テロリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テロから転送)
移動: 案内検索

テロリズム: terrorism)とは、何らかの政治目的のために、暴力や暴力による脅威に訴える傾向や、それによって行われた行為のこと[1]。また、恐怖政治のこと[1]。テロリズムを標榜しテロを行う者をテロリスト: terrorist)と呼ぶ。

概要[編集]

テロリズムとは、何らかの政治目的を実現するために、暴力によって脅威(恐怖心)を相手に与えることを手段として用いる傾向・主義、およびそれによって行われた行為のことである。

そもそも、暴力的手段に訴えることで政治的敵対者を威嚇することをドイツ語で「テロル: Terror)」と呼ぶ[2]。もっぱらそうした「テロル」を用いることによって政治的な目的を果たそうとする傾向・姿勢・主義などが「terrorismテロリズム」と呼ばれているのである。

欧米の言葉では、「テロル」という用語・概念と「テロリズム」という用語・概念はそれなりに区別されているのだが、日本では一般に、実際の行為であるテロルと、傾向・主義のテロリズムのどちらも「テロ」と略し、曖昧なままに使用することがある。

テロリズムは暴力が関わる複雑な現象である。テロリズムの中核的な概念は「社会への何らかの訴えかけが意図された、物理的被害よりも心理的衝撃を重視する暴力行為」であると捉えることができる[3]

古典的なテロリズムは古代から観察されているが、定義されたのはフランス革命において行われた9月虐殺がきっかけであった。9月虐殺事件では反革命派1万6千人を革命派により殺害する恐怖政治を行った[4]。現代のテロリズムの手法はより複雑化しており、従来の革命勢力だけではなく、全体主義の政府、分離主義の政治勢力などのあらゆる社会集団がテロ活動を行い得るようになっており、冷戦後には強制外交の手段としてテロリズムは確立されている[5]

テロリズムはあくまで物理的な成果ではなく心理的な成果を求める。具体的な方法としては爆発物を用いた公共施設へのテロ攻撃が典型的である。また日本の地下鉄サリン事件のような化学兵器の使用、またアメリカ同時多発テロロンドン同時多発テロモスクワ地下鉄爆破テロのような公共的な交通機関の転用などのような、社会への心理的効果が極めて大きい大規模テロが行われている。

2009年2010年に起こった未遂を含む米国を標的にしたテロ事件は、当局が訴追した内の約4割が米国民だったことが明らかになっている。家庭の崩壊、貧困、差別など米社会で疎外感を覚えている若者らが、インターネットの交流サイトなどを通じて過激派思想に染りテロを起こす、「ホームグロウン・テロリズム」(地元育ちのテロリスト)が脅威となっている[6][7]

語源と歴史[編集]

語源[編集]

英語で「テロリズム (terrorism)」の語が初期に使用された一例。タイムズ1795年1月30日付け紙面より。「我々の自由を転覆する1体制以上のものがある。過激主義は全ての情熱を引き起こし、王政はその希望をまだ諦めておらずテロリズムは従来より大胆に思われる。」

ドイツ語「Terrorテロル」の語源は、フランス大革命末期のジャコバン派による恐怖政治体制(1793年6月–1794年7月)を指して用いられた「le régime de la terreurル・レジーム・ドゥ・ラ・テラール」という表現である。フランス語で「terreur」とはもともと「恐怖」「脅威」という意味である。権力者が対立する者を抹殺した場合もしくは、その影響(恐慌や追従といった状況)も含めて「terreurテラール」と呼ばれていた。

歴史[編集]

その後、その意味は、逆に反体制側の暴力的手段を指すように変化していった。これは権力側が武装抵抗を「テロル」と呼んだためである。その後は、反体制派の共産主義者・政権掌握したばかりの共産主義者によるテロルを赤色テロアナーキスト側によるテロルを黒色テロ、権力側によるテロルを白色テロと呼称して区別する人々もいた。

ロシア革命の際、レーニンは赤色テロと称して意図的にテロを煽動し、「当事者が何十年と忘れることのないほど」の残虐な処置をとるよう数多くの命令書を残した。一方トロツキーはテロリズムの本質は報復の連鎖であると批判し、大衆を動員した政治的行動(デモサボタージュラッダイト等)に重点を置くべきとした。 特にレーニン流の赤色テロは、ロシア革命後に発足したハンガリー・ソビエト共和国バイエルン・レーテ共和国などの共産政権に受け継がれた。

