政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

政府(せいふ、: government, : Rectio)とは、

アメリカやイギリスなどの英米法系の国家では広義の意味で、日本やドイツなどの大陸法系の国家では狭義の意味で、用いられる(ことが多い)語である[2]

OEDでは「オーソリティ権威)をともないカントリーステート(国家)を 統治している人々の集団」[3]との定義文を挙げている。

なお、マルクス主義の立場からは、政府は「支配階級の政治委員会」と位置付けられる。

「政府」というのは、比較政治学および国際関係論において政治を研究するためには、特に重要な概念である。

明治時代以降、日本政府の関係者などが「政府」という語を使う場合は日本政府を指す言葉としても使用されている。[4][注 1]

分類と形態[編集]

分類の困難

あらかじめ断っておかなければならないことがある。 政治学において、政治組織の分類体系を作るということは、長きにわたってゴールであった(叶わない夢のようなものだった、という意味)。というのは、政治システムというのは(多様で曖昧なものであって)明確なものではなかったからである[5]

これが分かるようにもう少し具体的な例を織りまぜて説明する。すべての政府は形式的な形態をとるため、「アメリカ合衆国は連邦共和制国家で、かつてのソビエト連邦は社会主義共和制国家である」と説明できるように、政府の形態を同定することは一見すると容易に思われる。しかし、自己による同定(自称)では客観的とは言えないため、政府の形態、ひいては政体の定義にあたっては油断がならない[6]。例えば、選挙は民主主義の特徴だなどと定義されるが、旧ソ連で行われていた実際の選挙は "自由かつ公正" ではなく、一党制の下に実施された。このように、多くの実際的な分類においては、選挙は民主的とは見なされ難い。

さらに理解を難しくしている背景には、社会経済的な運動として莫大な数の政治体系が考案され、それらを掲げる特定の政党によりそれらの運動が実行に移されてきたことがある。これらの政権と共にある経験と、個々の形態を伴う政府に対して、政党が持つ強い結束によって、それらが政府それ自体の形態と見なされる要因となり得る。

分類の例

つまり、本当は簡単にすっきりと分類できる性質のものではない、と理解したうえで以下を読む必要がある。 上述のように政府を、様々な基準に基づいて分類しようとする試みは行われており、この節ではその代表的な例を示す。

政府が成立する上で結びつく、国家等の地域的様態による種別[要出典]:

行政府としての「政府」に対して、立法府議会)が有する権限の割合(権力分立)の大小による種別[要出典]:

議院内閣制国家の行政府の場合の、内閣に参与する議員(首相閣僚等)の属する政党(政権与党)の様態による(細かい)分類:

  • 一党独裁制(単一の政党あるいはそれに準ずる)
  • 少数党政府英語版(議会では少数派であるが、多数の議員に支持された政党あるいは政治集団が政権を握る)
  • 翼賛政治体制(議会を占めるすべての政党および議員が政権に集中する)
  • 連立政府(単独では絶対多数を占めることができない、2つないしそれ以上の複数の政党が政権を握る)

  • 独裁憲法が有効に機能せず、独りの者あるいは小さなグループが絶対的な権力を持つ政府)[7]

憲法と政府の関係[編集]

個々の法律というのは、立法府によって作られ、政府によって統治される側の人々(国民、州民、県民 等々)の行動を縛ることになるわけであるが、それに対して憲法は、おおまかに言うと、政府のほうの行動を縛り、政府の暴走を防止する機能を荷っている。

一般に政府というのは、その時々、政府をになうことになった人々の性質次第で、良い結果を生むこともあれば、逆に悪い結果も生むことがあるものである。よって、政府の行動にもあらかじめルールを定めておかないといけないことになる。憲法は、政府に守るべきルールを与えるという役目があり、憲法は、政府から国民を守り、国民の福祉や幸福を守る機能を持っている。

