ニッコロ・マキャヴェッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニッコロ・マキャヴェッリ
Niccolò Machiavelli
Santi di Tito - Niccolo Machiavelli's portrait.jpg
ニッコロ・マキャヴェッリの肖像画
誕生 1469年5月3日
Flag of Florence.svgフィレンツェ共和国フィレンツェ
死没 1527年6月21日(満58歳没)
Flag of Florence.svgフィレンツェ共和国フィレンツェ
職業 外交官
政治思想家
主題 政治歴史軍事哲学
代表作 君主論
ディスコルシ
戦術論
『フィレンツェ史』
『マンドラゴラ』
サイン Firma machiavelli.png
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ニッコロ・マキャヴェッリイタリア語: Niccolò Machiavelli, 1469年5月3日 - 1527年6月21日)は、イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の外交官。

著書に『君主論』、『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考(ディスコルシ)』、『戦術論』がある。理想主義的な思想の強いルネサンス期に、政治は宗教・道徳から切り離して考えるべきであるという現実主義的な政治理論を創始した。日本語では「マキャヴェリ」「マキャベリ」「マキァヴェリ」「マキァヴェッリ」など様々な表記が見られる。

生涯[編集]

1469年、法律家の父ベルナルド・ディ・ニッコロ・マキャヴェッリとその妻バルトロメーア・ディ・ステファノ・ネリの3人目の子として生まれた[1]。マキャヴェッリ家はフィレンツェ共和国の要職を幾人か輩出した名家であり[2]、一説にはトスカーナの旧侯爵家の子孫であるともされる[3]。父ベルナルドは弁護士で年収は110フォリーノ。貧しい階級のものではないが、絶対に裕福な家庭の者でもなかった。いわゆる中流ではあるが、マキャヴェッリ本人は「私は貧しく生まれた。だから、楽しむより先に、苦労することを覚えた」と後年記している。[4]マキャヴェッリは他の兄弟たちと共に父母の愛情に包まれ、上流階級の必須教養であったローマギリシャ古典やラテン語等を学んで育った。その青少年期は、大ロレンツォによる独裁、大ロレンツォ死後に発生したメディチ家追放(1494年)、サヴォナローラの神政とその失脚・処刑(1498年)等、フィレンツェ共和国の激動期に重なる。

1498年6月19日、マキャヴェッリはピエロ・ソデリーニ政権下の第2書記局長に選出される。マキャヴェッリが属した第2書記局は内政軍政を所轄し、自身が各国との交渉に関わることも多い。同年7月14日、「自由と平和のための十人委員会」秘書官に任命される。ほぼ同時期に統領秘書官にも任命される。この頃、十人委員会からの依頼で、『ピサ問題に関する論考』を書く。かつてピサはイタリアの3大海洋国家のひとつであり、海を持たないフレンツェにとっては、ピサの港が自由につかえることが必要であり、ピサがコントロール下から離れたことが問題となっていた。この難題に対し、マキャベリは論考を書物にして4ページ半の小文に、簡潔明瞭にまとめた。「もしも、フィレンツェが自由でありたいと望めば、ピサは再領有は実現されるべきである」と冒頭で述べ、さらに包囲戦のあり方から、攻撃拠点に配置する兵の数をまで拠点ごとに論じている。

1499年6月、チタ・ディ・カステッロ領主にして傭兵隊長であるパオロ・ヴィテッリをフィレンツェ共和国軍最高司令官に任命し、ピサに軍事侵攻を開始した。十人委員会は悪評高く、選挙さえ行われていなかったため有名無実化しており、その中でマキャヴェッリは統領と官僚に直接指揮をあおぎ、仕事をこなしていた。8月16日には、砲撃でピサ市壁を24メートルにわたって破壊し、8月10日に市壁を守る砦の一つを陥落させる。しかし、再領有目前になったこの時期に最高司令官ヴィテッリが自分の率いる傭兵団を撤退させ、他の傭兵隊長たちも軍事行動を中断した。マラリアで倒れた兵が出たことを期に、9月14日に完全撤退した。市街戦での兵力消耗を嫌った傭兵隊長らしい行動の結果の崩壊であった[5]。9月29日、ヴィテッリは逮捕される。罪状は、反逆罪(復帰を狙うメディチ家とそれを支援するヴェネツィア共和国に通じていた)、理由なき戦線離脱、ピサ防衛についていた敵側傭兵隊長を逃したことの3点である。10月1日、ヴィテッリは処刑された。10月15日、フィレンツェ共和国は、9月11日にミラノを占拠したフランス王ルイ12世と同盟を結ぶ。フィレンツェは、フランス王がナポリ攻略に必要な5千人のスイス傭兵と5百の騎兵を金で準備し、代わりにフランス王はナポリ攻略前に、フィレンツェにピサ攻略のためにスイス傭兵5千人を貸し与える(ただし費用はフィレンツェ持ち)という内容だった。