テロの計画者はおおむね主義・主張や世界観、宗教観をもとに物理的介入に及ぶ傾向にある。「だが、その大半は未熟で一貫していない倫理観や思想的背景にもとづいていることが多く」、対話の否定、相互理解の拒絶、純粋暴力(≒死・破壊)の肯定などする。「これは非社会的な嗜好に由来するものである。またテロの計画者は、悲運な人生や肉親・家族に関して悲嘆したり絶望している人につけ込むことでテロの実行犯を仕立て上げることがある。

また、個人で行う「個人的テロリズム」と、宗教や政治、国家による何らかの集団組織で行う「集団的テロリズム」に分けられることもある。政治的あるいは宗教的背景によるテロリズムはほとんどの場合小さな集団(セクト)が「思想的結晶をもって暴発するもの」であり、「あたかも濃厚な指揮命令系統に統率されている外形を見せながら多くの場合互いに連携や共助関係はもたない」と言う。国家や一定の政治権力を持つ集団による統率された集団的テロリズムによって行われる支配は恐怖政治と呼ばれている。スターリン主義体制やナチズムにおける大量テロル(大粛清)が恐怖政治の例である。恐怖による民衆支配は伝統的な側面があり、古くはスパルタにおける κρυπτειαクリュプテイアなどに例が見られる。50年頃のユダヤではローマ帝国からの独立をめざす熱心党がテロ行為をおこなった。

歴史的には国家行政組織側による暴力的抑圧(恐怖政治、粛清等)を含み、体制・反体制を問わず暴力と恐怖を活用することで支配する手段を意味した。 最近ではその動機が多様化し、攻撃目標も要人から一般市民に変わってきている。

テロの主体[編集]

国家は国際テロの実行主体となり得るかという問題について様々な議論がある。歴史的に国家によるテロは弾圧や迫害・粛清など、権力装置を自国内で行使することが中心であり、また国際テロという暴力手段が注目された19世紀末のアナキスト達による一連のダイナマイトによる暴力行動[8]以降、テロの主体は国家権力に正面から対抗する手段を持たない政治勢力、思想集団、宗教勢力が奇襲的な殺戮行為を行うことにより、国際社会や外交関係といった利害を背景としてそれにつけこみ、目標国家に政治的打撃を与え、政治的主張を受け入れさせることが主流であったためである。

しかし国家が他国や他の文明を攻撃する手段としてテロの実行を命じ、あるいはテロを支援することがテロ国家あるいはテロ支援国家という概念を生み、テロ国家が引き起こす国際テロを国家テロ英語版と呼び習わす傾向が生まれ、国家がさまざまな国際テロの主体になり得るという認識が確認されつつある。

さらに、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件はテロの定義を揺るがす事件となった。この事件はイスラム原理主義組織「アルカーイダ」による犯行であったが、時のアメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュはこの事件を「新しい戦争」と呼んだ(対テロ戦争)。

戦争とはいうまでもなく、国家が主体となるものであるが、一国の指導者がこのような発言をしたことで、テロという概念が戦争と合致するものであるのか波紋を呼んだ。

アメリカがテロを「新しい戦争」と呼んだ背景には、テロリストの国際法上の地位の問題がある。テロを新たな国際法上の戦争形態に加えないと「民間人を装う便衣兵による民間人を狙った戦闘スタイル」を容認することになる。テロを戦争と認定できればテロリストから交戦者資格(捕虜として軍事裁判を受ける権利を持つ)を剥奪できることになる[9]

犯罪というにはテロの有する破壊力があまりに大きく、国家の存亡をも揺るがす安全保障上のテーマとしても認識されたからに他ならない。そして、テロには通常の犯罪と異なり、その動機がきわめて政治性、宗教性のあるものであるということも、通常の犯罪とは区別して考えられるところであり、単純に犯罪の一カテゴリーとしてとらえることは適切ではないということができる。このようにテロの概念規定を困難にさせているものは、テロという事象及びその特徴がきわめて複合性を有するものであるからに他ならない。政治的・宗教的目的の達成手段としてのテロ、犯罪としてのテロ、そして災害としてのテロ(テロ災害)というように、テロという概念は複数の要件が重複していることで成立しているのである。

定義[編集]

