ベルリナー判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際的な新聞判型の比較(下段 黒字)

ベルリナー判(ベルリナーばん、Berliner format)は国際的な新聞判型の一つで、大きさはおおむね315mm×470mm(12.4インチ×18.5インチ)前後を標準とするが、地域や新聞社によって寸法は異なる。国際的新聞判型におけるタブロイド判(285×400mm)よりやや大きく、国際的新聞判型のブロードシート判や、日本のローカル判型のブランケット判より一回り小さい。

概要[編集]

20世紀初頭に「北ドイツ判」(ノルディッシュ判、400×570mm)や「フランス判」との対比で、ドイツベルリン市にちなんで名付けられた新聞判型である。「ベルリナー」の略称を持つドイツの大手日刊紙『ベルリナー・ツァイトゥング』(Berliner Zeitung)とは無関係で、同紙の判型はベルリナー判ではなくレニッシュ判の327mm×485mmである。

ドイツの『ディ・ターゲシュツァイトゥング』(Die Tageszeitung)と『ユンゲ・ヴェルト』(Junge Welt)の両紙が1990年代初めに採用したのを皮切りに2000年代以降、『ガーディアン』(イギリス)、『ル・モンド』(フランス)、『ラ・レプブリカ』(イタリア)、『中央日報』(韓国)など、紙面の小型化が課題となっているヨーロッパ北米南米アジア各圏の新聞社が、ベルリナー判を採用するケースが目立っている。

日本では、2009年の第20回新聞製作技術展(JANPS2009)で、産経新聞社がベルリナー判相当のサンプル紙面を試作公開した例がある[1]。また東京機械製作所2008年、韓国・中央日報向けにベルリナー判オフセット輪転機を製造納入した実績もあるが[2]、その後も国内の新聞社で本格的に採用を検討する動きはみられない。

ハーフ・ベルリナー判[編集]

ハーフ・ベルリナー判(Half Berliner format)はベルリナー判の半裁に相当し、大きさは230~240mm×310~320mm(9~9¼インチ×12¼~12½インチ)である。

紙面の大幅な小型化にあたっては従来、タブロイド判が選択されるケースが多かったが、モニターで紙面を購読閲覧する電子版での視認性も視野に入れ、イギリスの週刊紙『ガーディアン・ウイークリー』(2007年5月、タブロイド判から移行・235mm×315mm)[3]やガーディアン系列紙だったスロバキアの日刊全国紙『プラウダ』(ブロードシート判からタブロイド判を経て2008年11月移行・235mm×305mm)[4]など、ヨーロッパでタブロイド判より小さいハーフ・ベルリナー判を採用する新聞社が現れている。

脚注[編集]

  1. ^ 「産経新聞社サンプル紙面」 『JANPS2009実行委員会ブログ』, 日本新聞協会第20回新聞製作技術展実行委員会
  2. ^ 「新着情報・アジア初、ベルリナー判輪転機Color Top Ecoprius(7100UDH)本稼働」 東京機械製作所、2008年1月3日
  3. ^ Getting in better shape Patrick Ensor, Guardian Weekly, 2007年4月27日
  4. ^ About us Pravda.sk

関連項目[編集]