1500年ピサ戦役("Discorso sopra le cose di Pisa" に記録)にマキャヴェッリはフィレンツェ軍顧問の副官として参加した。集結地点パルマにきたフランス王の兵は、スイス兵4千人とガスコーニュ兵2千人であった(協約違反)。いざ進軍となったときには、フランスからの援軍はいうことを聞かず、まっすぐ南下すればピサのところ、東南に進路を取り、フランス王が関心のある地域であったボローニャミランドンコレッジオカルピと、2ヶ月にわたり軍事パレードをする示威行為に付き合わされた。6月22日、ピサに到着するが、フランス兵は周辺一帯の略奪に明け暮れる。フランス王の「助力」を信頼し、フランスとの協約で支払う費用が多額だったため、イタリア人傭兵を全員解雇して臨んだ戦役だったため歯止めが効かず、戦場ではフランス兵のいうがままであった。フランス軍はピサ市壁を破壊するものの、市内への侵攻を拒否したあげく、フィレンツェ顧問アルビッツを拉致して身代金を要求するなど惨状を極めた。そんな中、マキャヴェッリはフランス軍との交渉役や、本国との連絡役となる傍ら、十人委員会の名で顧問に訓令を書き、また顧問の名で十人委員会への報告書を書くなど多忙な日々を送った。ガスコーニュ兵がまず引き上げ、7月9日スイス兵も引き払い、ピサ領有は水泡と化した。

後年のマキャヴェッリの「自国の軍を持つ必要性」や他人の褌で相撲を取ることを考えてはならないという主張は、この年の経験に基づくとされる。ピサ戦役の失敗は、フィレンツェ共和国に多大な費用の空費をさせただけでなく、フランス兵の略奪によりピサ周辺の親フィレンツェ地域にまで恨みを買い、フランス王にいいようにあしらわれたことで、権威の失墜を招いた。また、フランス王は一方的に同盟の破棄を宣言し、マキャヴェッリは王の後を追って、共和国政府の副使として弁明のためにフランスまで行くことになる。

このようにマキャヴェッリは、実際に軍事行動の立案から実行まで関わり、また外国にもたびたび派遣されることもあった。マキャヴェッリは見聞きした各国為政者や古典から学んだ歴史上の人物の中から、権謀術数に長けた教皇軍総司令官チェーザレ・ボルジアに理想の君主像を見出すようになった。

マキャヴェッリは自らの経験と考察から、国の根源は傭兵に拠らない軍事力にあると確信し、国民軍の創設を計画した。貴族や富裕層の中には国民軍創設に反対する者もいたが、その企画は実現する。国民軍は期待された成果を挙げることなく、ソデリーニ政権は1512年、メディチ家のフィレンツェ復権を後押しするハプスブルク家スペインの前に屈服し、マキャヴェッリは第2書記局長の職を解かれた。

1513年2月、ジョヴァンニ・デ・メディチ新政権下起こったボスコリ事件に加わった容疑で、マキャヴェッリは指名手配され、2月19日自ら出頭して逮捕された(実際には加担していなかったとされる)。マキャヴェッリは地下牢で、縄で吊るされるという拷問(拷問の中ではさほど残酷な部類には入らない)を6回受けた。3月11日にジョヴァンニ・デ・メディチが教皇に選出されたことにより、大赦で(3月11もしくは12日に)釈放された。しかし保釈金的なものは発生しており、マキャヴェッリの年収の10年分にあた金額を友人3人に借りて支払っている。

