アラン・バディウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・バディウ
Alain Badiou
2010年のバディウ
生誕 1937年1月17日(77歳)
フランスの旗 フランス保護領モロッコの旗 モロッコラバト
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学フランス現代思想
マルクス主義
研究分野 数学集合論代数幾何学
形而上学存在論
精神分析学
政治哲学
美学
映画演劇
主な概念 出来事、非審美的、メタ政治、モデル、反哲学
テンプレートを表示
2006年のバディウ

アラン・バディウAlain Badiou1937年 - )は、モロッコラバト出身のフランス哲学者である。高等師範学校哲学を学ぶ。パリ第8大学教授、高等師範学校哲学科教授などを勤めるかたわら、ジャック・デリダが初代院長をつとめた国際哲学学院においても教鞭をとる。現在(2013年末)は高等師範学校の名誉教授であり、月に一回水曜日に同校にてセミナーを開催している。スラヴォイ・ジジェクらとともにlacan dot comでも活動。

経歴[編集]

政治思想においてはマルクス主義を基盤とし、初期はアルチュセール派だったが、後に袂を分かつ。1968年五月革命においては積極的に活動し、当時パリ第8大学教授であったジル・ドゥルーズを糾弾したという[1]。学生時代から毛派に属した。のちジャック・ラカンのゼミに参加し、近年の著作にみられるがごとく、精神分析学の理論を独自に発展させ、思考している。真理の政治学を名乗ったり、数学集合論代数幾何)を研究したり、小説、戯曲を執筆したりするなど、その活動は広範に渡る。

主要著作[編集]

  • Théorie du sujet (1982)
    • 『主体の理論』
  • L'Etre et l'événement (1988)
    • 『存在と出来事』
  • Manifeste pour la philosophie (1989)
    • 『哲学宣言』藤原書店
  • L'Ethique : Essai sur la conscience du Mal (1993)
    • 『倫理──悪の意識についての試論』河出書房新社
  • Beckett: L'increvable désir (1995)
  • Gilles Deleuze : La clameur de l'être (1997)
    • 『ドゥルーズ──存在の喧騒』河出書房新社
  • Saint Paul. La fondation de l'universalisme (1997)
    • 『聖パウロ』河出書房新社
  • Le Siècle (2005)
    • 『世紀』藤原書店
  • Logiques des mondes L'être et l'événement, 2 (2006)
    • 『世界の論理 2:存在と出来事』
  • Circonstances 4: De quoi Sarkozy est-il le nom ? (2007)
    • 『サルコジとは誰か?──移民国家フランスの臨界』水声社
  • L'Antiphilosophie de Wittgenstein (2009)
  • Circonstances 5: L'hypothèse communiste (2009)
    • 『コミュニズムの仮説』水声社
  • Cinq leçons sur le cas Wagner (2010)
    • 『ワーグナー論』青土社

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ドゥルーズ──存在の喧騒』河出書房新社