アフガニスタン解放機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガニスタン解放機構
Afghanistan Liberation Organization

سازمان رهایی افغانستان
創立者 Faiz Ahmad
創立 1973
本部 なし(非合法組織)
政治的思想 共産主義
反修正主義英語版
毛沢東主義
政治的立場 極左
国際連携 なし
公式サイト
http://a-l-o.maoism.ru
アフガニスタンの政治
政党一覧
選挙

アフガニスタン解放機構略称ALOは、アフガニスタンの共産主義党派の一つである。

概要[編集]

この党派は1973年ファイズアフマドを指導者として青年進歩者協会(後のアフガニスタン共産党)のなかの永遠の炎運動から分裂する形で成立した。当時はアフガニスタン人民革命グループ、略称RGPAと名乗り1980年に現在の名称に改称した。 親ソ派のアフガニスタン人民民主党政権が登場すると中ソ対立の影響で毛派であったアフガニスタン解放機構は弾圧を受けることとなった。この結果1979年6月ムジャーヒディーンや「新民主主義」の内イスラム主義に傾倒したグループなどと共闘しアフガニスタン紛争 (1978年-1989年)に参加した。[1]1979年8月5日には他のイスラム組織と共にカブールで「バラヒサールの蜂起」と呼ばれる武装蜂起を起こし政府軍に鎮圧される。このとき数十名の党員が逮捕されたり、または死亡した。このときモハマド・モーシンモハマド・ダウドら中央委員会メンバーの一部も逮捕された。ALOはその後も人民民主党政府の弾圧やムジャーヒディーン内のイスラム過激派による内ゲバ襲撃で120名以上が殺害された。[2]1986年11月12日にはファイズアフマドら六名がアフガニスタンイスラム党グルブディンヘクマティアルによって暗殺される事件が発生した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]