テリー・イーグルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テリー・イーグルトン

テリー・イーグルトンTerry Eagleton, 1943年2月22日 - )は、イングランドサルフォード出身の文芸批評家哲学者

経歴[編集]

24歳のときにケンブリッジ大学トリニティー・カレッジで博士号を取得。その後オックスフォード大学のウォドム・カレッジ、リネカー・カレッジ、セント・キャサリンズ・カレッジなどで学んでいる。現在はマンチェスター大学で文化論の教授とジョン・ライランズ・フェローの研究員をしている。

イーグルトンはマルクス主義の文芸批評家レイモンド・ウィリアムズに師事し、19世紀の文学および20世紀の文学についてマルクス主義的な研究をしている。最近では研究の方法をより伝統的な文学論に接近させている。1960年代にケンブリッジ大学の急進的カトリック集団「Slant(傾斜)」に関わり、Towards a New Left Theology(『新左翼神学論』)に収められている数多くの記事を寄稿した。彼の最新の刊行物では神学的問題への新しい関心を示している。また精神分析学にも影響を受けており、スラヴォイ・ジジェクを学問的に支持している。

『文学とは何か』(An Introduction, 1983年)では、19世紀ロマン主義から最近のポストモダニズムまでの文献をマルクス主義的に研究し、脱構築主義などの流行学説を批判している。また彼は学問上だけでなく政治上もマルクス主義を標榜している。オックスフォード時代には、アラン・ソーネットらの労働者社会主義同盟(WSL, Workers' Socialist League)に加わるなど、マルクス主義活動に熱心であり、New Statesmanや、Red Pepper、『ガーディアン』などの雑誌・新聞に政治時事評論を寄稿していた。

『アフター・セオリー』(2003年)において、現代文化と現代文学の学際研究について論じ、その品質低下を指摘している。イーグルトンはこの分野における学際的研究の有用性を認めないわけではなく、包括的な研究がおこなわれていないとした。現代神学やポストモダニズムの研究は絶対的な価値について語られていないことを指摘し、絶対的な価値の実在を主張した。われわれが自主的に選ぶことが出来ず、自主的に離脱することが出来ない(自殺をのぞけば)肉体に生きなくてはいけないことから、肉体とその死滅に人間生活の絶対的価値を主張している。一方で、イーグルトンはアイルランド文化についての三部作的著作を完成させている。

『文学とは何か』における記述は筒井康隆の『文学部唯野教授』の下敷きになったと言われている。

著書[編集]

単著[編集]

  • The New Left Church, (Sheed & Ward, 1966).
  • Shakespeare and Society: Critical Studies in Shakespearean Drama, (Chatto & Windus, 1967).
  • Exiles and Emigres: Studies in Modern Literature, (Chatto & Windus, 1970).
  • Myths of Power: A Marxist Study of the Brontes, (Macmillan, 1975, 2nd ed., 1988).
  • Criticism and Ideology: A Study in Marxist Literary Theory, (NLB, 1976).
    • 高田康成訳『文芸批評とイデオロギー――マルクス主義文学理論のために』(岩波書店, 1980年)
  • Marxism and Literary Criticism, (University of California Press, 1976).
  • Walter Benjamin, or, Towards a Revolutionary Criticism, (Verso, 1981).
  • The Rape of Clarissa: Writing, Sexuality, and Class Struggle in Samuel Richardson, (Blackwell, 1982).
    • 大橋洋一訳『クラリッサの凌辱――エクリチュール, セクシュアリティー, 階級闘争』(岩波書店, 1987年/岩波モダンクラシックス, 1999年)
  • Literary Theory: An Introduction, (Blackwell, 1983, 2nd ed., 1996 3rd ed., 2008).
    • 大橋洋一訳『文学とは何か――現代批評理論への招待』(岩波書店, 1985年/新版, 1997年)
  • The Function of Criticism: from the Spectator to Post-Structuralism, (Verso, 1984).
    • 大橋洋一訳『批評の機能――ポストモダンの地平』(紀伊国屋書店, 1988年)
  • William Shakespeare, (Blackwell, 1986).
    • 大橋洋一訳『シェイクスピア――言語・欲望・貨幣』(平凡社, 1992年)
  • Against the Grain: Essays, 1975-1985, (Verso, 1986).
  • Saints and Scholars, (Verso, 1987).
    • 鈴木聡訳『聖人と学者の国』(平凡社, 1989年)
  • Saint Oscar, (Field Day, 1989).
  • The Significance of Theory, (Blackwell, 1990).
  • The Ideology of the Aesthetic, (Blackwell, 1990).
  • Ideology: An Introduction, (Verso, 1991).
    • 大橋洋一訳『イデオロギーとは何か』(平凡社, 1996/平凡社ライブラリー, 1999年)
  • Heathcliff and the Great Hunger: Studies in Irish Culture, (Verso, 1995).
    • 鈴木聡訳『表象のアイルランド』(紀伊國屋書店, 1997年)
  • The Illusions of Postmodernism, (Blackwell, 1996).
  • Marx and Freedom, (Phoenix, 1997).
  • Crazy John and the Bishop and other Essays on Irish Culture, (Cork University Press, 1998).
  • Marx, (Routledge, 1999).
  • Scholars and Rebels in Nineteenth-century Ireland, (Blackwell, 1999).
    • 大橋洋一・梶原克教訳『学者と反逆者――19世紀アイルランド』(松柏社, 2008年)
  • The Truth about the Irish, (New Island Books, 1999).
  • The Idea of Culture, (Blackwell, 2000).
    • 大橋洋一訳『文化とは何か』(松柏社, 2006年)
  • The Gatekeeper: A Memoir, (Allen Lane, 2001).
  • After Theory, (Basic Books, 2003).
    • 小林章夫訳『アフター・セオリー――ポスト・モダニズムを超えて』(筑摩書房, 2005年)
  • Figures of Dissent: Critical Essays on Fish, Spivak, Zizek and Others, (Verso, 2003).
  • Sweet Violence: the Idea of the Tragic, (Blackwell, 2003).
    • 森田典正訳『甘美なる暴力――悲劇の思想』(大月書店, 2004年)
  • Holy Terror, (Oxford University Press, 2005).
    • 大橋洋一訳『テロリズム 聖なる恐怖』(岩波書店, 2011年)
  • The English Novel, (Blackwell, 2005).
  • How to Read a Poem , (Wiley-Blackwell, 2006).
    • 川本皓嗣訳『詩をどう読むか』(岩波書店, 2011年)
  • The Meaning of Life, (Oxford University Press, 2007/A Very Short Introduction(OUP), 2008).
  • On Evil , (Yale University Press, 2010).
  • Reason, Faith, and Revolution: Reflections on the God Debate (The Terry Lectures Series), (Yale University Press, 2009)
    • 大橋洋一・小林久美子訳『宗教とは何か』(青土社, 2010年)

共著[編集]

  • Nationalism, Colonialism, and Literature, with Fredric Jameson and Edward W. Said, (University of Minnesota Press, 1990).
増渕正史安藤勝夫大友義勝訳『民族主義・植民地主義と文学』(法政大学出版局, 1996年)

編著[編集]

  • Raymond Williams: Critical Perspectives, (Polity Press, 1989).
  • Ideology, (Longman, 1994).
  • Marxist Literary Theory: A Reader, (Blackwell, 1996).

関連項目[編集]