テロリズムの定義に関しては、テロリズムの研究者の学術的な定義や各国政府の行政機関による定義付けをしているケースもあるが、その定義自体が政治的意味合いを含むため、様々な論争がある[† 1]。たとえばアメリカ合衆国国務省が折に触れて発表する「テロ組織」の指定要件の一つに「その組織の活動は、合衆国国民の安全あるいは合衆国の国家安全保障(国防、国際関係、経済的利害関係)を脅かすものでなければならない」という文言がある[† 2]

日本の国内法においては「政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、または社会に不安若しくは恐怖を与える目的で多数の人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊する行為」(自衛隊法81条の2第1項)など複数の文言がある(基準策定の動き参照)。

定義が各国毎に異なるうえに、国家が引き起こした暴力行為はテロと呼ばれずに軍事作戦や諜報活動等の呼称で呼ばれるため基準の曖昧さが常に指摘されている。特に暗殺行為など、直接人命を奪う行為は国家や情報機関員、またその手先[† 3]が実行したことであっても単なるテロとの指摘が強いが、外交上の摩擦を避けるためにテロと指摘しない。たとえば、独立戦争・闘争を闘う人々は地元から見れば解放戦士、しかし中央政府から見れば分離主義者のテロリストである。アフリカ民族会議を率いて有色人種解放と民族融和を果たしたネルソン・マンデラは今でこそノーベル賞受賞の平和運動家だが、南アフリカで政権を執っていたピーター・ボタから見れば政府と隔離政策に逆らうテロリスト・危険人物だった。

基準策定の動き[編集]

世界的にテロの頻発している現状の下、各国の政府においてテロ対策は重要な課題となっている。しかし、テロの定義を欠いたままでは、有効的なテロ対策を行うことができないため、国際法的にも各国の国内法的にも、まず「テロとは何か」という定義や基準を明確に規定することが不可欠となっているのである。

日本での規定[編集]

日本政府は法令などでテロリズムに関連する認識や規定を表明しており、以下において紹介する。

法令[編集]

公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金の提供等の処罰に関する法律 第1条

この法律において「公衆等脅迫目的の犯罪行為」とは、公衆又は国若しくは地方公共団体若しくは外国政府等(外国の政府若しくは地方公共団体又は条約その他の国際約束により設立された国際機関をいう。)を脅迫する目的をもって行われる犯罪行為であって、次の各号のいずれかに該当するものをいう。

一 人を殺害し、若しくは凶器の使用その他人の身体に重大な危害を及ぼす方法によりその身体を傷害し、又は人を略取し、若しくは誘拐し、若しくは人質にする行為

イ 航行中の航空機を墜落させ、転覆させ、若しくは覆没させ、又はその航行に危険を生じさせる行為
ロ 航行中の船舶を沈没させ、若しくは転覆させ、又はその航行に危険を生じさせる行為
ハ 暴行若しくは脅迫を用い、又はその他の方法により人を抵抗不能の状態に陥れて、航行中の航空機若しくは船舶を強取し、又はほしいままにその運航を支配する行為
ニ 爆発物を爆発させ、放火し、又はその他の方法により、航空機若しくは船舶を破壊し、その他これに重大な損傷を与える行為

三 爆発物を爆発させ、放火し、又はその他次に掲げるものに重大な危害を及ぼす方法により、これを破壊し、その他これに重大な損傷を与える行為

イ 電車、自動車その他の人若しくは物の運送に用いる車両であって、公用若しくは公衆の利用に供するもの又はその運行の用に供する施設
ロ 道路、公園、駅その他の公衆の利用に供する施設
ハ 電気若しくはガスを供給するための施設、水道施設若しくは下水道施設又は電気通信を行うための施設であって、公用又は公衆の利用に供するもの
ニ 石油、可燃性天然ガス、石炭又は核燃料である物質若しくはその原料となる物質を生産し、精製その他の燃料とするための処理をし、輸送し、又は貯蔵するための施設
ホ 建造物(イからニまでに該当するものを除く。)
警察庁組織令 第39条

国際テロリズム対策課においては、次の事務をつかさどる。

1 外国人又はその活動の本拠が外国に在る日本人によるテロリズム(広く恐怖又は不安を抱かせることによりその目的を達成することを意図して行われる政治上その他の主義主張に基づく暴力主義的破壊活動をいう。) に関する警備情報の収集、整理その他これらの活動に関する警備情報に関すること。

自衛隊法 第81条の2第1項

内閣総理大臣は、本邦内にある次に掲げる施設又は施設及び区域において、政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で多数の人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊する行為が行われるおそれがあり、かつ、その被害を防止するため特別の必要があると認める場合には、当該施設又は施設及び区域の警護のため部隊等の出動を命ずることができる。

