姑息的治療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

姑息的治療(こそくてきちりょう)とは対象とする疾患の根治を目指す治療以外の全ての医療行為を指す。

「姑息的」という言葉自体が「一時的な」という意味であり、医学的資料・文献中や医療現場、医学生等の教育の場では通常用いられる言葉であるが、「ずるい」「卑怯な」という意味に誤解されることが多いため、医療者から患者に対し「姑息的治療」の説明がある場合は注意する必要がある。

概説[編集]

主に患者の苦痛の軽減や、一時的な症状改善などの目的で行われる治療のことである。

例えば、風邪の咳、発熱などの症状に対して、解熱、咳止めなどの目的で総合感冒薬処方することが最も一般的に行なわれる姑息的治療である。

重症患者のケースでは根治的治療に入る前の下準備として適用される。姑息的治療によって生命が危ぶまれる状態から脱することを狙う。また、全身状態を改善させることで自己治癒力を回復させ、結果として疾患の改善に繋げることを狙いとする場合もあり、姑息的治療をきっかけに(うまく自己治癒力が回復すれば、その自己治癒力により)原疾患が完治に至るケースも存在する。

また、ホスピスなどの終末期医療における患者の苦痛軽減を目的とした医療行為も姑息的治療に含まれる。例えば、末期癌患者に対するモルヒネの投与などである。

姑息的治療の例[編集]

姑息手術
主に疼痛等の症状を低減する目的で行われる、根治を目的としない手術の全て。
風邪症候群に対する内服処方
解熱、咳止めなどの症状改善を目的とする。一方、風邪症候群に対する「根治的治療」にあたるのは、原因菌を特定した上で、効果のある抗生物質を処方することである。

関連項目[編集]