自由党 (イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自由党(じゆうとう、Liberal Party)は、かつて存在したイギリス政党

歴史[編集]

前身は「ホイッグ党」で、旧カニング派急進派との合流により1830年頃、後に知られる自由党の原型が成立した。

その後、1840年代保守党からピール派が合流。自由党はこれら諸派の連合した政党としての性格を持つ。1859年の第2次パーマストン内閣の成立を一つの契機として、正式に自由党が成立したと考えられている。

1920年代までは「保守党」と二大政党制を形成し、多くの首相を輩出した。

労働党の勢力拡大に伴って次第に勢力が衰退し、小政党に甘んじることになった。1983年から労働党右派の議員が離党して結成した社会民主党と選挙連合を組み、共同のマニフェストを掲げて選挙戦を戦った。この同盟は1987年まで続いた後、1988年に自由党と社会民主党の合併という形で発展的に解消した。合併後の名称は社会自由民主党Social and Liberal Democrats)であったが、1989年10月自由民主党Liberal Democrats)と改称し現在に至っている。なお、社会民主党との合併反対派は、新たに「自由党」を結成、現在でも地方議会では活動している。

自由党のリーダー一覧[編集]

貴族院(1859年 - 1916年)[編集]

庶民院(1859年 - 1916年)[編集]

党首(1916年 - 1988年)[編集]

自由党出身の首相[編集]