イスラムファシズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イスラムファシズム英語: Islamofascism, アラビア語: فاشية إسلامية‎)は、現代のいくつかのイスラーム主義運動が、20世紀初期のヨーロッパファシズムネオファシズム全体主義などと思想的な特徴があるという類推から作られた新語である。

用語[編集]

「イスラムファシズム」の語は新オクスフォード米語辞典では「現代のいくつかのイスラーム主義運動を、20世紀初頭のファシスト運動と同一視する、議論のある用語」と定義されている[1]。この語は、アメリカ合衆国のジャーナリストのStephen Schwartz[2]Christopher Hitchens[3]が、アルカーイダなどのテロリスト集団を含めたイスラーム過激派を記述する際に使用した。

この語の起源ははっきりしない。William Safireは、1990年のMalise Ruthvenインデペンデントに書いたのものが最初と記した[4]

ファシズムとの類似点とされるもの[編集]

「イスラムファシズム」の語の提案者は、ファシズムとイスラムファシズムにはいくつかの類似点があると論じている[5]。Christopher Hitchens は類似点を以下のように主張している。

最も明確な類似点は、死や破壊の賛美、生命の軽視などの殺人者の暴力の狂信を、両方の運動が基礎にしている事である。(「知性への死!長い生命の死!」とは、フランシスコ・フランコの仲間のGonzalo Queipo de Llano(es)の言葉である。)どちらも近代を敵視し(兵器を購入する時を除く)、どちらも過去の帝国や失われた栄光をひどく懐かしむ。どちらも真実および想像上の「屈辱」にとりつかれ、復讐を熱望する。どちらも反ユダヤの偏執症の毒素に慢性的に感染している(興味深いことに、更に反フリーメイソンの偏執症とも軽度の親戚である)。どちらも指導者崇拝や、一冊の偉大な本の力への排他的な圧力の傾向がある。どちらも性的な抑圧、特に性的なあらゆる「逸脱」の抑圧に強い誓約を持ち、配偶者は女性を従属させ、女性的なものを蔑視する。どちらも芸術や文学を退化や退廃として軽蔑し、どちらも焚書や、博物館や文化財の破壊を行う。

Christopher Hitchens [3]

批判[編集]

「イスラムファシズム」の語は、いくつかの学者やジャーナリストから批判されている[6]歴史学者ニーアル・ファーガソンや、国際関係学者のAngelo Codevillaは、歴史的に不正確で単純とみなしている[7]。作家のリチャード・アラン・ネルソンは、この用語は通常は、蔑称またはプロパガンダのために使用されていると批判している[8][9]

使用例[編集]

(イスラムのテロリストによる)攻撃は、狂人ではないが邪悪な信念と目的を組み合わせたイデオロギーに、明確に仕え、集中している。この邪悪なイスラムの急進主義を、ある人は軍事的なジハード主義、また他の人はイスラムファシズム(Islamo-fascism)と呼ぶ。どう呼ばれようと、このイデオロギーはイスラムの宗教とは非常に異なる。この急進主義の体制はイスラムに、テロリズムや破壊や暴動による暴力と、すべての政治的および宗教的な自由を否定する全体主義的な帝国をもたらす。

ジョージ・W・ブッシュ[10]

  • 上記以外の英文での使用例には以下がある。
    • "It is right for us to be on the offense against Islamofascism, and not wait until they attack us on our soil. Unlike any war we have ever fought in this nation, this is not a war for soil. It is a war for our soul. We will either win it or we will lose it. This nation must rally to the point where we recognize there is no compromise. There is no alternative. We must win; they must lose. Islamofascism must disappear from the face of the earth, or we will." [7]マイク・ハッカビー
    • "What we have to understand is ... this is not really a war against terrorism, this is not really a war against al Qaeda, this is a war against movements and ideologies that are jihadist, that are Islamofascists, that aim to destroy the Western world."[11]クリフォード・メイ

脚注[編集]

  1. ^ "a controversial term equating some modern Islamic movements with the European fascist movements of the early twentieth century" - The New Oxford American Dictionary, Second Edition, Erin McKean (Editor), 2096 pages, May 2005, Oxford University Press, ISBN 0-19-517077-6
  2. ^ Schwartz, Stephen. “What Is 'Islamofascism'?”. TCS Daily. 2006年9月14日閲覧。
  3. ^ a b Hitchens, Christopher: Defending Islamofascism: It's a valid term. Here's why, Slate, 2007-10-22
  4. ^ "authoritarian government, not to say Islamo-fascism, is the rule rather than the exception from Morocco to Pakistan." - William Safire (2006). "Islamofascism Anyone?" The New York Times, Opinion-Editorial. Retrieved August 28, 2007
  5. ^ Berman, Paul (2003). Terror and Liberalism. W W Norton & Company. ISBN 0-393-05775-5.
  6. ^ Boyle, Michael, 'The War on Terror in American Grand Strategy', International Affairs, 84, (March 2008), p196
  7. ^ a b Angelo Codevilla. Advice to War Presidents. Public Affairs. p. 25. ISBN 9780465004836. http://books.google.com/books?id=VC07Uvy36n4C&pg=PA25&dq=islamofascism+is+not+fascism#v=onepage&q=&f=false.  "...the term "Islamofascism," used to describe strongly anti-Western movements in the Muslim world, betrays ignorance of those movements as well as of Islam and Fascism."
  8. ^ Sobran, Joe. “Words in Wartime”. 2006年4月18日閲覧。 "Islamofascism is nothing but an empty propaganda term. And wartime propaganda is usually, if not always, crafted to produce hysteria, the destruction of any sense of proportion. Such words, undefined and unmeasured, are used by people more interested in making us lose our heads than in keeping their own."
  9. ^ Richard Alan Nelson (1996 url = http://books.google.com/books?id=ySwYAAAAIAAJ&q=A+Chronology+and+Glossary+of+Propaganda+in+the+United+States&dq=A+Chronology+and+Glossary+of+Propaganda+in+the+United+States). A Chronology and Glossary of Propaganda in the United States.  "Propaganda is neutrally defined as a systematic form of purposeful persuasion that attempts to influence the emotions, attitudes, opinions, and actions of specified target audiences for ideological, political or commercial purposes through the controlled transmission of one-sided messages (which may or may not be factual) via mass and direct media channels. A propaganda organization employs propagandists who engage in propagandism—the applied creation and distribution of such forms of persuasion."
  10. ^ President Discusses War on Terror at National Endowment for Democracy”. 2006年4月19日閲覧。
  11. ^ Clifford May (2004年10月12日). “News from CNN with Wolf Blitzer”. CNN News Transcript. 2007年6月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]