貴族制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

貴族制(きぞくせい、Aristocracy)とは、貴族が政治権力を握って人民を支配する統治形態(政体)である。貴族制度については貴族を参照のこと。

語源[編集]

”Aristocracy(アリストクラシー)”は古典ギリシア語の”Aristo”(最上の)と”cratia”(支配)を由来とする言葉で、”優れた者による支配”を意味する。もともとは古代ギリシアの貴族自体がエリート層を意味していたためだが、貴族というものの変化に従い特権階級の支配を意味するようになった。

貴族であることの条件[編集]

「最上」という概念は人によって違うため、また政治的に最上であることは何を指すかは非常に難しい問題であるため、適用に際して抜け道の多い言葉である。貴族は、世襲金権政治富豪政治、plutocracy)階級をさすことが最も多かった(富や財力を持つことは、最上さ、高貴さを見せ付けることができる余裕があるからである)。

ただし、貴族制の歴史の重みと「高貴なる義務ノブレス・オブリージュ、noblesse oblige)」は、貴族層に対し、少なくとも建前の上では高い志からの行動を要求していた。

貴族制の歴史[編集]

「アリスト(ス)」という言葉は、アテナイでもともと軍の先頭に立って剣を抜く若い市民に対しての表現だった。古代ギリシアでは戦における勇敢さは非常に高い美徳であったため、軍隊は「最上の者」によって率いられていた。中世ヨーロッパにおいて、貴族は軍の先頭に立つことになっていたため、貴族は古代ギリシアでのエリート市民同様に、自分たちの軍隊での役割ゆえに自らを「最上」で「高貴」とみなし、同じくエリート市民同様に奴隷を持てる特権階級となっていた。その高貴さ、最上さは教会が保障していた。[要出典]フランス革命の主な原因として、伝統的な貴族制がもはや「最上の者による支配」という理念を、維持しがたくなってしまったことがあげられる。ルイ14世時代の軍隊の近代化で、貴族はもはや軍の先頭に立つ必要がなくなり、完全に安全地帯から部隊を指揮するようになっていた。危険を冒す伝統的な慣習を放棄したとき、伝統的な特権も維持するのはもはや困難となった。

フランス革命では、貴族は果たした役割でなく、実態として生まれによってその地位を得た特権階級という面が強調され、このような不要な階級は新興のブルジョワリベラルな一般人の敵とされた。以後、「貴族」という言葉は、生まれながらにして前線で戦死する機会を主張する人々のことではなく、生まれながらにして贅沢や特権を主張する人々の象徴となり、本来の意味からは遠くなってしまった。

貴族制に対する闘争はフランス革命後の反動期にも続き、特に欧州全土で起こった1848年革命においては非常に激しいものがあった。ヨーロッパで貴族制がいつ終焉したかは異論があるが、だいたい第一次世界大戦の終わった1918年には貴族制は民主制に取って代わられ、以後貴族は実態的な権力のない社会の飾りとなっている。

貴族制の現在[編集]

イギリスその他ヨーロッパ諸国で世襲貴族などを認めている国では、「貴族」はおよそ7000家族の世襲貴族の末裔のことをいい、今なおそれなりの富を通常継承している。

サウジアラビアなど、今でもかつての武人らの末裔が貴族となり富と権力を独占しているような国も存在する。

アメリカ合衆国その他、世襲の軍人階級のなかった国では、「貴族」はもっぱらスタイルの面でのみ使われている。たいていの場合、貴族的とはスノッブな趣味を追いかけるリッチな人々をさす否定的な言葉だが、一方では、貴族的という言葉は優雅なライフスタイルと強い義務感を併せ持つ人をさすこともある(ここに、今でも貴族という言葉本来にあったノブレス・オブリージュの概念が残っている)。

関連する項目[編集]