ハンス・ゲオルク・ガダマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・ゲオルク・ガダマー: Hans-Georg Gadamer1900年2月11日 - 2002年3月13日)は、ドイツ哲学者解釈学(Hermeneutik)と名づけられる、言語テクストの歴史性に立脚した独自の哲学的アプローチで知られる。姓はガーダマーとも表記される。

生涯[編集]

マールブルクに生まれた。父はブレスラウ大学の化学者で、1918年進路を定めずブレスラウ大学へ進学するも、同年ドイツ革命が起き、ドイツは降伏。1919年哲学を学ぶためマールブルク大学に入学し、ニコライ・ハルトマンの指導を受け、新カント派ナトルプのもと博士学位(『プラトンの対話篇における快楽の本質』)を取る。マルティン・ハイデッガーのいわゆる『ナトルプ報告』を読み衝撃を受け、その直後(1923年)にフライブルク大学でハイデッガーと出会い新カント派から離れ、フライブルクからマールブルクに赴任したハイデガーの指導を受ける。1928年に、ハイデガーの強い影響を受けた教授資格論文『プラトン問答術的倫理学』を提出(1931年刊行)。同じマールブルク大学で私講師として教え始め(1947年員外教授)、1939年にライプツィヒ大学に招聘されて正教授となる。1947年にフランクフルト大学に移り、1949年からヤスパースの後任として退官までハイデルベルク大学教授を務めた。2000年の誕生日にはハイデルベルク大学で本人出席の上、生誕100年式典が行われた。2002年逝去。

思想[編集]

第三帝国時代にしばらくハイデガーから離れていたガダマーであるが、1940年代末に、ふたたびハイデガーの強い影響圏に入り込んだ。ハイデガー哲学は、フリードリヒ・シュライアマハーヴィルヘルム・ディルタイ等のロマン主義的・歴史主義的な解釈学がかかえる問題に対して決定的な意義をもつという認識を、ガダマーはそのときもっていた。そして1950年代初頭、彼は一書を書く決意をし、9年をかけて、自身のそれまでの研究や講義を集約する形で、1960年に『真理と方法』として刊行される原稿を練り上げていった。

『真理と方法』の第二部で、ガダマーはそれまでの解釈学に代わる新しい「哲学的解釈学」をうち立てた。ロマン主義的・歴史主義的な解釈学は、テクストないし歴史的出来事をその時代から理解すべきだという歴史的意識の要求に従って、形式的な解釈学的循環をテクストや歴史に適用し、理解する者の歴史性を否定してしまった。しかし、ハイデガーによれば、理解(了解)は有限な人間存在の存在様式として、それ自身歴史的なのである。人文科学での理解、過去から伝承されたテクストの理解は、ロマン主義的・歴史主義的解釈学が考えていたように、現在と現在に由来する先入見を排して、時代を飛び越えて、成立時のテクストとかその著者の心情とかを再構成することではない。理解は過去が現在に媒介(橋渡し)される出来事、過去から伝わったテクストの意味への参与である。理解が媒介・参与である以上、テクストの内容を現在に生かす適用は、理解においていつもすでに起きていると考えなければならない。テクストそのものの意味を捉えたあとで、それをあとから自らの状況に適用するのではないのである。この理解をガダマーはまた、プラトンの問答術に従って、問いと答えの弁証法としても記述した。まず、過去から伝承されたテクストが解釈者に語りかけ、問いかける。テクストの内容の真実性に動かされ、解釈者にとって自明で無意識であったもの(先入見)が自明性を失う。これによってはじめて、解釈者は、自らの先入見を吟味し、テクストに問いを立てるようになる。

ガダマーの哲学的解釈学に対するハーバーマスの批判(1967年)とそれに続く彼との論争は、ガダマーの名を一躍世界に知らしめた。ハイデルベルク大学退官(1968年)後も、ガダマーはハイデルベルク大学で教え続けると同時に、アメリカやヨーロッパの諸大学で呼ばれて多数の講演や講義を行うことになった。ところで、社会科学からの挑戦とも言うべきハーバーマスの批判によって、ガダマーはその解釈学の人文主義的な狭さを弁明し克服するように強いられ、その結果、彼の解釈学は人文科学論から、言語に媒介された世界経験についての理論へと重心をシフトさせた。

