欧州自由民主改革党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
欧州連合の旗 欧州連合の政党
欧州自由民主改革党
: European Liberal Democrat and Reform Party
: Europäische Liberale, Demokratische und Reformpartei
: Parti européen des libéraux, démocrates et réformateurs
: Partito Europeo dei Liberali, Democratici e Riformatori
西: Partido Europeo Liberal, Demócrata y Reformista
党首 グラハム(グレアム)・ワトソン
成立年月日 1976年(Federation of Liberal and Democrat Parties in Europe)
2004年4月
本部所在地 ブリュッセル
政治的思想・立場 自由主義
公式サイト http://www.eldr.eu/
シンボル 金・青
国際組織 自由主義インターナショナル
テンプレートを表示

欧州自由民主改革党(おうしゅうじゆうみんしゅかいかくとう、英語: European Liberal Democrat and Reform Party, "ELDR")は、1976年に創立された欧州規模の政党ヨーロッパにおける自由主義を理念とし、国際組織は自由主義インターナショナルに加盟している。

概要[編集]

加盟政党は主として欧州連合諸国の自由主義政党で49ヵ国の政党が所属する。古典的自由主義社会自由主義中道主義などを志向する諸政党から成る。1993年に現在の名称となる。議長は、グラハム(グレアム)・ワトソンGraham Watsonイギリス)。

1970年代に欧州自由主義政党の緩やかな連合体として発足した。現在ではベルギーの法律によって欧州全体の政党組織として非営利団体の法人格が認められている。もっとも欧州全体の政党組織という法的位置づけにもかかわらず、ELDRは、欧州における単一の自由主義政党、組織政党というよりも、欧州各国の自由主義政党の緩やかな政治連合、政党連合という性格が色濃く残っている。

現在、ELDRは欧州議会に74議席を保有し、第3党に位置する。また、欧州委員会には8名の委員を送り込んでいる。欧州議会では中道派の欧州民主党とともに院内会派欧州自由民主同盟」(Alliance of Liberals and Democrats for Europe、略称:ALDE)を組んでいる。欧州自由民主同盟代表はヒー・フェルホフスタット欧州議会議員(フラームス自由民主)が務めている。

国別に見ると、ELDR加盟政党中、13政党が政権与党で、このうち2党は首相を出している。

ELDRの青年組織は、欧州共同体自由急進青年運動(Liberal and Radical Youth Movement of the European Community、略称:LYMEC、別名ヨーロッパ・リベラル・ユース European Liberal Youth)である。会員数約17万人を数える。LYMEC議長はJeroen Diepemaatオランダ)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]