反イスラーム主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

反イスラーム主義(Antiislamism)とはイスラム教の教義・価値体系(とされているもの)を本質的に劣等とみなし、攻撃する立場の事。主として西ヨーロッパ・キリスト教社会などで広く見られたが、現代ではそれに限らずイスラム教徒(ムスリム)と接触した社会全てに多かれ少なかれ見られる現象である。

歴史[編集]

西ヨーロッパ・キリスト教社会と東地中海 = 北アフリカ・イスラーム社会の間には十字軍レコンキスタオスマン帝国のヨーロッパへの侵略、近代の欧州のイスラーム世界への侵略と植民地支配など歴史的対立が見られ、相互の不信は根強いものがあった。更に現代のアメリカの覇権主義パレスチナ問題での親イスラエル的態度はこれらの地域のムスリムを激怒させ、過激派の浸透や教理の硬直化を招くこととなった。

ヨーロッパにおける一部のキリスト教徒(クリスチャン)やユダヤ教徒は、イスラム教徒内部の多様性を無視し、女子割礼名誉の殺人、改宗の禁止、異教徒迫害、女性の隔離などのイスラーム社会の悪習・問題点を過度に一般化して「イスラームの本質」とし、「野蛮で人権を無視する遅れた宗教」とイスラム教を定義する傾向を強めた。一方ムスリムの側もこれらのプロパガンダに反発する形で教理を硬直化・過激化させ、結果としてこれらの悪習を「イスラームの良き道徳」として積極的に擁護し、キリスト教徒やユダヤ教徒へのジハードを唱える過激派の温存・浸透を招いた。

近年のヨーロッパではムスリムの移民が増えるにつれ、表向きの「寛容さ」とは裏腹にイスラーム教徒に対する差別・蔑視・偏見などが横行し、それに反発してイスラームにすがる移民の若者との間で緊張が高まった。遂にはオランダやフランス、デンマークなどでムスリムの暴動やクリスチャンとムスリムとの騒乱が発生し、現在でも欧州各国はこのような暴動の再発を防ぐため対策を重ねている。

アメリカ合衆国の場合、プロテスタントの宣教師は、「反キリスト、暗黒、政治的専制の縮図」の代表としてイスラームを描くことに積極的であった。それにより、「キリスト教の救いによる光明、近代、民主主義」というアメリカのナショナル・アイデンティティを構築することを手助けしたのである[1]。以下の幾人かのプロテスタントは、イスラムを批判している:パット・ロバートソン[2]ジェリー・ファルエル[3]ジェリー・ヴァインス( en ,[4])、アルバート・モーラー・ジュニア[5]フランクリン・グラハム[6][7][8]。 「ムハンマド風刺漫画掲載問題」は、デンマークというプロテスタントの影響の強い国で起きている。

現代において、湾岸戦争や、イラク戦争のような最近の紛争は、イスラムと他の世界の間では避けがたい文明の衝突があるという認識を増大させ、「文明間の対話」に対抗して「文明の衝突」という理論を成立させた。

欧州以外でも、インド亜大陸ではイギリスの植民地統治により、ムスリムとヒンドゥーの間の対立が激化、印パ分離独立印パ戦争へと発展した。現在でもヒンドゥー教徒が多数派を占めるインドでムスリムは迫害される存在であり、時折両者の間で騒乱が起きている。

歴史的にイスラーム社会とのかかわりが薄かった地域でも、近年のイスラーム過激派のテロが報道されるにつれイスラームへの偏見が広まり、反イスラーム感情が強くなりつつある。

主張[編集]

反イスラーム主義者達の主な主張を列挙する。

批判[編集]

反イスラーム主義に対する批判としては、主としてイスラーム過激派による護教主義的なものと、リベラリストによる文化平等主義的なもの、とに大別される。それぞれ批判の立脚点が大きく異なることに注意。

リベラリストによる批判[編集]

反イスラーム主義者はイスラームを「本質的に狂信的であり、女性差別的で異教徒に対し攻撃的な宗教」と定義し、イスラームを攻撃している。しかしムスリム・非ムスリムを問わずリベラル派の知識人からすればこれは公平さを欠いた認識とされる。彼等によればイスラームの中にある狂信性、抑圧性、女性差別性などは世界の他の地域・他の文化や他の宗教にも同様に見られたものであり、反イスラーム主義者の意見はイスラームに対してのみそのような性質を著しく誇張(それと対比して自分達の文化・宗教を美化)するとしている。また、ムハンマドの個人的言動とイスラーム信仰とを混同しているともしている。以下に、反論の例を挙げる。

ムスリムを先祖に持つプロテスタントのバラク・フセイン・オバマアメリカ合衆国大統領は、2009年4月次のように宣言している。 「合衆国は、現在も、未来もイスラムと敵対しない」[9]

また、2009年にアメリカ合衆国大統領に就任したバラク・フセイン・オバマは次のように宣言して、この長期にわたる紛争を終わらせようとしている。

「できる限りはっきり言わせてください。合衆国は、現在も、これからも、けして、イスラムと戦争状態にはありません。事実、ムスリム世界とのわれわれのパートナーシップは、すべての信仰を持つ人々が拒否する非主流派のもつ思想に戻ることに懐疑的です。」

バラク・オバマ、トルコにて、2009年4月[9]
  • 8歳のアーイシャとセックスを行ったとhadithに書かれている

イスラーム過激派による批判[編集]

教条的イスラームの護教的立場からの反イスラーム主義批判の中では、イスラームの他宗教に対する絶対的な優越性が強調され、故にイスラーム法に規定されたムスリムと非ムスリムとの間の人権的格差は差別ではなく正当な“区別”であるとされる。このような立場に対しては反イスラーム主義者のみならず、反イスラーム主義を批判するリベラリストの間からも強い批判がある。以下に、反論の例を挙げる。


著名な反イスラーム主義者・団体[編集]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]