所有地からのあがりだけで悠々自適でいられる身分になかったマキャヴェッリにとって、財産はフレンツェ市内の家とサンタンドレアにある山荘だけであった。当時フィレンツェ近郊の山荘では、小麦と衣服以外は自給自足できるのが一般的であり、それがあってか、マキャヴェッリは葡萄やオリーブの収穫時期ぐらいにしか行かなかった山荘に、家族7人(本人・妻・子供5人)で移り住む(大赦によりフィレンツェ市内からの1年の追放刑も赦されていたので、マキャヴェッリが追放されたという説は疑問である。また、マキャヴェッリ自身「失業して給料が入らなくなり、これでは、にわとりでも飼って口をしのぐしかない」と書いている)。山荘はフィレンツェ・シエナ間に広がるキャンティ地方にあり、ワインの産地である。現在、マキャヴェッリの子孫の娘の再婚先であったセリストーリ伯家が、山荘とそれに付随した農園を相続していて、マキャヴェッリの横顔を商標にした「キャンティ・クラシコ」を販売している。しかし、マキャヴェッリの時代は、ワイン販売が事業として成り立つとは誰も考えていなかったようで、ワインでひと稼ぎとはいかなかったようである。

43歳にして隠遁生活に入らざるをえなかったマキャヴェッリは、昼間は農業に勤しんだり、近くの庶民と交わり賭け事等をして時を過ごし、日が落ちると読書、執筆三昧の日々を送った。当時の生活ぶりは、1513年12月10日に、ローマ法王庁にフィレンツェ政府より大使として赴任していた、親友のフランチェスコ・ヴェットーリへの一通の手紙から窺える。イタリア文学史上、最も有名で美しい手紙の一つとされているが、夜になると官服に着替えて『君主論』と題した小論文をまとめていることを述べている。

執筆活動は政治・歴史・軍事から劇作までに及び、喜劇は大好評を博して著作家としての名声を得た。

マキャヴェッリは、「私は我が魂よりも、我が祖国を愛する」と友人であるフランチェスコ・ヴェットーリ宛の書簡に記した[6]ように愛国者を自認しており、いつでもフィレンツェのために役立ちたいと公言していた。元来、陽気でお喋りで、飲む・打つ・買うが大好き、また良き夫、良き父親、仕事好きでめげないマキャヴェッリは、独裁的なメディチ家が君臨する新政権下への就職活動を模索するようになった。

マキャヴェッリは共和制支持派と見られていたので、かつての同僚や彼に批判的な人の中には、メディチ政権への猟官運動を冷淡に見る者もいた。新たにフィレンツェの支配者となったジョヴァンニ・デ・メディチ、またその後任者ジュリアーノ・デ・メディチの方でも、長く前政権下の政務に携わったマキャヴェッリを用いることはしなかった。

1516年に死去したジュリアーノ・デ・メディチの後任にロレンツォ・デ・メディチが就任すると、マキャヴェッリに謁見の機会が与えられた。謁見の場でマキャヴェッリがロレンツォ・デ・メディチに献上した[要出典]のが『君主論』である。ロレンツォ・デ・メディチに献上された本『君主論』には、君主たるものがいかにして権力を維持し政治を安定させるか、という政治手法が書き記されている。

マキャヴェッリの理論は「フォルトゥーナ」(Fortuna, 運命)と「ヴィルトゥ」(Virtù, 技量)という概念を用い、君主にはフォルトゥーナを引き寄せるだけのヴィルトゥが必要であると述べた。『リウィウス論』では古代ローマ史を例にとり、偉大な国家を形成するための数々の原則が打ち立てられている。全てにおいて目的と手段の分離を説いていることが著作当時において新たな点であった。共和主義者のマキャヴェッリであったが、スペインとフランスがイタリアを舞台にして戦うイタリア戦争に衝撃を受けた。彼が体験した挫折感と、独立を願って止まない情熱の存在があったからこそ、『君主論』が生まれたといわれる。マキャヴェッリは『君主論』の中で、混乱するイタリアにあって国を治めるために、自国軍創設や深謀遠慮の重要性を故事を引き合いに出して説いている。理想の君主チェーザレ・ボルジアを例示して、イタリア半島統一を実現しうる君主像を論じた。

