MSNBC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
msnbc
MSNBC 2008 logo.svg
開局 1996年7月15日
所有者 NBCユニバーサル (82%)
マイクロソフト (18%)
映像形式 480i (SDTV)
1080i (HDTV)[1]
スローガン "Lean Forward"[2]
"The Place For Politics"[3]
"America's Fastest Growing News Channel"
アメリカ合衆国
言語 英語
放送地域 アメリカ合衆国
カナダ
本社 30ロックフェラー・センター
ニューヨーク
過去名 America's Talking (1994–1996)
姉妹チャンネル CNBC
CNBCワールド
NBC
ザ・ウェザー・チャンネル
公式サイト msnbc.com
視聴可能
地上波放送
セレクティブTV
(アレクサンドリア, MN)
K57JX (Channel 57)
WPXW-TV
(マナッサス (バージニア州))
モバイルデジタルテレビ Channel 66.4
MSNBC
(独ベルリン)
DVB-T Channel 23
衛星放送
ディレクTV (US) Channel 356 (SD/HD)
ディッシュ・ネットワーク (US) Channel 209 (SD/HD)
ベルTV (カナダ) Channel 1588 (HD)
ショー・ダイレクト (カナダ) Channel 511
CATV
米加のケーブルシステム 地域により異なる
衛星ラジオ
XM Channel 120
シリウス Channel 90
IP放送
AT&T U-verse (US) Channel 215 (SD)
Channel 1215 (HD)
Verizon FiOS (US) Channel 103 (SD)
Channel 603 (HD)
Bell FibeTV (カナダ) Channel 1588 (HD)
TELUS TV (カナダ) Channel 97

MSNBCは、1996年に開局したアメリカ合衆国向けのニュース専門放送局。放送ネットワークNBCマイクロソフトが共同で設立したものであり、マイクロソフトのポータルサイトMSNとNBCを組合せたものがチャンネル名となっている。

概要[編集]

ニュースに関してはNBCが所有する取材源(NBCニュースCNBC、全米のNBC加盟放送局など)やワシントン・ポストニューズウィークと提携。

テレビ放送は2000年代後半から政治ニュースを扱う番組が中心になり、リベラル派キャスターの活躍が注目されている。速報性を重視し、主要ニュースに多くの時間を割く傾向は開始時から受け継がれる。視聴者数がCNNやFOXニュースチャンネルの後塵を拝し続け、長年に渡って採算が取れないのが課題となり、マイクロソフトは2005年末から2006年にかけてテレビ部門の株をNBCに売却した。

インターネットはマイクロソフトが運営するポータルサイトMSN(アメリカ英語版)のニュース部門として「msnbc.com」を開設。NBCを含むニュース番組のオンライン配信を行うなど、NBC・MSNのブランドを活かしたコンテンツ展開でCNNと肩を並べる存在となる。インターネット部門が好調なことから専門子会社に切り離す。

歴史[編集]

1996年7月開局。NBCが2年間続けていたケーブルチャンネル「America's Talking」(アメリカズ・トーキング)を閉鎖、全く新しいニュースチャンネルとして発足した。9月からはドン・アイマスがパーソナリティーを務める人気ラジオ番組「Imus in the Morning(アイマス・イン・ザ・モーニング)」の同時放送を開始。11月にはNBCが入居するロックフェラーセンターからニュージャージー州にある新社屋に移転。

1990年代後半はインターネット・電子メールで意見を募集したり、CGなどコンピューター技術を活かす番組に取り組む(「The Site」や「Feedback」など)。しかし、なかなか長続きする番組が揃わない状態が続く。1999年、NBCの「Today」を再編集した番組を放送。2000年からは週末を中心にドキュメンタリー番組の放送を開始。

2002年にブライアン・ウイリアムズの番組がCNBCに移動、後任にジョー・スカーボロ(Joe Scarborough「スカボロウ」とも表記)を起用、これでCNBCと完全に別番組を編成することになった。ライバルFOXのビル・オライリーが活躍する午後8時台にはトーク番組の重鎮・フィル・ドナヒューを起用したが、2003年のイラク戦争報道を前にキース・オルバーマンが担当することになる。しかし、視聴者数がCNNヘッドラインニュースに追いつかれて互角になるなど、未だに低迷が続いていた。

2005年にはCNNからタッカー・カールソンを起用するなど夜のニュース番組の数を増やしたが、2006年には縮小する。この時、法律/犯罪分野が消えて政治を専門とした番組が残った格好となり、キース・オルバーマンの「反ブッシュ」姿勢が顕著となる。

2007年4月11日、番組内でドン・アイマスが人種差別発言をしたことが全米中で問題となり、翌12日に放送がキャンセル。後継探しの結果、ジョー・スカーボロを起用。経費削減として編集セクションとスタジオをNBCニュースと共同化する為、ニュージャージーの社屋を閉鎖して、ロックフェラーセンターのGEビルに移転。

2008年、1年近くに渡るアメリカ大統領選挙報道を見据え、政治ニュースを提供するチャンネルだと強調する「The Place for Politics」をスローガンに。MSNBCのコメンテーターや臨時ホストを務めているリベラル派のレイチェル・マドーをキャスターに起用したところ、MSNBCが初めてラリー・キング・ライブに視聴者数で追い抜く躍進を見せる。プライムタイムで視聴者が1年間で61%増加し、20-54歳の年齢層ではFOXニュースやCNNと互角の状況となる。

2009年、4月にラジオパーソナリティーのエド・シュルツを起用。中道・リベラル寄りとされていて、左派の起用が目立つ格好となる。6月からHD放送を開始、昼間の6時間を改編したが大コケした。2010年、新番組にローレンス・オドネルを起用。

2011年1月21日、キース・オルバーマンが突然番組終了を発表[4]。MSNBCのスポークスマンは契約途中終了を発表するのみで、その原因にはふれなかった[5]

CNNとプライムタイムの視聴率競争は2008年から本格化し、2009年通年ではCNNに軍配が上がるも、2010年はMSNBCが上回っている。一方でリバタリアンであるスカーボロの「Morning Joe」は党派に関係なく登場してCNNと互角の関係で時折上回る成績を残す。

主な番組[編集]

ET 番組名 キャスター 備考
6:00 Morning Joe
モーニング・ジョー
ジョー・スカーボロ 共和党下院議員
9:00 MSNBC Live
MSNBCライブ
13:00 Andrea Michell Reports
アンドレア・ミシェル・レポーツ
アンドレア・ミシェル NBCの外交問題担当記者
14:00 MSNBC Live
MSNBCライブ
17:00 Hardball with Chris Matthews
ハードボール・ウィズ・クリス・マシューズ
クリス・マシューズ
18:00 The Ed Show
ジ・エド・ショー
エド・シュルツ ベテランのラジオパーソナリティー
19:00 Hardballの再放送
20:00 The Last Word
ザ・ラスト・ワード
ローレンス・オドネル
21:00 The Rachel Maddow Show
ザ・レイチェル・マドー・ショー
レイチェル・マドー ラジオ「Air America」にも出演
22:00 翌6:00まで再放送

週末はMSNBC Liveのほかに、ドキュメンタリー、ミート・ザ・プレスの再放送などを放送。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]