冒頭の政府の定義文に「オーソリティ 権威を伴って」とあるが、つまりある政府の存在が承認されるのは無条件というわけではなく、あくまで条件付きの話である。政府がオーソリティや正当性を持ちうるのは、あくまで憲法というルールを守っている限りにおいてであって、国民はある政府が憲法を守っている限りにおいてはそれを尊重しようと考えられるわけであるが、ある政府が憲法を守らなくなった場合はもう正当性がないので、そんな政府に従う必要はない、と考えることができるわけである。ここには、ちょうど西欧の一神教において、神との厳しい契約が想定されていて、それを守る者だけが正当に扱われる、と考えられるのと同じような関係がある [8]

一般論として言うと、ある政府が(言葉巧みに)憲法を軽視・無視したり、憲法を停止させようとするようなきざしが現れた場合は、国民の福祉や幸福には深刻な危機が忍び寄っている、と考えて良い。

このようなわけで、憲法も守らないような政府があれば、その政府は正当性もなく、また国民にとっては危険な存在なので、結局、政府を構成する人を排除したり、その人々を何らかの方法で入れ替えようとする人々が出てくることになる。

経済学における政府の機能[編集]

経済学においては[誰?]、政府の経済的役割を、公共の福祉の増大をその目的として実行する、資源配分の調整(公共財サービスの供給)、所得の再分配(累進課税社会保障)、景気の安定化、[要出典]に分類した[いつ?]

関連

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランス人は、フランス語を指す時、「国語」などと傲慢な呼び方はせず、必ずFrançaisと呼ぶ。「フランス語」と呼び、「国語」などとは呼ばない。イタリア人はイタリア語を「国語」とは呼ばず、「イタリア語」と呼ぶ。常に、他の言語がある、ということを意識しているし、他の言語と比較した場合の自分が話している言葉の特質、というものにも注意を払っているからである。自分とは背景が異なる人がいる、自分と異なる人はどのように受け取るか、ということを常に意識しており、そういう人たちのことにも配慮しているし、また自分のアイデンティティは何か、他と比較しつつ客観的に見て自分はどのような性質があるのか、ということを把握しようとしているからである。 フランス人が自国の政府を呼ぶ時はほぼ必ず「フランス政府」と呼ぶし、イタリア人も「イタリア政府」と呼ぶし、アメリカ人がアメリカ国内で自国の政府を呼ぶ時も基本的に「アメリカ政府」と特定して呼ぶのである。他の先進国でも基本的にそうである。日本人は(島国の自国に埋没してしまって、比較もせず)自分たちが話している言葉を客観視せず「国語」と呼んでしまったり、「日本政府」と呼ばずに「政府」と呼んでしまっている。まるで世界に眼が向いておらず、世界には自分たちしかいないかのような、自分たちの発言を他の人が聞くことがないかのように思う誤った前提で傲慢な発言をしたり、また、他に政府が無いかのようなおかしな語法を使ってしまっているのわけである。実は、こういう変な語法は、世界中を見回して各国語を調べてみてもあまり無い(滅多に無い)、という事実に日本人の大半が(そして日本人だけが)気づいていない。[独自研究?]
出典など
  1. ^ a b ブリタニカ百科事典【政府】
  2. ^ 広辞苑の「政府」の項目中の記述による。
  3. ^ The group of people with the authority to govern a country or state [1]
  4. ^ 草創期のそれについては、旧江戸幕府と対比する意味で、「明治政府」と呼ぶことがある。
  5. ^ In political science, it has long been a goal to create a typology or taxonomy of polities, as typologies of political systems are not obvious.(Lewellen, Ted C. Political Anthropology: An Introduction Third Edition. Praeger Publishers; 3rd edition (30 November 2003))
  6. ^ Kopstein and Lichbach (2005:4)
  7. ^ 【dictatorship】 form of government in which one person or a small group possesses absolute power without effective constitutional limitations. [2]
  8. ^ 橋爪大三郎『人間にとって法とは何か』PHP研究所、2003、第四章