チェーザレ・ボルジア失脚当時には、マキャヴェッリも「かつての公爵とは千年の隔たりを感じる」と冷たい評価を下しながらも、『君主論』26章では、チェーザレについて次のような言葉を残す。「今までに、ある人物の中に、神がイタリアの贖罪をあがなうよう命じられでもしたかのような、ひとすじの光が射したことがあった。だが、残念なことにこの人物は、その活動の絶頂期に運に見放されてしまったのである」。そしてそれに続く言葉は、「こうして息絶えだえのイタリアは、今自らの傷を癒してくれる人を望んでいる」であり、とどめにメディチ家に対して「今日、ご尊家がこの贖罪行動の先頭に立つ他に、イタリアの期待に応えられる人がどこにあろうか」と激励を送った。

1520年、マキャヴェッリ理論の傾倒者が多く、首謀者に含まれた反メディチの陰謀オルティ・オリチェラーリ事件イタリア語版が発生したが、ロレンツォの後任者ジュリオ・デ・メディチ(後のクレメンス7世)は、マキャヴェッリの事件への関与を一切問うことをしなかったばかりか、著作家として才能を開花させていたマキャヴェッリに『フィレンツェ史イタリア語版英語版』の執筆を依頼した。

このようにメディチ家政権下で顧問的に用いられるようになったマキャヴェッリだったが、1527年に発生したローマ略奪でメディチ家がフィレンツェから追放されると、マキャヴェッリもまた政権から追放されるはめになった。一貫した共和制支持派からは「メディチ家に擦り寄った裏切り者」、ある者からは「目的のためには手段を選ばない狡猾者」と非難され、失意のうちに病を得て急死した。

軍事理論[編集]

ウフィツィ美術館にあるマキャヴェッリ像

マキャヴェッリはその軍事思想を『君主論』、また『政略論』や『戦術論』に記している。その特徴として以下のことが挙げられる。

  1. 軍事力の重要性を論じている。『君主論』において君主に必要なものとして法律とともに軍備が挙げられている。また傭兵軍ではなく常備軍の編制を重視し[要出典]、また騎兵ではなく歩兵の有効性を論じてもいる。
  2. 軍事訓練の重要性を論じている。マキャヴェッリは軍事訓練を錬度に合わせて段階的に実施することを述べており、第1段階に整列の動作の訓練、第2段階に整列行進の動作の訓練、第3段階に戦闘訓練、第四段階に信号や命令伝達の教育としている。
  3. 司令官の軍事的統率能力の重要性を論じている。これは統率論として軍隊の団結に司令官の統率力が直結すると述べられており、血筋や権威ではなく、勇敢や善行がこの統率力を強化すると考えている。また演説の能力も求められるとしている。

年表[編集]

  • 1469年:フィレンツェに生まれる。
  • 1498年:共和国政府の第2書記局長になる(1512年まで)。また「自由と平和のための十人委員会」秘書官、統領秘書官も兼任。
  • 1499年:フィレンツェ共和国はパオロ・ヴィテッリを最高指揮官としてピサに攻め入る。市壁を打ち破ったところで不可解な撤退。ヴィテッリ死刑。十人委員会秘書官として多忙を極める。
  • 1500年:フィレンツェ軍顧問の副官として、フランス王配下の兵を借りてピサ戦役に参加。戦役失敗によりフランス王が一方的に同盟破棄。弁明のための使節副官としてフランスへ赴く。
  • 1502年:教皇軍のチェーザレ・ボルジアがウルビーノを征服(フィレンツェはフランスに支援を要請)。使節としてチェーザレと交渉し、和議を結ぶ。
  • 1503年:(教皇アレクサンデル6世死去、チェーザレ失脚)。
  • 1504年:市民兵の創設を主張。
  • 1506年:市民兵の軍部秘書になる。コンタードの農民を徴兵。
  • 1511年:(教皇ユリウス2世神聖同盟でフランスに対抗)。フランスに使節として赴く。
  • 1512年:市民兵はスペイン軍に敗退。メディチ家のフィレンツェ復帰に伴い、失職。『リヴィウス論』に着手(未完)。
  • 1513年:反メディチ陰謀の容疑(ボスコリ事件)で拘束され拷問を受けるが、まもなく釈放。『君主論』を脱稿。
  • 1520年:ジュリオ・デ・メディチ(後の教皇クレメンス7世)の依頼で『フィレンツェ史イタリア語版英語版』の執筆を始める(1525年まで)。
  • 1527年:(ローマ略奪の報がフィレンツェに伝わりメディチ家再追放)。他界。

