命の潮流に位置づけることができる。

マルクス主義理論によって成立した社会主義国家[4]は、短期間で崩壊した国を除いて、全て全体主義国家となった。実際に成立するのは階級のない社会などではなく、共産主義政党の高級官僚(ノーメンクラトゥーラ)の支配だった。経済まで国家が支配しているため、国家権力は資本主義の独裁国家より遥かに強力だった。しかし社会主義経済は、先進国に追いつく過程ではそれなりに効率的だったが、その後は資本主義経済に比べて経済発展する力が無く、20世紀後半には資本主義国との間に大きな経済力の格差が生じ、西側諸国との対立関係(冷戦)を戦う能力がなくなった。マルクス主義の教義では資本主義経済は行き詰る(利潤率の傾向的低下の法則など)筈だったが、経済的に行き詰ったのは社会主義の方だった。ソ連など社会主義国の多くは、1989年から1991年にかけて反共産主義革命が起きて崩壊した。中国など政治的に崩壊しなかった国もあるが、多くは経済システムは資本主義化しており、共産主義政党の一党独裁制だけが維持された。実態は資本主義の全体主義国家になっている[5]。現在でも社会主義経済を維持している国は北朝鮮キューバくらいである。

現代の革命理論では、古典的な革命理論にはなかった着眼点が導入されることになる。これは第二次世界大戦後に非西欧地域において発生した事例を考慮に入れながら、新しい枠組みで革命を捉える必要が出てきたからである。現代の革命では、多くの場合は経済システムとしての資本主義は既に成立しており、革命後に経済政策や社会政策の改革が行われる場合は多いが、資本主義自体の打倒は目指さず、独裁、専制、全体主義の政権(まとめて権威主義とも呼ぶ)を倒して政治的民主化を達成して終結する場合が多い。但し反共産主義革命は、現代の革命の一種と考えられるものの、政治的な民主化だけでなく、経済システムも社会主義から資本主義に転換する。現代の革命の担い手は特定の社会階級とかではなく、現代の意味における市民、つまり自立した自我を持つ個人ということになる。現代の革命は、古典的な意味の市民革命や、マルクス主義が意味する社会主義革命とは異なった革命である。新しい理論では、革命の本質が社会変革ではなく政治変革にあり、また歴史的な必然ではなく特定の政治的な環境による成果であると認識されている。このような理論はデイヴィッド・イーストン政治システムの概念の影響を受けており、政治への入力と出力から政治現象を理解しようとしている。この概念を踏まえながらチャルマーズ・ジョンソンは政治システムの多元的な機能不全から革命が勃発すると主張し、社会的諸条件の変化の圧力に耐えることができなくなった時に表面化すると論じた。またテッド・ガーは人々が期待する受益と人々の実際の受益に格差がもたらされることで相対的な剥奪が生じることを指摘し、そのことが革命の原因となることを考察した。さらにシーダ・スコチポルは革命という事態を社会構造から説明しており、それは大規模な戦争や軍事的侵攻によってもたらされる国内の政治体制の無効化の結果であることを指摘している。

また現代の革命でも、イスラム圏では、イスラム教の宗教思想に基づく革命が起きる場合がある。発生する条件は非イスラム地域の現代の革命と同様と思われるが、革命後に民主化するとは言えず、世俗的な権威主義政権から、宗教イデオロギーによる全体主義国家(アフガニスタンターリバーン政権)や半全体主義国家(制限の大きな選挙はある)(イラン)への移行となる。マルクス主義のイデオロギーによって成立した国家が全て全体主義化したのと類似している。但しイスラム教の教義は自由な商取引を前提としているので、資本主義経済を廃止するという発想は生じない。このためイスラム革命では経済システムは変更されない。

