社会自由主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「希望の夜明け」。1911年の国家保険法(en)への支持を表明しているイギリス自由党リーフレット。この法律は病気や失業中の労働者に手当てを提供し、社会福祉の発展における重要な出来事となった。

社会自由主義(しゃかいじゆうしゅぎ、: Social Liberalismソーシャルリベラリズム)とは、自由主義政治思想の1つで、社会的公正を重視する。またモダンリベラリズム(現代自由主義)[1]ニューリベラリズム(ネオリベラリズムではない。新自由主義を参照。)の同義語として使われる場合もある。

概要[編集]

古典的自由主義とは異なり、公民権の拡大と同時に、失業、健康、教育などの経済的・社会的課題に対する国家の法的な役割を重視する。社会自由主義者は資本主義を支持するが、社会資本の必要性が資本主義と自由民主主義の両方の前提であると強調し、無秩序なレッセフェール経済を社会資本の必要性の認識が欠けているとして批判する[2]。社会自由主義者は、個人主義や資本主義が、公共の精神や連帯の認識によって加減された時に、自由民主主義は最良の状態になると考える[2]

社会自由主義的な政策は、特に第二次世界大戦後の資本主義世界で広く採用された[3]。一般には、社会自由主義の思想や政党は、中道中道左派とみなされる場合が多い[4][5]

社会自由主義に対する反動として、20世紀後半には新自由主義(ネオリベラリズム)とも呼ばれるマネタリストや政府の役割縮小を主張する経済思想が広がった。しかしこの反動は古典的自由主義への単純な回帰ではなく、政府は社会福祉や経済政策に関する管理などを維持し続けた[3]

社会自由主義を含む各種のリベラル政党の主要な国際組織には自由主義インターナショナルがあり、人権、自由かつ公正な選挙、複数政党制社会的公正寛容社会市場経済(en)、自由貿易、経済的持続可能性、国際的連帯の重要性、などを掲げている[6]

主な政党[編集]

各政治組織の政策は、純粋な政治思想と常に同一ではなく、また変化するため、正確な「社会自由主義政党の一覧」の作成は困難である。以下は、社会自由主義と通常呼ばれる事が多いか、学者がその中核思想を社会自由主義とみなしている政党である。

ヨーロッパ[編集]

ヨーロッパでは、社会自由主義の政党は中小規模の中道または中道左派政党が多い[7]。ヨーロッパで国家レベルや地方レベルの連立政権に参加するなど成功した社会自由主義政党の例には、イギリス自由民主党デンマークラディケーリなどがある。また欧州規模の政党では、欧州議会で第3規模の欧州自由民主同盟は、社会自由主義政党と市場自由主義政党の両方を含んだグループである[8]

アメリカ[編集]

オセアニア[編集]

アフリカ[編集]

アジア[編集]