一 自衛隊の施設

二 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定第二条第一項の施設及び区域(同協定第二十五条の合同委員会において自衛隊の部隊等が警護を行うこととされたものに限る。)

特定秘密保護法 第12条2項

一 特定有害活動(公になっていない情報のうちその漏えいが我が国の安全保障に支障を与えるおそれがあるものを取得するための活動、核兵器、軍用の化学製剤若しくは細菌製剤若しくはこれらの散布のための装置若しくはこれらを運搬することができるロケット若しくは無人航空機又はこれらの開発、製造、使用若しくは貯蔵のために用いられるおそれが特に大きいと認められる物を輸出し、又は輸入するための活動その他の活動であって、外国の利益を図る目的で行われ、かつ、我が国及び国民の安全を著しく害し、又は害するおそれのあるものをいう。別表第三号において同じ。)及びテロリズム(政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動をいう。同表第四号において同じ。)との関係に関する事項(評価対象者の家族(配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。以下この号において同じ。)、父母、子及び兄弟姉妹並びにこれらの者以外の配偶者の父母及び子をいう。以下この号において同じ。)及び同居人(家族を除く。)の氏名、生年月日、国籍(過去に有していた国籍を含む。)及び住所を含む。)

国会[編集]

北朝鮮による日本人拉致問題
2001年より北朝鮮による拉致被害者家族連絡会北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会が「拉致はテロ」の表現を使用し[10][11]、2003年6月の衆議院本会議で小泉純一郎首相が「普通には、テロと言えると思います」と答弁した[12]。2007年12月には衆議院の拉致問題委員会で「拉致はテロであり、拉致被害者が抑留され続けている以上、テロは今も続いている」として、アメリカ合衆国政府による北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除に反対する決議案を、日本共産党を除く賛成多数で決議した[13]。しかし秘密裏に行われた拉致を政府は当初は「テロ」と呼んでおらず、この表現には議論も存在する[14][15][16]

テロ解決のための方策[編集]

不特定多数の世論を人質としたテロ(無差別テロ)が有効に機能するためには3つの条件が必要である[17]

  1. 十分な破壊力を持つ武器が入手可能であること。
  2. 世論に働きかけるための十分なコミュニケーション手段が確保できること。
  3. 国家主体が世論(支持)の変化に敏感かつ脆弱であること。

テロとは、地位と力の両面で劣位な主体が優位な主体に要求を拒否され続けている場合の対抗の一つで、「人質」を交渉資源として交渉を進めようとする状況を示している。民主主義国家とテロリズムの対話はステイタスにおいて拒否されるが「人質」解放のためには不可欠であり矛盾している。そのため国家が積極的なテロ対策をとった場合にしばしば民主主義が制約を受ける[17]。特にタカ派は「テロリストとは交渉せず」の姿勢を貫くが、これは目の前の問題(誘拐や篭城など)を解決は出来てもテロ活動の沈静化には繋がらない。

日本では警察当局により極左暴力集団及び右翼団体による「テロ、ゲリラ」事件の未然防圧と各種違法事案の取締りを推進している[18]。また財務省は国際テロ資金の凍結に関する国連安保理決議に基づき資産凍結措置を実施している[19]

アメリカのテロへのアプローチは刑罰法のレトリックに接近している。対テロ戦争の目的はテロリストの組織網を途絶させ、裁判法廷へ犯罪人を連れ出すことである[20]

方策については専門家ごと、立場ごとに見解がそれなりに分かれているが、例を挙げれば以下のようなものがある。

  • テロリストに利益を与えない(ゲームの手段としての無効性を立証し続ける)
  • テロリストを特定し、監視・管理・排除する(テロリスト(個人・集団・組織)を特定し、行動を監視・管理し、あるいは排除する)
  • 被害の拡大を最小限度に管理する(物理力(武具)を管理・監視する、危機管理区域を設定し、テロリストの接近を排除する)
  • 政治プロセス(合意プロセス)を改善し対話を促す(論争を仕掛ける、論争を奨励する)
  • 絶望や復讐の感情の原因を解消する(テロの実行犯(被害者)を減らす)
  • テロの被害を早急に回復し、かつ被害者・遺族の報復感情を政治が吸収する(テロの連環を放棄させる)