現代において絶対王政の国というのはごく少数(サウジアラビアスワジランドブルネイなど)しか残ってないので、古典的な市民革命の発生が殆どなくなるのは当然である。植民地も少なくなったし、多くは近代化は完了しているので、独立が市民革命に相当する地域も少ない。本物の社会主義国も北朝鮮とキューバしか残ってないので、反共産主義革命が起きそうな国も少ない。しかし権威主義国家はいまだに数多い。ソ連崩壊以前なら、資本主義の権威主義国家では社会主義革命を目指す勢力が大きくなっていただろうが、マルクス主義は凋落して、議会民主制(経済は資本主義)が目指すべき唯一の近代社会のモデルとなった。それが現代の革命が、民主化を実現する政治革命ばかりになった理由である。例外はイスラム圏で、議会民主制を目指す動きもそれなりに強いが、イスラム原理主義が強大な勢力となっている。サウジアラビアは市民革命ではなくイスラム革命が発生する可能性が高い。なおスワジランドは古典的な市民革命が起きるだろう。最後のブルジョワ革命がどこになるかは興味深い。しかしイスラム原理主義運動は、イデオロギーに基いて全体主義国家の建設を目指すという点で、前世紀のマルクス主義運動の焼き直しである。とするとイスラム全体主義国家も、いつかは反共産主義革命に相当する革命が起きて、最終的に民主化すると思われる。しかしソビエト体制が70年も続いた事を考えると、イスラム国家の民主化はかなり先かもしれない。現代の革命は、政治的な民主化革命がどこまで多くの国で起きるかが問題である。しかし全世界の民主化が21世紀中に完了するかは何とも言えない。

なお、軍隊など政府・支配階級内の勢力が起こす非合法的な手段による政権奪取・限定的な体制変更についてはクーデターと呼ぶ。ただし1952年にエジプトでクーデターによって王政を廃止したムハンマド・ナギーブ政権、1961年に韓国でクーデターを起こして権力を奪取した朴正煕政権、1968年にイラクでクーデターで権力を握ったバアス党政権、1969年のクーデターで成立したリビアカッザーフィー政権など、実際はクーデターで政権を掌握したにもかかわらず、前の政権を全否定する意味でクーデターによる政権掌握を「革命」と呼んだ場合も多い。クーデターの多くは支配者の首が挿げ替えられるだけで、社会体制や経済体制は変更されない事が多い。しかし政変自体はクーデターでも、結果として社会体制または政治体制の大きな変革をもたらした例も少なからずある。代表的な市民革命とされる名誉革命も、実際は民衆の蜂起などないクーデター的な政変だったし、ロシアの十月革命は社会主義革命の本家と言えるが、左翼が衰退してからクーデター説が強まってきている[6]

また革命でもクーデターでもないが、革命を先取りした上からの改革はかなり多い。上からの改革は中途半端になりがちなため失敗する事が多いが、大きな変革となった例も幾つかある。上からの改革が失敗すると、その後本当の革命を誘発する場合がある。帝政ロシアのストルイピン改革の挫折はロシア革命を誘発し、ソ連末期のミハイル・ゴルバチョフによるペレストロイカはソ連崩壊を誘発したと言える。イラク戦争で外からイラクを民主化した事は、中東諸国のイスラム革命を促進した可能性がある。

反革命とは、革命前に利益を得ていた勢力が旧体制への復帰を求める運動である。但し実際には革命後の権力者や支配集団が、自らに敵対する潮流の全てに反革命のレッテルを貼って弾圧する場合も多かった。市民革命では、名誉革命のジャコバイトジェームズ2世 の支持勢力)、フランス革命の王党派が代表的な反革命勢力である。社会主義革命では、マルクス主義に反対する勢力が全て反革命とされたばかりか、共産主義政党内の権力闘争に敗れただけの勢力も反革命呼ばわりされた。ソ連においては、スターリンとの権力闘争に敗れたトロツキー派は反革命とされたが、実際はトロツキーはスターリンよりは急進主義的だった。ハンガリー動乱(英:Hungarian Revolution)のように当時は反革命として否定されていても、後に革命であったと再評価される例もある。これは反共産主義革命でマルクス主義が決定的に衰退したためである。また保守の側からの革命を保守革命と呼ぶ事もある。

