対症療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対症療法(たいしょうりょうほう)とは、表面的な症状の消失あるいは緩和を主目的とする治療法。姑息的療法とも呼ばれる[1]。転じて、医学以外の分野において「根本的な対策とは離れて、表面に表れた状況に対応して物事を処理すること[1]」という意味で用いられることがある。「対処療法」と表記するのは間違いである。対症療法に対して、症状の原因そのものを制御する治療法を原因療法という。

病気そのものを治療するには、原因療法や自然治癒力の助けが必要である。また、疾患の多くは直接の原因と複数の遠因が重なりあって起こるため、原因療法と対症療法の区別は相対的なものである。

対症療法の目的[編集]

具体例[編集]

例えば、胃痛を訴える患者に対し、痛み止めだけを服用させるのは典型的な対症療法である。一般に、何らかの痛みを訴える患者に対し、薬物やレーザーなどで神経系を抑制したり遮断することで痛みを制御する治療法はすべて対症療法である。他にも、風邪をひいた時に、咽頭痛に対して鎮痛薬、発熱に対して解熱薬、咳に対して鎮咳薬を服用するのも対症療法の一例である。

アトピー性皮膚炎では、根本原因である免疫の異常に対する原因療法は未だ確立されていない。従ってステロイド外用薬抗ヒスタミン薬により炎症を抑える対症療法が行われる。これにより湿疹痒み→掻きむしり→湿疹という悪循環を断つことができるため、症状を抑えることが部分的には原因療法にもなっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル大辞泉『対症療法』 - コトバンク

参考文献[編集]

外部リンク[編集]