全ての政府政権行政)が自国民市民に対して必要最低限度の生活レベルを保証できれば、経済を背景としたテロは発生しづらい。しかし、アメリカ同時多発テロ首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンが中東有数の資産家であり、その実行者のほとんどが中産階級出身の比較的恵まれた階層であったことからも容易に理解できるように、いわゆる「貧困問題」とテロ問題の関連は実は大きくない。むしろ自らを犠牲にしても公憤を完結させるといった思想的背景(義憤・志願兵 (voluntary))や傾向、あるいはそれにつけこんだ狂信的思想の問題が重要である。

個人的な絶望や思索によって得られたある種の確信、領土や民族、宗教を背景としたテロは減らしにくい。各政府が、宗教や憲法に規定される信者や国民への義務を誠実に履行すればテロが発生しないとする意見も一部ある。ただし信仰や憲法の内容については各宗派や国によって大きな隔りがある。たとえば共通のコードとして市民的及び政治的権利に関する国際規約などがこれに代わり得る可能性がある。

国家の自己正当化としてのテロリズム対策[編集]

テロリズム対策の種類

多大な被害を出しうるテロリズムに対して、現在、世界はおおむね反対の論調を共有している。それゆえテロリズムの排除・撲滅はその実体はともかく主張としては反対されることが少なく、この主張を大義名分として行動する場合、他者(多くの場合他国政府)の介入を招きにくい。様々な国で自国内外のテロリストとの対決が見られる。

こうしたテロリズムとの対決は、アンチテロリズムやカウンターテロリズムの観点から批判を受けにくいが「テロリズム」の語が各国政府によって恣意的に運用され、反体制派の弾圧の理由としてテロリズム対策が用いられているという批判が起こることがある。反政府運動や分離独立運動などは暴力と結びつくことが少なくない。実力行使が伴わなくともテロリズム対策が示威行動として利用されることがある。

公務執行型テロリズム[編集]

公務執行型テロリズムが過剰暴力や非合法活動の正当化に使われている(テロ撲滅のためには多少の付随的な犠牲が出るのはやむを得ないという主張)との批判もある。具体的には公務執行型テロリズムに伴う一般市民への誤射・誤爆などである。

またパレスチナ問題におけるイスラエル軍の攻撃、北部イラク・クルド人自治区クルド人へのトルコの攻撃、バスク地方及びETAへのスペインの態度、チェチェン共和国独立派へのロシアの態度、北アイルランド問題もカウンターテロリズムを用いた過剰暴力の正当化、もしくはカウンターテロリズムを大義名分にした体制側テロリズム・公務執行型テロリズムの例とされることがある[† 4]

逆に、体制を攻撃するテロリスト側が、良心的・人道的な国際世論を利用し、自身の正当化を図るケースもある。「体制側の『テロリスト』というレッテル張りによって、我々は不当に弾圧されている。」という論理である。一般に複数の組織が政治的に敵対関係にある場合、自身の正当化や政治宣伝はどちらの側からもおこなわれる。

レッテル[編集]

一般的に、テロリズムは「非難される行為」と位置づけられる。また同時に、テロリズムは「周知されることで恐怖心を呼び起こすもの」である。この点において狭義の意味での暗殺とは異なる。直接の攻撃対象以外である大衆を操作・支配する目的で無差別に、あるいは象徴的な人物を攻撃する手段は、強い道徳的・倫理的非難の対象となる。

そのため、「テロリズム」という言葉の持つ、強い反道徳性・反倫理性を活用するかたちで、「自らとは異なる立場に立つ者のアピールや実力行使」に対して、「それはテロリズムである」というレッテル(ラベル)を貼るという方法で、非難を行うという方法論・戦術がある(プロパガンダ)。この非難の対象とされるものには、しばしば政治的アピールや非暴力直接行動などが含まれる。歴史的にも労働運動マハトマ・ガンディーの非暴力不服従運動をイギリス政府はテロリズムと位置づけた。

しかしながら、ある行動が、利害が対立する者からの「テロリズム呼ばわり」に基づいてテロリズムになるわけではない。利害対立者の行動をテロリズム呼ばわりするというのは、単に言語上の修辞(レトリック)である可能性があり、その行動がテロリズムに分類されるべきものであるかどうかを決定するものではないということには注意する必要がある。しばしば「利害対立者からのテロリズム呼ばわり」は、テロリズム呼ばわりした者とテロリズム呼ばわりされた者との不仲の存在証明にすぎない。