イタリアのファシスト党やドイツのナチスによる権力奪取は、市民革命や社会主義革命に対する反革命運動とは異なった性格がある。大衆的な基盤があり、権力奪取の時に大衆を動員し、権力奪取後の政策は、農民や労働者を含む大衆への利益配分に熱心だったりした。社会体制としても、ナチスドイツの場合には国家の経済活動への関与が強力で、社会主義経済にかなり近かった。(イタリアは国有企業の増大はあったが統制経済はやってない。)右翼全体主義政党の権力奪取の一部は、社会主義革命に類似した状況が発生している。この種の権力奪取は、単純な反革命ではなく革命の一種と考える事も出来る。

讖緯説における革命概念[編集]

また未来予言の方法として発展した讖緯説においては、革命は緯書(予言書)に予め記載されており、特に辛酉の年には必ず革命が発生して政治・社会の変革を伴うと唱えられた。これに対して有徳の君主は緯書の定めた通りに行動することによって易姓革命などを未然に回避出来ると考えられた。その一環として辛酉、後には甲子の年にも改元が行われて君主が率先して政治・社会の変革の意志を明らかにすることが行われた(「辛酉革命」・「甲子革令」)。日本書紀で初代天皇である神武天皇の即位年が紀元前660年となっているのは辛酉革命説に基いている。神武天皇が実在していたとしても、記紀神話などに描かれた天皇の事績は近畿地方だけの征服であり、日本の統一といった大事件ではない。

日本における革命[編集]

中国大陸は易姓革命も含めて多くの革命を経験しており、また朝鮮半島ベトナムでも易姓革命や近代以後の革命は起こっているが、それらに比して日本では、有史以来革命が起こったことがないとされている。政権の交代はしばしば発生したが、天皇家が名目上の最高の支配者であり続け、実質的な最高権力者でも天皇の臣下(大臣大連摂政関白太政大臣征夷大将軍執権管領老中内閣総理大臣など)という形式を崩さなかったからである。江戸時代山崎闇斎(『泰山集』)や水戸学藤田東湖(『弘道館記述義』)のように、日本は天照大神以来の万世一系の皇統を持つ唯一無二の国家であるとして、易姓革命を否定して国粋主義を高揚させる逆説的な論理で用いられることもあった。ただしクーデターや内戦の類とされるものは多数起きており、その中には他国の革命に相当するほどの劇的な政治体制の変化が起きたこともある(大化の改新承久の乱天下布武など)。

吉田松陰の思想を背景として起こった明治維新保守革命ともいわれ、あるいはまた西欧でいうクーデターとは異なる独自の意味として「維新」を考える学説もある(藤田省三松本健一ら)。またマルクス主義の立場からは、日本共産党などは明治維新を絶対主義の成立とするが、スターリン主義の影響を受けてない潮流はブルジョワ革命とすることが多く、日本資本主義論争などに繋がった。

なお明治維新の英訳語は「王政復古」という意味で「Meiji Restoration」である。

北一輝らの民族主義ないし国家社会主義革命理論では、天皇および国体を真正のものへと変革(革命)することが目指された。三島由紀夫陽明学の影響のもとに、保守革命を企画した。

主な革命一覧[編集]

政治[編集]

文化[編集]

