バイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バイアスbias (英語)

  • 偏りのこと。「サンプリングバイアス」(標本抽出の問題により、母集団を代表しない特定の性質がまぎれこんでいる)のように統計で用いられる。
  • 「あの人の意見にはUncyclopediaは無意味だというバイアスがかかっているから」のように思い込みや思想などから意見等が偏っていることにも用いる。この場合は「彼の意見はバイアスだ」より、「彼の意見にはバイアスがかかっている」と使われることが多い(偏見を参照)。
  • ある数に特定の数を足して嵩上げすること。ゲタばきとも。
  • 電子回路磁気記録回路において、動作の基準としてあらかじめ回路に付加しておく電圧・電流・磁気のこと。
  • 斜めに繊維が走っていること。「バイアス編み」(この場合「バイヤス」とも)
  • また斜めに裁つこと。
  • タイヤ内部の材質が斜めに入っている「バイアスタイヤ」のこと。
  • 認知バイアスのこと。
  • バイアス {biAs+} 嗤笑ける幻音が聴こえる」は2003年6月6日にソフトブランド SPEEDから発売されたアダルトゲーム
  • バイアステープの略。
  • Biometric Identity Assurance Services - 生体認証を用いたID認証の仕組み。(OASISおよびISO/IEC JTC 1/SC 37で策定)