諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

諜報活動(ちょうほうかつどう)とは、政治治安経済軍事上の目的などのために、相手国や対象組織の情報を収集する活動である。特に非合法的手段による情報収集をスパイ活動(Espionage)という[要出典]

概要[編集]

諜報とは「謀:はかりごと」に関わる情報をあつかう作業であり、狭義には情報収集を意味するが、広義には分析、評価、資料作成などの活動が含まれる。もっとも、日本では、戦後、長らくタブー視されてきたせいで、「諜報」活動の範囲に関する普遍的な定義が存在しているとは言い難い。

諜報は、アメリカイギリスなどで用いられているインテリジェンス(intelligence、知性や情報の意)という言葉に近い意味合いを持っていると考えられる。インテリジェンス(intelligence)とは、行間(inter)を読む(lego)という意味である[1]。インテリジェンスについて、戦前の日本陸軍参謀本部は「秘密戦」と呼び、「諜報(密かに情報を収集する)」「防諜(スパイの摘発などの情報防衛)」「宣伝(自らが有利に立つ情報を流す)」「謀略(相手につかませた情報により自らに有利な状態をつくる)」の4分類を行っていた。このなかで積極的に情報を収集・分析・評価等する活動が諜報である。

諜報活動は、主に情報機関(インテリジェンス機関、日本語だと場合により諜報機関とも呼ばれる)の職員やその協力者などが行い、用いる手段によりいくつかに分類される。新聞テレビなどで一般的に公開されている情報の収集や整理、分析・評価も情報機関の重要な活動の一つで、秘密・非合法活動による情報の収集が全てではない。また暗号の開発や読解(開錠)などに最高レベルの知性(インテリジェンス)が投入されることも珍しくない。スパイの摘発や、暗殺破壊工作などの謀略活動などは「諜報」とは区分して考えることが多い(摘発は司法官憲が行ない、謀略活動のうち物理的な破壊活動は軍特殊部隊、若しくは関係を知られるのを防ぐため諜報機関に雇われた一見無関係な一般人が行う)。もっとも、この種の活動に関する日本語における仕分けについは、前述のとおり普遍的な定義が存在しているわけではなく、識者の見解や「諜報」という言葉が登場する文脈に応じて適宜判断していくしかない。 また不法な活動が発覚してしまった場合には政府関係者が関与していてもその内容については知らぬ存ぜぬを貫くのが普通である。

インテリジェンスは当該国家やコミュニティが保持する知性の質を具体的に反映する。第二次世界大戦におけるアメリカが持つ対数表の精度は世界最高水準であり、これが射撃精度や原子爆弾製造(マンハッタン計画)に影響を与えた。またエニグマなどの暗号解析技術には当時の世界で第一級の知性(インテリジェンス)が投入された。

現在も各国大使館のインテリジェンス機関からの出向者や駐在武官は、合法的な諜報活動を行っている。合法的な諜報活動にとどまっている限りは犯罪ではなく、警察のような法執行機関は手を出せないが、他方で、各国はカウンターインテリジェンス機能を有する組織(日本の場合だと公安調査庁や警察の公安部局)がその種の諜報活動従事者をマークしており、一線を超えた場合にはペルソナ・ノン・グラータが発動され、駐在国から退去を求められることになる。

情報収集の手段[編集]

以下のような手段を用いて情報資料(インフォメーション)を収集し、それらを分析することで指導者が判断を下すために役立つ情報(インテリジェンス)を生産する。情報収集には決して非合法な手段ばかりが用いられるわけではなく、メディアを観察したり識者に話を聞くなど、ジャーナリストや学者などが日常的に用いている手法も多い。

公開資料[編集]

新聞や雑誌、テレビといったメディアの報道を継続的にチェックしたり、書籍を集めて読み込み内容を分析する事で情報を得る手法。英語では「オシント」(OSINT:Open sourse intelligence)と呼ばれる。基本的に、諜報活動の9割以上は公開情報の調査や分析に当てられるとされる[2]

人間[編集]

人間を介した情報収集の方法。識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。英語では「ヒューミント」(HUMINT:Human intelligence)と呼ぶ。協力者獲得のために色仕掛けによるハニートラップのような手法が用いられることもある。

画像[編集]

偵察衛星偵察機によって撮影された画像を継続的に分析する事で情報を得る手法。英語では「イミント」(IMINT:Imagery intelligence)、「イマジント」(IMAGINT)と呼ぶ。写真撮影による情報収集を「フォトミント」と呼ぶこともあるという。

電波、電子信号[編集]

通信や電子信号を傍受する事で情報を得る方法。英語では「シギント」(SIGINT:Signals intelligence)とも呼ばれる。旧日本軍では「特殊情報」と呼ばれた。

