インドにおけるイスラーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インドに居住または活動するイスラーム教について概説する。

歴史[編集]

伝播[編集]

インドにイスラーム教が伝わったのは7世紀であり、インド西部のマラバール海岸英語版へやって来たアラブの貿易商がその役割を担ったとされる。

イスラームと仏教[編集]

12世紀のイスラームの侵攻によってインド仏教勢力は壊滅した(インドにおける仏教の弾圧)。

インドにおけるイスラーム王朝[編集]

現在[編集]

インドのイスラーム教人口[編集]

インドでのイスラーム教徒人口は、2009年の時点で1億6000万人を超えているとされる。イスラーム教徒の人口規模はインドネシアの約2億人、パキスタンの1億7000万人についで世界第3位であり、イスラーム教はインド国内でヒンドゥー教に次ぐ勢力を持っている(インドパキスタンバングラデシュのイスラーム教徒の人口数は合計で4億8000万人を超えており、南アジアは世界で最もイスラーム教徒が多い地域となっている)。

イスラーム主義とテロリズム[編集]

近年はイスラーム主義組織の活動が活発化しており、イスラーム主義団体にはインド学生イスラーム運動インディアン・ムジャーヒディーンなどがある。またパキスタンとの印パ戦争カシミール紛争などの関係でもイスラーム団体が活動している[1]

テロリズムも多数発生しており、2006年7月11日にはムンバイ列車爆破事件が発生、2008年11月にはムンバイ同時多発テロ2013年7月7日にはブッダガヤ爆弾テロ事件などが発生している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]