ガーディアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Guardian
種別 日刊紙
判型 ベルリナー判
所有者 ガーディアン・メディア・グループ
編集者 Alan Rusbridger
設立 1821年
政治的傾向 中道左派[1]
言語 英語
本社所在地 キングプレイス英語版
姉妹新聞 オブザーヴァー
The Guardian Weekly英語版
ISSN 0261-3077
OCLC 60623878
公式サイト theguardian.com

ガーディアン (The Guardian) とは、イギリスの大手一般新聞である。旧題号は『マンチェスター・ガーディアン』(The Manchester Guardian ; 1821年1959年)。

概要[編集]

発行部数は26万3,907部(2011年4月4日-5月1日平均)[2]。編集方針は中道左派・リベラル寄りとされ、読者の多くは労働党自由民主党の支持者である。

日曜日休刊で、休刊日は『オブザーヴァー』(The Observer)を発行している。また、国際版の『ガーディアン・ウィークリー』(The Guardian Weekly、週刊)を発行している。

歴史[編集]

『マンチェスター・ガーディアン』は1821年5月5日ジョン・エドワード・タイラー英語版らによって非国教会系の新聞としてマンチェスターで創刊された。

1855年に日刊に移行し、1872年から1927年まで57年間にわたり編集長を務めたチャールズ・プレスウィッチ・スコット(Charles Prestwich Scott、1846年1932年)の手で有力紙に成長した。スコットは1907年に社を創業家から買いとり社主を兼務した。スコット没後の1936年、息子のジョン・スコットが設立したスコット・トラスト社(現:スコット・トラスト有限会社)に新聞社の所有権を移し法人化した。

伝統的に自由党(今のイギリス自由民主党)と友好関係にあり、スペイン内戦時の論調が国際的評価を集め、左派・リベラル勢力からの信頼を得た。

1959年、題号を現在の『ガーディアン』に変更し、1964年に本社をマンチェスターからロンドンに移転したが、1970年代に経営不振に陥り、一時、『タイムズ』との合併交渉も行われた。

1986年には同じリベラル系の一般紙『インデペンデント』が創刊され、新聞各紙間の部数競争が激化する中、1988年に紙面のデザインを変更した。1993年に『タイムズ』が皮切りとなった価格競争には加わらず、アメリカのアフガニスタン侵攻イラク戦争時には反戦の立場を取る市民から支持されたほか、アメリカ合衆国でも読者を増やした。

判型は長年にわたりブロードシート判であったが、2000年代に進んだ一般紙の小型化においてはベルリナー判(470×315 mm)を採用し、2005年9月12日に移行した。またタブロイド判であった『ガーディアン・ウィークリー』も2007年に本紙の半裁にあたるハーフ・ベルリナー判に移行した。2013年6月から、元CIA職員のエドワード・スノーデンから託されたNSAの機密資料に基づき多数の記事を掲載している。2014年4月、ガーディアンのアメリカweb部門はNSAの極秘情報収集活動「PRISM」の告発報道が評価され、ピューリッツァー賞の公益部門金賞を受賞した[3]

注釈[編集]

  1. ^ Wells, Matt (16 October 2004). "World writes to undecided voters". The Guardian (London). Retrieved 13 July 2008.
  2. ^ Newspaper Marketing Agency
  3. ^ 佐藤由紀子 (2014年4月15日). “NSA報道のGuardianとWashington Postにピューリッツァー賞”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1404/15/news064.html 2014年4月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]