著作[編集]

1518年に発刊された「ディスコルシ」

※『マキァヴェッリ全集』(全6巻+補巻)は、筑摩書房で1998年から2002年にかけ刊行された。

脚注[編集]

  1. ^ de Grazia (1989) p.5
  2. ^ 池田 (1995) 205頁。
  3. ^  Niccolò Machiavelli”. Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company. (1913). 
  4. ^ 塩野 (2001)
  5. ^ 塩野 (2001)
  6. ^ 池田 (1995) 221頁。

参考文献[編集]

  • 『マキアヴェリ 新訳 君主論』 池田廉訳・解説、中公文庫1995年ISBN 4-12-204012-4 - マキアヴェッリの『君主論』の全文訳と解説。(『世界の名著 16 マキアヴェリ』、中央公論社、初版1966年の新装改訂版)
  • 塩野七生 『わが友マキアヴェッリ-フィレンツェ存亡』 新潮社〈塩野七生ルネサンス著作集7〉、2001年ISBN 4106465078 
  • de Grazia, Sebastian (1989), Machiavelli in Hell .highly favorable intellectual biography.won the Pulitzer Prize. excerpt and text search
    • セバスティアン・デ・グラツィア 『地獄のマキアヴェッリ (全2巻)』 田中治男訳、叢書ウニベルシタス:法政大学出版局、1996年

関連文献[編集]

  • 『マキァヴェッリ全集 補巻 研究・年譜・年表・索引』 藤沢道郎ほか訳、筑摩書房、2002年
  • 鹿子生浩輝『征服と自由――マキァヴェッリの政治思想とルネサンス・フィレンツェ』風行社、2013年
  • 佐々木毅『マキアヴェッリの政治思想』 岩波書店、1970年、新版1998年ほか
  • 佐々木毅 『マキアヴェッリと「君主論」』 講談社学術文庫、1994年
  • 澤井繁男『マキアヴェリ、イタリアを憂う』 講談社選書メチエ 2003年
  • 塩野七生 『わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡』〈塩野七生ルネサンス著作集7〉新潮社、2001年/新潮文庫 全3冊、2010年
  • 塩野七生 『マキアヴェッリ語録』 新潮社/新潮文庫、1992年、改版2009年
  • 西村貞二『マキアヴェリ 人と思想』 清水書院、1986年、新書版で入門書
  • 西村貞二『マキアヴェリズム』 講談社学術文庫 1991年、入門書 
  • マウリツィオ・ヴィローリ 『マキァヴェッリの生涯 その微笑の謎』 武田好訳、白水社 2007年
  • ルネ・ケーニヒ 『マキアヴェッリ 転換期の危機分析』 小川さくえほか訳、叢書ウニベルシタス:法政大学出版局 2001年
  • セバスティアン・デ・グラツィア 『地獄のマキアヴェッリ』(全2巻) 田中治男訳、叢書ウニベルシタス:法政大学出版局、1996年
  • マルセル・ブリヨン 『マキャヴェリ』 生田耕作ほか訳、みすず書房、初版1966年、新装版1998年、伝記小説
  • サマセット・モーム 『昔も今も』 (Then and Now、原著1946年) 天野隆司訳、ちくま文庫(2011年)-マキャヴェッリが主人公の長編歴史小説
  • ロベルト・リドルフィ 『マキァヴェッリの生涯』 須藤祐孝訳註、岩波書店、2009年、古典的大著


関連項目[編集]

外部リンク[編集]