サイバーテロリズム[編集]

近年におけるインターネット社会の発展と共に、情報化社会によって、特に製造・運輸通信金融のにおいて、社会の主要分野に於ける電子データ化が進んでいる。しかし、インターネット社会が発展するのと同時に増加しているのが、サイバーテロである。一度サイバーテロが発生した場合、直接的な人的被害は無いものの、電子データ化されたデータを盗用・破壊・改竄された場合、攻撃を受けた側の経済的な損失は計り知れない。特に私設取引システムなど他業種よりも電子化が進む金融業界関連に向けて攻撃がなされた場合、社会全体の混乱も懸念されている。サイバーテロの項目に詳しいが、民族感情やテロ目的のものが多い。


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ノーム・チョムスキーによれば、アメリカの公式文書によるテロリズムの定義に従えば、「アメリカが1985年にベイルートで1人の聖職者を暗殺すべくモスクの外にトラックに仕掛けた爆弾を設置し、80名を殺し、250名に怪我を負わせた」行為や「アメリカが1980年代にニカラグアを攻撃し壊滅状態に陥れた」のは間違いなくテロである、と主張している。(2001年12月2日付毎日新聞)(直接の引用: 波多野祐造「国際政治における「危機」(Crisis)の概念 : 国際テロに関する一考察」、『白鴎大学論集』第16巻第2号、白鴎大学、2002年3月、 1-16頁、 NAID 110001164481
  2. ^ 海外テロ組織
    マデレーン・オルブライト国務長官による指定、1999年10月8日対テロ調整事務所発表
    指定のための3つの条件
    1. その組織は外国になければならない。
    2. その組織は、移民国際法第212条(a)(3)(B)に定義されているテロ活動に携わっていなければならない。
    3. その組織の活動は、合衆国国民の安全あるいは合衆国の国家安全保障(国防、国際関係、経済的利害関係)を脅かすものでなければならない。
    http://hanran.tripod.com/terro/fto_1999.html
  3. ^ 一般に国家情報機関は、累が自分に及ぶのを避けるために、一見全く無関係な人間を買収してその目的の為に使う。
  4. ^ イスラエルの人権団体「ベツェレム」の調査では、2006年中のパレスチナとイスラエルの犠牲者数の比率は660:23。パトリック・オコナーによると、2000年以来の累計では39:10であった。このような調査結果から、「イスラエルの武力行使は過剰で非人道的である」という批判がなされる

出典[編集]

  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.1844 「テロリズム」
  2. ^ 広辞苑 第五版 p.1844「テロル」
  3. ^ この中核概念については、テロ対策を考える会『[テロ対策]入門』(亜紀書房、2006年)19項で述べられたものである。
  4. ^ 里渡龍己『テロリズムとは何か』(文藝春秋、平成13年)50項
  5. ^ ジャン・フランソワ・ゲイロー、デイヴィッド・セナ著、私市正年訳『テロリズム 歴史・類型・対策法』(平河工業社、2008年)10項
  6. ^ 特集:9・11テロから10年 戦いの終わり見えず毎日jp
  7. ^ 米同時多発テロから10年「ホームグロウン・テロ」という新たな脅威が誕生しています。FNNニュースネットワーク
  8. ^ 「アナーキストのテロに揺れた世紀末」リック・コールサート ル・モンド・ディプロマティーク
  9. ^ 野口裕之の安全保障読本」 産経新聞2011年5月9日
  10. ^ 西岡力 『北朝鮮の「核」「拉致」は解決できる』 PHP研究所、2006年12月、73頁。ISBN 978-4-569-65631-1 
  11. ^ 拉致はテロだ! 北朝鮮に拉致された日本人・家族を救出するぞ! 参加レポート集 匿名掲示板「拉致事件を考える掲示板」
  12. ^ 第156回 国会 本会議議事録
  13. ^ 第168回国会 衆議院 拉致問題委員会決議 - 米国の「北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除」の動きに反対する決議
  14. ^ 拉致のテロ認定、法的には難しい 外相、家族会と面会
  15. ^ 渡部昇一新田均『日本を貶める人々: 「愛国の徒」を装う「売国の輩」を撃つ』p39
  16. ^ 石原慎太郎『東京の窓から世界を』p59
  17. ^ a b 富田与「テロリズムに関する「人質モデル」について」、『四日市大学論集』第18巻第1号、四日市大学、2005年9月1日、 147-175頁、 NAID 110004622688
  18. ^ 「警察白書のあらまし―官報資料版 平成16年1月14日―」
  19. ^ 財務省[リンク切れ]
  20. ^ アメリカにおけるテロリズム対応の論理 土井靖美(憲法論叢)P.43
  21. ^ テロリズムとその対策―国際社会の取組み (PDF) (清水隆雄 『外国の立法』III テロリズム対策 1 アンチテロリズムとカウンターテロリズム 国立国会図書館調査及び立法考査局 2006.5)

