ゴットフリート・ライプニッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ
Gottfried Wilhelm Leibniz
生誕 1646年7月1日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ザクセン選帝侯領ライプツィヒ
死没 1716年11月14日(70歳)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ハノーファー選帝侯領ハノーファー
時代 17世紀の哲学
18世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 合理主義哲学
モナドロジー、唯心論
研究分野 形而上学認識論存在論
自然哲学
科学哲学
数学論理学
倫理学人間学
弁神論神学
東洋哲学中国哲学
主な概念 微分積分学
ライプニッツの微分の記法
モナド
予定調和
充足理由律
可能世界論
なぜ何かがあるのか
最善世界説英語版
弁神論英語版
二進法
ライプニッツの公式
ライプニッツの調和三角形
行列式の公式
図形推論英語版
フェルマーの小定理の証明
運動エネルギー
交代級数の収束判別法(AST
署名
テンプレートを表示

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz, 1646年7月1日グレゴリオ暦)/6月21日ユリウス暦) - 1716年11月14日)は、ドイツ哲学者数学者ライプツィヒ出身。なお Leibniz の発音は、/ˈlaɪpnɪʦ/(ライプニッツ)としているもの[1]と、/ˈlaɪbnɪʦ/(ライブニッツ)としているもの[2]とがある。ルネ・デカルトバールーフ・デ・スピノザなどとともに近世大陸合理主義を代表する哲学者である。主著は、『モナドロジー』、『形而上学叙説』、『人間知性新論』など。

概要[編集]

ライプニッツは哲学者数学者科学者など幅広い分野で活躍した学者・思想家として知られているが、政治家であり、外交官でもあった。17世紀の様々な学問(法学政治学歴史学神学哲学数学経済学自然哲学物理学)、論理学等)を統一し、体系化しようとした。その業績は法典改革、モナド論微積分法、微積分記号の考案、論理計算の創始、ベルリン科学アカデミーの創設等、多岐にわたる。ライプニッツは稀代の知的巨人といえる。

経歴[編集]

哲学における業績[編集]

「モナドロジー(単子論)」「予定調和説」を提唱した。その思想は、単なる哲学、形而上学の範囲にとどまらず、論理学、記号学心理学、数学、自然科学などの極めて広い領域に広がる。また同時に、それらを個々の学問として研究するだけでなく、「普遍学」として体系づけることを構想していた。学の傾向としては、通常、デカルトにはじまる大陸合理論の流れのなかに位置づけられるが、ジョン・ロック経験論にも深く学び、ロックのデカルト批判を受けて、精神物質二元的にとらえる存在論およびそれから生じる認識論とはまったく異なる、世界を、世界全体を表象するモナドの集まりとみる存在論から、合理論、経験論の対立を回収しようとしたといえる。

モナドロジーの立場に立つライプニッツからすれば、認識は主体と客体の間に生じる作用ではなく、したがって直観でも経験でもない。自己の思想をロックの思想と比較しながら明確にする試みとして、大著「人間知性新論」を執筆したが、脱稿直後にロックが亡くなった(1704年)ため公刊しなかった。ライプニッツの認識論には、無意識思想の先取りもみられる。また、フッサールハイデガーなどを初めとする現象学の研究者から注目を集め様々に言及されている。

さらにライプニッツは、20世紀後半に至って、「必然的真理とは全ての可能世界において真となるような真理のことである」といった可能世界意味論に基づく様相理解の先駆者と見なされるようになった。このような考え方は、ルドルフ・カルナップの『意味と必然性』を嚆矢とし、その後アーヴィン・プランティンガデイヴィッド・ルイスなどの影響もあり、ライプニッツの様相概念についての通説として定着した感があるほどである。

その他、最近では、最晩年(1714年)に著した『中国自然神学論』が注目を集め、比較思想の観点からも(洋の東西を問わず)研究が進められつつある。

同時代の哲学者との関係[編集]