だが、これは『真理と方法』では未展開であった第三部の言語論の発展と言える。『真理と方法』後のガダマーは、『真理と方法』で行ったシュライエルマッハーやディルタイの解釈について、その専門の研究者から批判を受けると、自己の解釈を弁明しなければならないこともあった。だが同時に、言語論を発展させるとともに、退官前後からツェラーンなどの現代詩を解釈することにより、自身の解釈学を具体的事例に耐えられるより洗練されたものとし、また、『真理と方法』での適用論を1980年代に実践哲学論として展開した。

論争[編集]

ハーバマス[編集]

ユルゲン・ハーバーマスは、『社会科学の論理』(1967年)において、ガダマーの主著『真理と方法』における「理解されうる存在は言語である」とのテーゼを労働と支配という社会の実在連関を捉え切れていない言語の観念論であり、言語は制度化された暴力を正当化する道具にもなりえると批判すると、同年、ガダマーは、『修辞学・解釈学・イデオロギー批判』において、社会的現実的強制もまた言語的に分節化されなければならないと反論し、論争に至った。その後、ハーバマスは、『解釈学の普遍性要求』(1970年)において、「深層解釈学」、「普遍的語用論」という視点を基に、ガダマーの主張する伝統による言語によって見出されるされる真理とは体系的に歪められたコミュニケーションかもしれず、保守的なイデオロギーとして機能すると再度批判し、ガダマーも再反論した[1]

デリダ[編集]

ガダマーが1981年にフランス・パリのドイツ文化センターで「テクストと解釈」との題で講演を行うと、翌日、ジャック・デリダがコメント「権力への善き意志」などを発表し、その後ガダマーがデリダに反論を行い論争にいたった[2]。ガダマーは、解釈においては、読み手と書き手には互いに理解し合おうとする「よき意志」が必要であるとしたのにたいして、デリダは、ガダマーのいう「善き意志」は、イマヌエル・カントの善意志と同じく、意志を絶対的・最終的な審級とする意志の形而上学ではないかと批判し、「あらかじめ暴力を行使すること」とした。デリダは、『署名を解釈する(ニーチェ/ハイデガー)』において、ガダマーが理解において前提する「完全性の先行把握」の概念を批判する。デリダによれば、ハイデガーがニーチェを解釈したように、善き意志・完全性の先行把握により、テクストの意味を統一してしまうのであれば、それは西洋のロゴス中心主義によって多様にあり得る意味が切り捨てられてしまうのである。

著作[編集]

  • Wahrheit und Methode: Grundzuge einer philosophischen Hermeneutik (1960)
    • 『真理と方法1: 哲学的解釈学の要綱』轡田收訳、法政大学出版局、1986年。ISBN 4588001752
    • 『真理と方法2: 哲学的解釈学の要綱』轡田收・巻田悦郎訳、法政大学出版局、2008年。ISBN 4588001760
  • Kleine Schriften (1967)
    • 『哲学・芸術・言語: 真理と方法のための小論集』未來社、1977年。
  • Hegels Dialektik(1971)
  • Philosophische Lehrjahre: Eine Ruckschau (1977)
    • 『ガーダマー自伝: 哲学修業時代』未來社、1996年。ISBN 4624932315
  • Gedicht und Gespraech (1990)
    • 『詩と対話』巻田悦郎訳、法政大学出版局、2001年。ISBN 4588007122
  • 『芸術の真理: 文学と哲学の対話』三浦國泰訳、法政大学出版局、2006年。ISBN 4588008536

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hermeneutik und Ideologiekritik, 1971.『解釈学とイデオロギー批判』
  2. ^ ガダマー、デリダ他著『テクストと解釈』三島憲一訳、産業図書、1990年

関連思想家[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]