自由帝国主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自由帝国主義(じゆうていこくしゅぎ、英語: Liberal Imperialism)は、自由主義の立場からの帝国主義論。19世紀末から20世紀初頭における、イギリス自由党ハーバート・ヘンリー・アスキスエドワード・グレイローズベリー伯爵などのグループが「自由帝国主義者」と呼ばれている[1]

概要[編集]

イギリス自由党の自由帝国主義者らは、ウィリアム・グラッドストンの指導の下では時流に屈服すると考えた[2]。更に自由党は全ての階級を包含すべきで、自由党の中で労働者階級を推進すべきとした[3]。彼らはまた、自由党は「新しい帝国の精神」(the new Imperial spirit)から距離を置いたために中央の選挙で敗北したと主張した[4]。彼らは自由党が存続するためには「清潔な候補者名簿」(clean slate)が必須と論じた。そして古い古典的自由主義は、「国民的効率」(National Efficiency)と帝国主義という新しい概念に道を譲るべきであると論じた。

脚注[編集]

  1. ^ H. C. G. Matthew, The Liberal Imperialists. The Ideas and Politics of a Post-Gladstonian Élite (Oxford: Oxford University Press, 1973), p. viii.
  2. ^ Matthew, p. 127.
  3. ^ Matthew, pp. 128-129.
  4. ^ Matthew, p. 134.

参考資料[編集]

  • H. C. G. Matthew, The Liberal Imperialists. The Ideas and Politics of a Post-Gladstonian Élite (Oxford: Oxford University Press, 1973).

関連資料[編集]

  • Viscount Grey of Fallodon, Twenty Five Years. 1892-1916 (1925).
  • R. B. Haldane, An Autobiography (1929).
  • Robert Rhodes James, Rosebery (1963).
  • J. A. Spender and Cyril Asquith, Life of Herbert Henry, Lord Oxford and Asquith (1932).
  • Peter Stansky, Ambitions and Strategies (Oxford: Oxford University Press, 1964).

関連項目[編集]