デイヴィッド・マッカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド・マッカイ(David McKie、1935年 - )は、イギリスジャーナリスト歴史家。マッカイは、1965年にイギリスの代表的日刊紙のひとつ『ガーディアン』の政治部記者となり、1975年から1984年にかけて副編集長を務め、退任後も2007年10月4日まで、「Elsewhere」という筆名でコラムを毎週寄稿していた。さらに、2005年9月10日まで、また別の「Smallweed」という筆名で(あるいは、そのアナグラムである「Dame Wells」や「Lee Laws MD」名義で)もうひとつコラムを書いていた[1]

マッカイの著作のひとつで、ヴィクトリア朝政治家詐欺師でもあったジャベツ・バルフォアJabez Balfour)の伝記Jabez: The Rise and Fall of a Victorian Scoundrel』は、「Silver Booker」の通称でも知られる「Saga Award」、伝記を対象とした「Whitbread Book Award」で、受賞候補となった[1]。別の著作『Great British Bus Journeys』は、2007年に「Dolman Best Travel Book Award」の受賞候補となった[2]

著作[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b David McKie Profile”. Guardian News and Media. 2011年8月24日閲覧。
  2. ^ Book awards: Dolman Best Travel Book Shortlist”. LibraryThing. 2011年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]

メディア
先代:
John Cole
ガーディアン』副編集長
1975年 - 1984年
次代:
Peter Cole