ライプニッツは、同時代の著名な知識人とはほぼすべて交わったと考えてもよいくらい活動的であった。

  • 特筆されるのは、1676年バールーフ・デ・スピノザを訪問したことである。そこでライプニッツは『エチカ』の草稿を提示された。だが、政治的問題もあり、またそれ以上に実体観念や世界観(特に「必然性」や「偶然性」といった様相をめぐる議論)の違いからスピノザ哲学を評価しなかったと言われる。
  • デカルトやスピノザの他に、マルブランシュの影響を強く受けている。
  • ライプニッツが生涯に書簡を交し合った相手は1,000人を優に超えると言われている。王侯貴族から全くの平民にまで及んだ書簡相手の内でも特に重要と目されている人物としては、『形而上学叙説』をめぐって書簡を交わしたアントワーヌ・アルノー[3]、デカルト主義者の自然学者にしてピエール・ベールの友人としても知られるブルヒャー・デ・フォルダー、晩年の10年間にわたり130通に及ぶ書簡をやり取りしたイエズス会神父のバルトロマイウス・デ・ボス、最晩年の2年間、アイザック・ニュートンの自然学及び哲学との全面対決の場ともなったサミュエル・クラーク(ニュートンの弟子であり友人でもあった)などが知られている。

著作[編集]

『力学要綱』、『弁神論』を除くと、その著作の大半は未完で、かつ死後相当の時間を経て刊行されたため(現在も全集は完結していない)、17~18世紀にはライプニッツの学の全貌は完全には理解されず、楽天主義的であるとの誤解を生んだ[4]

モナド Monade(単子)[編集]

複合体をつくる単純な実体で、ここでいう単純とは部分がないということである。モナドは自然における真のアトム(=不可分なるもの)であり、これが宇宙における真の存在者である。したがってモナドは単純実体ではあるが、同時にモナドは表象perceptionと欲求appetiteとを有するが故に、モナドは自発的に世界全体を自己の内部に映し出し世界全体を認識するとともに、その内部に多様性と変化とを認めることが可能となる。そしてこの内的差異によって、あるモナドは他の全てのモナドから区別される。モナドには「窓はない」ので他のモナドから影響を蒙ることはないが、神が創造において設けておいた「予定調和」によって他のモナドと調和的な仕方で自己の表象を展開する、すなわち意志に応じて身体を動かすといった働きができるのである。要するに、モナドとは魂に類比的に捉えられる存在者なのである。[5]

数学における業績[編集]

ライプニッツが1697年に書いた書簡。2進法の記述が見える。

微積分法アイザック・ニュートンとは独立に発見・発明し、それに対する優れた記号法すなわちライプニッツの記法を与えた。現在使われている微分積分の記号は彼によるところが多い。

しかし、それと同等か、あるいはそれ以上に重要な業績は今日の論理学における形式言語に当たるものを初めて考案したことである。ライプニッツによれば、それを用いることで、どんな推論も代数計算のように単純で機械的な作業に置き換えることができ、注意深く用いることで、誤った推論は原理的に起こり得ないようにすることができるというものであった。彼は、優秀な人材が何人かかかって取り組めば、それを実現するのに5年もかからないと信じていたようであったが、現実にはそれを実現するには300年以上を要した。彼は記号に取り憑かれていた人物で、論理学以外にも、例えば幾何学について、記号を用いて機械的に証明をする構想を得ていた(これも後世には現実となった)。

上記の事柄に含まれるが、2進法を研究したのもライプニッツの業績である。彼は中国の古典『易経』に関心をもっており、1703年イエズス会宣教師ブーヴェから六十四卦を配列した先天図を送られ、そこに自らが編み出していた2進法の計算術があることを見いだしている。

ドイツ出身の悲哀[編集]

ライプニッツは三十年戦争の後遺症がまだ残っていたドイツという後進国出身の悲哀を味わらなければならなかった。父はライプツィヒ大学の哲学教授で彼に幼いころから読書を教え、彼も14歳で同大学に入学し、2年後に卒業するが、当時のドイツの大学はイギリスフランスに比べて立ち遅れていた。従ってライプニッツの理論を正当に理解・評価できる人はあまりいなかった。

