ピエール・ブルデュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・ブルデュー

ピエール・ブルデュー(Pierre Bourdieu、1930年8月1日 - 2002年1月23日)は、フランス社会学者コレージュ・ド・フランス名誉教授哲学から文学理論、社会学人類学まで研究分野は幅広い。著書『ディスタンクシオン』が有名。文化資本社会関係資本象徴資本の用語や、ハビトゥス (Habitus)、界、象徴的暴力などの概念で知られる。

略歴[編集]

思想[編集]

  • ハビトゥス(羅: habitus - 英: habit - 日: 習慣、習癖)をキー概念として、人間の日常行動の論理を解明し、構造主義民族学を批判的に発展させた。
  • 主に教育と社会階級について分析。単に裕福な家庭の子が進学で有利というだけでなく、文化資本(上品で正統とされる文化や教養や習慣等)の保有率が高い学生ほど高学歴であることを統計的に証明した。またその子供も親の文化資本を相続し、同じく高学歴になることも統計的に証明した。彼はこれを文化的再生産と呼んだ。特権的文化の世代間継承と、学校がそれに果たす役割を解明。社会構造再生産され変化するメカニズムについて考察し、現象学主観主義を発展させることも目指した。これらの研究は、自己を他者から区別する「卓越化」が構造化される過程の分析から、階級闘争まで触れた著書『ディスタンクシオン』としてまとめられた。社会的地位の再生産に関する、マルクス主義とは異なる新しい理論として、ヨーロッパだけでなく日本アメリカでも注目された。
  • ハイデガー批判をし、デリダと論争をした。彼のハイデガー批判の内容はアドルノのモノマネだという批判もある。
  • 晩年は新自由主義グローバリゼーションを批判。1995年のフランスのストライキでは、失業者、ホームレス、不法移民を支援したほか、積極的に政治的な発言をした。新自由主義を批判した著書は数か国語に翻訳され、ヨーロッパ、米国、南米での反グローバリゼーション運動に影響を与えた。

日本語訳著書[編集]

単著[編集]

  • 『構造と実践――ブルデュー自身によるブルデュー』(新評論、1988年)
  • 『ディスタンクシオン――社会的判断力批判(1・2)』(藤原書店、1990年)
  • 『社会学の社会学』(藤原書店、1991年)
  • 『話すということ――言語的交換のエコノミー』(藤原書店、1993年)
  • 『資本主義のハビトゥス――アルジェリアの矛盾』(藤原書店、1993年)
  • 『美術愛好――ヨーロッパの美術館と観衆』(木鐸社、1994年)
  • 『芸術の規則(1・2)』(藤原書店、1995年 - 1996年)
  • 『ホモ・アカデミクス』(藤原書店、1997年)
  • 『教師と学生のコミュニケーション』(藤原書店、1999年)
  • 『ハイデガーの政治的存在論』(藤原書店、2000年)
  • 『メディア批判』(藤原書店、2000年)
  • 『市場独裁主義批判』(藤原書店、2000年)
  • 『実践感覚(1・2)』(みすず書房、2001年)
  • 『ピエール・ブルデュー――1930-2002』(藤原書店、2002年)
  • 『政治――政治学から「政治界」の科学へ』(藤原書店、2003年)
  • 『住宅市場の社会経済学』(藤原書店、2006年)
  • 『実践理性――行動の理論について』(藤原書店、2007年)
  • 『結婚戦略――家族と階級の再生産』(藤原書店、2007年)

共著[編集]

  • (ジャン=クロード・パスロン)『再生産――教育・社会・文化』(藤原書店、1991年)
  • (ジャン=クロード・シャンボルドン, ジャン=クロード・パスロン)『社会学者のメチエ――認識論上の前提条件』(藤原書店 、1994年)
  • (ハンス・ハーケ)『自由-交換――制度批判としての文化生産』(藤原書店、1996年)
  • (ジャン=クロード・パスロン)『遺産相続者たち――学生と文化』(藤原書店、1997年)
  • (ロイック・J・D・ヴァカン)『リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待――ブルデュー、社会学を語る』(藤原書店、2007年)

外部リンク[編集]