経済・技術[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Repcheck, Jack (2007) Copernicus' Secret: How the Scientific Revolution Began Simon Schuster, New York, ISBN 978-0-7432-8951-1
  2. ^ Richard Pipes, A Concise History of the Russian Revolution
  3. ^ 小林良彰著「明治維新とフランス革命」(三一書房 1988年12月)
  4. ^ 但しこれらの国家の性格についてはマルクス主義内部でも異論はある。トロツキズムでは労働者国家と呼び、小数だが官僚制集産主義や国家資本主義とする説もある。
  5. ^ 今後中国、ベトナム、ラオスが革命で民主化しても、反共産主義革命と呼ぶべきではないだろう。
  6. ^ 産経新聞2000年8月7日東京朝刊「私が選んだ20世紀の十大ニュース」(2)A・ヤコブレフ氏 「二十世紀は意味のない革命の世紀でもあった。社会主義国家ソ連を生んだロシア革命は世界の人々に希望を与えたわけではない。ロシア革命は、ボリシェビキが暴力で権力を奪取するために起こした単なるクーデターで、革命とはいえない。これはファシズムや日本の軍国主義と同様に犯罪である。」「革命の父といわれるレーニンは、犯罪国家を作ったにすぎない。ソ連の誕生はファシズムと同様に独裁体制の台頭の1つに過ぎない。」
  7. ^ イギリス議会とオランダ統領ウィリアム3世による政権奪取(クーデター)という説もある。
  8. ^ 学説によっては七月革命と呼称。
  9. ^ 学説によっては三月革命と呼称。
  10. ^ 学説によっては二月革命と呼称。
  11. ^ 十月革命は、クーデターであったとする説もある。
  12. ^ 指導的思想は、マルクス主義から主体思想(金日成・金正日主義)に取り替えられた。
  13. ^ 毛沢東死後の状況からすると、鄧小平らを「走資派」とした評価自体は正確だった。
  14. ^ 友田錫著「裏切られたベトナム革命―チュン・ニュー・タンの証言」(中央公論社 1986年11月)
  15. ^ 世界遺産都市で墓を破壊=イスラム過激派-マリ北部(時事通信、2012年7月1日)
  16. ^ 南利明 1998年, pp. 97.

参考文献[編集]

  • 中野実著『革命 現代政治学叢書4』東京大学出版会、1989年
  • Brinton, C. 1938. The anatomy of revolution. New York: Vintage.
    • ブリントン著、岡義武、篠原一譯訳『革命の解剖』岩波書店、1952年
  • Edwards, L. P. 1927. The natural history of revolution. Chicago: Univ. of Chicago Press.
  • Eisenstadt, S. N. 1978. Revolution and the transformation of societies. New York: Free Press.
  • Goldstone, J. A. ed. 1978. Superpowers and revolution. New York: Praeger.
  • Goldstone, J. A. ed. Revolution: Theoretical, comparative, and historical studies. San Diego and New York: Harcourt Brace Jovanovich.
  • Goldstone, J. A. Revolution and rebellion in the early modern world. Berkeley and Los Angeles: University of California Press.
  • Goldstone, J. A., T. R. Gurr, and F. Moshiri. eds. 1991. Revolutions of the Late 20th Century. Boulder, Colo.: Westview Press.
  • Gurr, T. R. 1970. Why men rebel. Princeton: Princeton Univ. Press.
  • Gurr, T. R. 1980. Handbook of political conflict. New York: Free Press.
  • Huntington, S. P. 1968. Political order in changing societies. New Heaven, Conn.: Yale Univ. Press.
    • ハンチントン著、内山秀夫訳『変革期社会の政治秩序』サイマル出版会、1972年
  • Johnson, C. 1966. Revolutionary change. Boston: Little, Brown & Co.
  • LeBon, G. 1913. The psychology of revolutions. New York: Putnam.
  • Moore, B., Jr. 1966. Social origins of dictatorship and democracy: Lord and peasant in the making of the modern world. Boston: Beacon Press.
    • ムーア著、宮崎隆次ほか訳『独裁と民主政治の社会的起源 近代世界形成過程における領主と農民』岩波書店、1986-1987年
  • Pettee, G. S. 1938. The process of revolution. New York: Harper & Row.
  • Skocpol, T. 1979. State and social revolutions: A comparative analysis of France, Russia, and China. Cambridge: Cambridge Univ. Press.
  • Tilly, C. 1978. From mobilization to revolution. Reading, Mass.: Addison-Wesley.
    • ティリー著、小林良彰ほか訳『政治変動論』芦書房、1984年
  • Trimberger, E. K. 1978. Revolution from above: Military bureaucrats and development in Japan, Turkey, Egypt, and Peru. New Brunswick, N.J.: Transaction Books.
  • Walton, J. 1984. Reluctant rebels: Comparative studies of revolution and underdevelopment. New York: Columbia Univ. Press.
  • 南利明「NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制(三)」、『静岡大学教養部研究報告. 人文・社会科学篇』25(1)、静岡大学、1989年、 61-98頁、 NAID 110007615716

関連項目[編集]