ライプニッツが外交顧問、図書館長として仕えたハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストゾフィーと、その娘ゾフィー・シャルロッテプロイセンフリードリヒ1世妃)と、エルンスト・アウグストとゾフィーの孫ゲオルク・アウグスト(後のイギリス王ジョージ2世)の妃のキャロライン(ドイツ語名はカロリーネ・フォン・アンスバッハ)らは、この哲学者を尊敬した。1700年に王妃ゾフィーの招きでベルリンに行き科学アカデミーの創設に参加して、初代総裁に就任している。しかし5年後に王妃ゾフィーが肺炎で死去すると、ベルリンはライプニッツにとって居心地のいい場所ではなくなってしまった。

ハノーファーでも1714年に選帝侯妃ゾフィーが死去し、息子の選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒが同年にイギリス王ジョージ1世となってイギリス国王を兼任すると、キャロラインも皇太子妃となってイギリスに移住した。ジョージ1世はライプニッツを煙たく思っていたのでイギリスに連れて行くことはせず、ハノーファーに残された。ライプニッツは政治的な支援者を失い、周囲の空気は冷たくなった。晩年のライプニッツは侯家の家史編纂というつまらない仕事に携わり、他には自分を理解してくれる外国の学者や友人とひろく文通をかわすだけであった。その文通者は国内外あわせて千人を超えていた。

著作[編集]

  • ライプニツ 『形而上学叙説』 河野与一訳、岩波書店〈哲学古典叢書 第3〉、1925年
  • ゴツトフリード・ウヰルヘルム・ライブニツツ 『ライブニツツ』 松永材小暮春雄訳、尚文堂〈哲学名著選集〉、1925年
  • ライプニツツ 『単子論』 河野与一訳、岩波書店〈哲学古典叢書 5〉、1928年
    • ライプニツ 『単子論』 河野与一訳、岩波書店〈岩波文庫 青616-1〉、1951年9月25日ISBN 4-00-336161-X
  • ライブニッツ「モナッド論」松永材訳、『世界大思想全集』第2巻、春秋社、1929年
  • 『ライプニッツ論文集』 園田義道訳、春秋社〈春秋社思想選書〉、1949年
    • 『ライプニッツ論文集』 園田義道訳、春秋社〈大思想選書〉、1950年
    • 『ライプニッツ論文集』 園田義道訳、日清堂書店、1976年、改訂版。
  • ライプニッツ 『人間知性新論』 米山優訳、みすず書房、1987年12月。ISBN 4-622-01773-3
  • ライプニッツ 『モナドロジー 形而上学叙説』 清水富雄竹田篤司飯塚勝久訳、中央公論新社〈中公クラシックス〉、2005年1月。ISBN 4-12-160074-6
  • ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 『ライプニッツの国語論 ドイツ語改良への提言』 高田博行渡辺学編訳、法政大学出版局〈叢書・ウニベルシタス 843〉、2006年3月。ISBN 4-588-00843-9

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「The Oxford-Harrap Standard German-English Dictionary」、「Deutsches Aussprachewörterbuch」Walter de Gruyter GmbH など
  2. ^ 郁文堂独和辞典」、三修社「アクセス独和辞典」、「木村相良独和辞典」、「Duden-Aussprachewörterbuch」、オーストリア科学アカデミー、Wells, J.C.Longman Pronunciation Dictionary」、「Pieni Tietosanakirja」 1033-1034など
  3. ^ アントワーヌ・アルノーに対しては、20代の頃(1671年)にもラテン語で書簡を送っている(『形而上学序説』をめぐる書簡はフランス語でやり取りされている)。またこの両者の関係は、ライプニッツの改宗問題(ライプニッツはルター派であった)もあって、なかなか一筋縄ではいかぬところがあった。
  4. ^ ヴォルテールの『カンディード』は、ライプニッツの哲学が(今日で言われるような)「オプティミスティック」(=楽天主義的)なものである、という通説を確立する上で重要な役割を果たした、と言われている。だが、『カンディード』刊行時にはライプニッツのまとまった著作集はまだ刊行されていなかった。(『カンディード』刊行は1759年。一方、初めてまとまったライプニッツ著作集が刊行されたのは1768年で、ルイ・デュタンの編集によるものである。)
  5. ^ 「モナドロジー」(ライプニッツ著作集第9巻「後期哲学」/工作舎)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]