暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

暴動(ぼうどう riot)とは、多数の市民民衆が集合的に暴行・脅迫・破壊などの暴力的な活動を行うことをいう。

分類[編集]

基本的に、国家の制度組織を違法な手段を以って破壊して変革する目的を持った大規模かつ組織的な暴動を「内乱」と呼び、群衆が単に何らかの対象に対して集団的な暴力・脅迫活動を行う暴動を「騒擾」と呼ぶ。

内乱が戦闘の形態となったら内戦となり、国家を代表する統治機関の政治権力を奪取することを目的とし且つ成功した場合はクーデター革命と呼ばれる。

特徴[編集]

多くは、議会首長の投票や候補者の身の安全にかかわる問題、暗殺未遂などが派生して、なんらかの政治的要求ないしは経済的要求を標榜するが、指導者が不在であることが多いため体制側が警察・軍隊を出動させ暴動鎮圧を図ることによって、急速に沈静化していくことが多い。

また、イベントなどでのトラブルなどにより、小規模ながら「暴動」が発生する場合もあるが、それが翌日にまで引き継がれる事は少ない。明確な指導者が不在であること(成り行きで起き、扇動者は不明に等しい)、参加者が多数であることなどのため、暴動を起こした(参加した)側の責任が厳しく追及されることはほとんどない。

日本は諸外国に比べて比較的暴動は起きにくいとされている。しかし、それは外見的な話であり、オウム真理教地下鉄サリン事件を引き起こした事に代表されるように暴動や革命を起こせるだけの組織は潜在的に存在し、様々な組織が公安警察の監視対象となっている。日本の場合は「消極的なテロ」という形で表面化する。

なお日本国内では暴動を起こした場合、場合にもよるが、暴行罪傷害罪脅迫罪器物損壊罪現住建造物等放火罪建造物侵入罪騒乱罪公務執行妨害罪などの罪に問われることになる(内乱を起こした場合、内乱罪となる)。

スポーツにおける暴動[編集]

スポーツ競技の試合においては、審判の判定や試合内容に対する不満などが原因となって観客が暴徒と化し、暴動に至るケースがみうけられる。

このようなケースは、海外においてはサッカーの試合において多く見られ、暴徒達はフーリガンと呼ばれる。日本においては、かつてはプロ野球木戸美摸投手負傷事件など)や競馬園田事件など)において暴動が発生するケースがあったが、近年はあまり見られない(番狂わせを参照のこと)。

著名な暴動[編集]

世界の暴動[編集]

日本の暴動[編集]

戦後1955年頃までの暴動は在日朝鮮人日本共産党主導のものが多く、それ以降の暴動は新左翼主導によるものが多い。

暴動及び鎮圧に用いられる非致死性兵器等[編集]

関連項目[編集]