シギントの中には、電話や無線、インターネットなどの通信を傍受して 暗号解読(本文が分らなくとも交信(トラフィック)解析だけで手がかりになり得る)を行う「コミント」(COMINT:Communication intelligence)、レーダーなどから放射された信号を傍受する「エリント」(ELINT:Electronic intelligence)、水中に設置したセンサーソナーなどを使って潜水艦などが発する音を収集する「アシント」(ACINT:Acoustic intelligence)、テレメトリー、ビーコン信号等からの情報収集を行う「フィシント」(FISINT:Foreign instrumentation signals intelligence)などがある。

このほか通信傍受とは少し異なるが、郵便を検閲するのも一般的な情報収集手段である。

化学[編集]

赤外線や放射能、空気中の核物質といった科学的な変化をとらえる事で情報を収集する方法。英語で「マジント」(MASINT:Measurement and Signatures intelligence)と呼ばれる。核実験の探知など、主に軍事諜報に用いられる。 以下のような手段を用いる。

  • 「ラディント」(RADINT:Rader intelligence):レーダー信号の傍受を行う
  • 周波数情報(Frequency―):核爆発や、エンジンの周波数から得られる情報の収集
  • E-O情報(E-O―):紫外線、可視光線、赤外線から得られる情報の収集
  • 地球物理学情報(Geophysical―):地震、大気の振動、磁場の変化等から得られる情報の収集
  • ヌシント(NUCINT:Nuclear intelligence):放射線から得られる情報の収集(異常増加で原子力施設の事故や核実験などが探知出来る)
  • 物質情報(Materials―):化学物質の分析から得られる情報の収集

装備の研究[編集]

外国軍の装備を研究し、使われている技術や弱点などを見つけ出す手法。英語では「テキント」(TECHINT:Technical intelligence)と呼ばれる。

他機関との協力[編集]

利害関係を同じくするインテリジェンス機関が相互に協力すること[3]。英語では「コリント」(COLLINT:Collective intelligence)と呼ばれる。友好国のあいだでは相互に「リエゾン」と呼ばれる連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行っている。

日本の情報機関と主に用いる手段[編集]

破壊活動防止法第四条には、有線通信または無線通信による破壊活動も規定されているところ、かつては通信傍受(コミント)も行われていたとの指摘もあるが、現在は情報収集のための直接の手法としては用いられていないとされる。[4]

  • 警察庁警備局(ヒューミント、オシント、カウンターインテリジェンス)

麻薬取引などの組織犯罪については、通信傍受(コミント)も可能とされるが、あくまで犯罪捜査の目的という極めて限定的な範囲で認められているに過ぎず、インテリジェンス機関としての運用は認められていない。

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤優『インテリジェンス人間論』新潮社、2007年12月
  2. ^ “首相動静「知る権利を超えている」小池元防衛相の発言をどう見るか”. THE PAGE. (2013年10月30日). http://thepage.jp/detail/20131030-00000002-wordleaf 2013年11月23日閲覧。 
  3. ^ 佐藤優【佐藤優の眼光紙背】サイバー攻撃に関するコリント[協力諜報]を強化せよ 2011年09月21日16時31分 / 提供:眼光紙背
  4. ^ アジア放送研究会 『陸軍暗号機関の中佐がトップ 極秘に存在した公安調査庁の電波傍受機関』「アジア放送研究月報」、発行年不明

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Kent, S. 1949. Strategic intelligence for American world policy. Princeton, N.J.: Princeton Univ. Press.
  • Kennedy, W. V. 1983. The intelligence war. Salamander Books.
    • ケネディ著、落合信彦訳『諜報戦争 21世紀 生存の条件』光文社、1985年
  • Maurer, A., M. Tunstall, and J. Keagle. 1985. Intelligence: Policy and process. Boulder, Colo.: Westview Press.
  • Orlov, A. 1963. Handbook of intelligence and guerrilla warfare. Ann Arbor: Univ. of Michigan Press.
  • Robertson, K., ed. 1987. British and American approaches to intelligence. London: Macmillan.
  • Treverton, G. 1988. Covert action: The limits of intervention in the postwar world. New York: Basic Books.
  • Turner, S. 1985. Secrecy and democracy: The CIA in trasition. New York: Harper and Row.
  • Department of the Army. 2004. Field Manual 2-0: Intelligence. Washington, D.C.: Governmental Printing Office.
  • 『国際法の周辺的諸問題』 "平和時に於けるスパイ活動の国際法的側面" (松隈清著 八幡大学法経学会 1972年)
  • 鄭宇欽,間的藝術_情報佈建基本要領 [1]
  • 鄭宇欽,文化: 情蒐與研析的新趨勢 [2]