彩流社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社彩流社
本社所在地 〒102-0071
東京都千代田区富士見2-2-2
設立 1981年1月14日創業
事業内容 出版
代表者 竹内淳夫
資本金 1,345万円
従業員数 14人
外部リンク http://www.sairyusha.co.jp/
テンプレートを表示

彩流社(さいりゅうしゃ)は、日本出版社。海外文学を中心に人文社会関連、趣味・実用書、ほぼ全てのジャンルを網羅し現在まで千点を超える書籍を刊行する。

概要[編集]

特定のジャンル・思想にとらわれることなく、大手版元が出さない(出せない)ような企画を世に問い続け、D.H.ロレンスなどの海外文学から、連合赤軍など左翼関連のほか、新右翼、紀行エッセイ、古墳探訪など日本古代史、軍事史まで、幅広く刊行している。 『マーク・トウェイン コレクション 全20巻』は他に例を見ないマーク・トウェインの全集の邦訳である。 連合赤軍事件の当事者の記録である『あさま山荘1972(上)(下)(続)』、『十六の墓標(上)(下)(続)』は刊行当時、大きな話題をよびベストセラーに。いまも版を重ね、ロングセラーを続けている。 80年前の発禁本であった『エロエロ草紙』(酒井潔)をカラーで復刻させたことも大きな話題となった。

2013年秋より、これまで培ってきたジャンルをよりコンパクトに読者に手に取りやすい”形”にして届けるというコンセプトで、叢書「フィギュール彩(さい)」を刊行開始。 2014年秋からは、大人も読める児童書のコンセプトで、児童書分野にも参入している。 さらに、2014年秋より毎月、『定本荒巻義雄メタSF全集』を刊行中。

所在地[編集]

(JR飯田橋駅西口徒歩約4分 メトロB2a出口より5分)

沿革[編集]

  • 代表者 竹内淳夫
  • 創業 1981年

2人半でスタートして現在のスタッフは十数人の小規模出版社である。

主な発行物[編集]

【全集・コレクションなど】

【連合赤軍関連】

【大人も読める児童書シリーズ】

【叢書「フィギュール彩】

  • 1『人生の意味とは何か』(テリー・イーグルトン
  • 2『イギリス文化と近代競馬』(山本雅男
  • 3『ジョルジュ・サンドと四人の音楽家 リストベルリオーズマイヤベーアショパン』(坂本千代/加藤由紀)
  • 4『MLB人類学』(宇根夏樹)
  • 5『ルポ 精神医療につながれる子どもたち』(嶋田和子)
  • 6『同性愛の社会史【新版】』(アラン・ブレイ)
  • 7『いまなぜ寺山修司か』(菅原定憲)
  • 8『本当はエロいシェイクスピア』(小野俊太郎
  • 9『放射能とナショナリズム』(小菅信子)
  • 10『天性の小説家 ジャン・ジオノ』(山本省)
  • 11『壁の向こうの天使たち ボーダー映画論』(越川芳明)
  • 12『大人の落語評論』(稲田和浩)
  • 13『ゴジラの精神史』(小野俊太郎)
  • 14『幻の近代アイドル史』(笹山敬輔)
  • 15『快読『赤毛のアン』』(菱田信彦)
  • 16『監督ばか』(内藤誠)
  • 17『ビジネスマンの視点で見るMLBとNPB』(豊浦彰太郎)
  • 18『忠臣蔵はなぜ人気があるのか』(稲田和浩)
  • 19『談志 天才たる由縁』(菅沼定憲)
  • 20『吉本隆明 ”心”から読み解く思想』(宇田亮一)

【芸能・映画など】


【その他】

関連項目[編集]

外部リンク[編集]