著名な社会自由主義思想家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Richardson, James L. (2001). Contending Liberalisms in World Politics: Ideology and Power. Colorado: Lynne Rienner Publishers. 155587939X. 
  2. ^ a b Michael Leicht. A Reformed European Model: Social Capital as Competitive Advantage. GRIN Verlag, 2000. Pp. 95.
  3. ^ a b Keith Faulks (1999). Political Sociology: A Critical Introduction. University Press. pp. 71–75. ISBN 978-0-7486-1356-4. http://books.google.com/books?id=FAtlVdPhEFAC&pg=PA73. 
  4. ^ Slomp, Hans (2000). European Politics Into the Twenty-First Century: Integration and Division. Westport: en:Greenwood Publishing Group. ISBN 0-275-96814-6. 
  5. ^ Hombach, Bodo (2000). The politics of the new centre. Wiley-Blackwell. ISBN 978-0-7456-2460-0. http://eu.wiley.com/WileyCDA/WileyTitle/productCd-074562460X.html. 
  6. ^ The International — Liberalism”. Liberal International. 2009年4月26日閲覧。
  7. ^ a b c Kirchner, Emil (2000). Liberal parties in Western Europe. Cambridge University Press. pp. 356–7. ISBN 978-0-521-32394-9. 
  8. ^ ALDE National Delegations”. ALDE Group in the European Parliament (2010年). 2010年2月17日閲覧。
  9. ^ a b Marks, Gary and Wilson, Carole (July 2000). “The Past in the Present: A Cleavage Theory of Party Response to European Integration” (PDF). British Journal of Political Science 30 (3): 433–459. doi:10.1017/S0007123400000181. http://www.utdallas.edu/~cjwilson/prof/BJPS00.pdf. 
  10. ^ a b c d e f Almeida, Dimitri. “Liberal Parties and European Integration”. 2008年5月11日閲覧。
  11. ^ Hargreaves, Jeremy (Autumn 2007). “The Liberal Democrats today” (PDF). Journal of Liberal Democrat History. http://www.liberalhistory.org.uk/uploads/56_Autumn_2007.pdf. 
  12. ^ a b c d e f g h Nordsieck, Wolfram. “Parties and Elections in Europe”. 2012年5月17日閲覧。
  13. ^ NSD, European Election Database
  14. ^ http://www.robertthomson.info/wp-content/uploads/2010/10/Thomson_EJPR2001_pledgesNL.pdf
  15. ^ Wolfram Nordsieck. “Parties and Elections in Europe”. Parties-and-elections.eu. 2012年12月20日閲覧。
  16. ^ a b William D. Gairdner (2011-08). The Trouble with Canada-- Still!: A Citizen Speaks Out. BPS Books. pp. 145–. ISBN 978-1-926645-67-4. http://books.google.com/books?id=mJpvibLL3RgC&pg=PA145. 
  17. ^ Madsen, Tomas Bech (Autumn 2007). “Radicalis and Liberalis in Denmark” (PDF). Journal of Liberal Democrat History. http://www.liberalhistory.org.uk/uploads/56_Autumn_2007.pdf. 
  18. ^ Møller, Thorkild; Albrectsen, Anne-Birgitte (2002年). “Facts About Det Radikale Venstre (PDF)”. Det Radikale Venstre. 2009年4月8日閲覧。
  19. ^ Wolfram Nordsieck. “Parties and Elections in Europe”. Parties-and-elections.eu. 2012年12月20日閲覧。
  20. ^ en:Elections_in_Campania
  21. ^ Parties and Elections in Europe: The database about parliamentary elections and political parties in Europe, by Wolfram Nordsieck
  22. ^ Wolfram Nordsieck. “Parties and Elections in Europe”. Parties-and-elections.eu. 2012年12月20日閲覧。
  23. ^ Women's access to political power in post-communist Europe. Oxford: Oxford University Press. (2003). ISBN 978-0-19-924685-4. http://www.oup.com/us/catalog/general/subject/?cp=25211&ci=9780199246854. 
  24. ^ NSD, European Election Database
  25. ^ European Forum for Democracy and Solidarity
  26. ^ Kulik, Anatoly; Pshizova, Susanna (2005). Political parties in post-Soviet space: Russia, Belarus, Ukraine, Moldova, and the Baltics. Greenwood Publishing Group. ISBN 978-0-275-97344-5. 
  27. ^ Law Commission Of Canada (2006-06-30). Law And Citizenship. UBC Press. pp. 6–. ISBN 978-0-7748-1299-3. http://books.google.com/books?id=EK26Gbk1wjkC&pg=PA6. 
  28. ^ Lois Harder; Steve Patten (2006-07-13). The Chrétien Legacy: Politics and Public Policy in Canada. McGill-Queen's Press - MQUP. pp. 328–. ISBN 978-0-7735-3095-9. http://books.google.com/books?id=MSiZO2mBYuQC&pg=PA328. 
  29. ^ http://www.democrats.org.au/docs/2007/4_History.pdf
  30. ^ LI Presidential statement on inclusion of Social Liberals in all party talks in Tunisia - Statements - Politics - Liberalism”. Liberal-international.org (2011年1月16日). 2012年12月20日閲覧。
  31. ^ http://sslp.info/?page_id=2
  32. ^ http://www.dpj.or.jp/about/dpj/principles
  33. ^ “중도보수’ 표방 새정치연합, ‘세모녀 법’등 민생정치도 ‘흔들’(‘中道保守’標榜 新政治連合、‘三母女法’など民生政治も‘動揺’”. 民衆言論チャムセサン. (2014年3月31日). http://www.newscham.net/news/view.php?board=news&nid=73718 2014年4月26日閲覧。 
  34. ^ The Liberal Vision”. Liberal Party of the Philippines. 2009年4月6日閲覧。

関連項目[編集]