参考文献[編集]

  • チャールズ・タウンゼンド著、宮坂直史訳『テロリズム』岩波書店、2003年
  • ジャン・フランソワ・ゲイロー、デイヴィッド・セナ著、私市正年訳『テロリズム 歴史・類型・対策法』平河工業社、2008年
  • 宮坂直史『国際テロリズム論』芦書房、2005年
  • 東海大学平和戦略研究所編「テロリズム」(2001年)
  • 布施哲、FuseSatoshi「テロルの構造 (恐怖を読み解く - 日々の生活から国際政治まで -)」、『言語文化研究叢書』第6巻、名古屋大学大学院国際言語文化研究科、2007年、 155-177頁、 NAID 120000974788
  • "What is ‘Terrorism’? Problems of Legal Definition(「テロ」とは何なのか? ―法的定義の問題―)" (2004) 27 University of New South Wales Law Journal 270.
  • Y. Alexander, and M. F. Seymour, eds. 1978. Terrorism: Interdisciplinary perspectives. Maidenhead: McGraw-Hill.
  • J. B. Bell, 1978. A time of terror. How democratic societies respond to revolutionary violence. New York: Basic Books.
  • D. Carlton, and C. Schaerf, eds. 1981. Contemporary terror: Studies in sub state violence. London: Macmillan.
  • R. S. Cline and Y. Alexander. 1986. Terrorism as state-sponsored covert warfare. Fairfax, Va.: HERO Books.
  • J. D. Douglass and N. C. Livingstone. 1987. America the vulnerable: The threat of chemical and biological warfare. Lexington, Mass.: Lexington Books.
  • R. B. Farrell, 1986. Responding to terrorims: conventions and commentary. Charlottesvill, Va.: Mitchite.
  • R. H. Kupperman, 1983. Tecnological advances and consequent dangers: Grouwing threats to civilization. Washington, D.C.: Center for Strategic and International Studies.
  • A. B. Krueger, 2007. What makes a terrorist. Princeton Univ. Press.
    • アラン・B・クルーガー著、藪下史郎訳『テロの経済学』東洋経済新報社、2008年
  • P. Leventhal and Y. Alexander, eds. 1987. Preventing nuclear terrorism. Lexington, Mass.: Lexington Books.
  • G. M. Levitt, 1988. Democracies against terror. New York: Praeger.
  • R. B. Lillich, ed. 1982. Transnational terrorism: conventions and community. Charlottesville, Va.: Mitchie.
  • N. C. Livingstone and T. E. Arnold, eds. 1986. Fighting back: Winning the war against terrorism. Lexington: Heath.
  • N. C. Livingtone and A. E. Terrell, eds. 1988. Beyond the Iran-Contra crisis. Lexington, Mass.: Lexington Books.
  • E. Marks and D. Van Opstal. 1986. Combating terrorism: A matter of leverage. Washington, D.C.: Center for Strategic and International Studies.
  • D. C. Martine and J. Walcott. 1988. Best laid plans: The inside story of America's war against terrorism. New York: Haper and Row.
  • O. Revell, 1988. Terrorism: A law enforcement perspective. Washington, D.C.: U.S. Department of Justice, Federal Bureau of Investigation.
  • J. P. Terry, 1980. State terrorism: A juridical analysis. Journal of Palestine Studies 10:94-117.
  • J. P. Terry, 1982. The Iranian hostate crisis: International law and U.S. policy. JAG Journal 32-31-79.
  • J. P. Terry, 1986. countering state sponsored terrosim: A law policy analysis. Naval Law Review 36:159-86.
  • J. P. Terry, 1986. An appraisal of lawful military response to state-sponsored terrorism. Naval War College Review 39:59-68.
  • R. H. Wilcox and P. J. Garrity, eds. 1983. America's hidden vulnerabilities: Crisis management in a society of networks. Washington, D.C.: Center for Strategic and International Studies.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]