ブランケット判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブランケット判(ブランケットばん)とは、日本の新聞判型の一つで、大きさは406×545mm。日本の輪転印刷機を用いる新聞において標準的なサイズであり、日本での「タブロイド判」の2倍の大きさである[1]

概要[編集]

日本国内のローカル判型であり、国際的な新聞判型との対比では最大のブロードシート判(375×600mm)に相当すると日本では一般的にいわれているが、ブランケット判はブロードシート判より天地寸法が小さく左右寸法が大きく、国際的判型でブロードシート判に次ぐ大きさのノルディッシュ判(400×570mm)よりも天地寸法が小さく、まったく別の判型である。

またレニッシュ判(350~360×510~530mm)よりは天地・左右寸法とも一回り大きい。

脚注[編集]

  1. ^ kotobank ブランケット判

関連項目[編集]