国民自由主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国民自由主義(こくみんじゆうしゅぎ、National liberalism)とは国民主義ナショナリズム)と自由主義政策とりわけ経済的自由主義とを組み合わせた自由主義の変種。その起源は、古典的自由主義が当時君主制を採っていた殆どのヨーロッパ諸国のイデオロギーとなった19世紀と見られる。なお、オーストリアを含め、現在においても国民自由主義政党が存在する。

歴史的国民自由主義[編集]

19世紀において、ドイツの国民自由主義者はヨーロッパで支配権を確立し、強大なドイツ帝国を築くことを念頭に置いていたという点では、自由主義的国民主義と趣を異にする。例えば、マックス・ヴェーバーのような自由主義的国民主義者は他のヨーロッパ勢力との協調を図るなど、民主的なドイツを志向[1]。こうして「国民自由主義」という語は、「国民自由主義」政党が長らく与党を務めた19世紀のドイツやオーストリアといったドイツ語圏で主に用いられた[2][3][4]

現代の国民自由主義[編集]

オーストリアでは今なお、国民自由主義が国内の3陣営の1つとして幅を利かせている。歴史的に見るとオーストリア自由党[5]が挙げられるものの、同党は近年、分派であるオーストリア未来同盟との結び付きを強めている。

一方、ドイツの自由民主党には「国民自由主義」を掲げる派閥があり[6]、党内の他派閥と比して欧州懐疑主義的な傾向が強い[7]

社会主義体制が崩壊した1990年代ロシアでも、ボリス・ネムツォフが国民自由主義(つまり自由市場改革及び権威主義政府との結合)を掲げることでアナトリー・チュバイスエゴール・ガイダルとの著しい対比を成す[8]

脚注[編集]

  1. ^ af Malmborg, Mikael; Stråth, Bo (2002). The meaning of Europe: variety and contention within and among nations. Berg Publishers. pp. 297. ISBN 1859735819. http://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=ysBS-PYquKMC&oi=fnd&pg=PA285&dq=%22National+liberalism%22+vs.+%22liberal+nationalism%22&ots=hVtMVfNblX&sig=xuzVIECflp4Nts4fkQf0b_tqlBg#v=onepage&q=national%20liberalism&f=false 2009年10月31日閲覧。. 
  2. ^ Verlag C.H. Beck, Germany from Napoléon to Bismarck, 1800-1866, Princeton University Press
  3. ^ Alfred Wahl, Les forces politiques en Allemagne, Armand Colin
  4. ^ Lucien Calvié, Unité nationale et liberté politique chez quelques libéraux allemands au début des années 30 and Naissance et évolution du libéralisme allemand, in Françoise Knopper et Gilbert Merlio (edited by), Notices politiques et littéraires sur l'Allemagne, Presses Universitaires du Mirail, Paris, 1835
  5. ^ Luther, K. R. (1988). “The Freiheitliche Partei Österreichs: protest party or governing party”. In Kirchner, Emil Joseph. Liberal Parties in Western Europe. Cambridge University Press: Cambridge. p. 214. ISBN 9780521323949. http://books.google.co.uk/books?id=9IrE08SV1wEC. 
  6. ^ Kirchner, Emil Joseph (1988). Liberal Parties in Western Europe. Cambridge University Press: Cambridge. p. 214. ISBN 9780521323949. http://books.google.co.uk/books?id=9IrE08SV1wEC. 
  7. ^ Taggart, Paul; Szczerbiak, Aleks. The Party Politics of Euroscepticism in EU Member and Candidate States. SEI Working Paper. 51. Sussex European Institute. p. 11. http://www.sussex.ac.uk/sei/documents/wp51.pdf. 
  8. ^ Evans, Mark (2001). The Edinburgh Companion to Contemporary Liberalism. Routledge: London. p. 273. ISBN 9781579583392. http://books.google.co.uk/books?id=We0i9AF2uYwC. 

参考文献[編集]

  • Verlag Beck, Germany from Napoléon to Bismarck, 1800-1866, Princeton University Press
  • Lucien Calvié, Unité nationale et liberté politique chez quelques libéraux allemands au début des années 30 and Naissance et évolution du libéralisme allemand, in Françoise Knopper and Gilbert Merlio (edited by), Notices politiques et littéraires sur l'Allemagne, Presses Universitaires du Mirail, Paris, 1835
  • Alfred Wahl, Les forces politiques en Allemagne, Armand Colin

関連項目[編集]