国制分類 (プラトン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラトンの国制分類とは、プラトンが各対話篇で行った国制の分類。

『国家』における5分類[編集]

中期の『国家』においては、以下の5分類が提示される[1]

  • 「優秀者支配制」(アリストクラティア[2]
  • 「名誉支配制」(ティモクラティア)
  • 寡頭制」(オリガルキア)
  • 民主制」(デモクラティア)
  • 僭主独裁制」(テュランニス)

この対話篇では、プラトンは、「哲人王」によって統治された「優秀者支配制」を理想的な国制とし、他方で、下方の劣った国制に転退・堕落していく原因と様相も描写している。

『政治家』における6分類(7分類)[編集]

後期の『政治家』においては、支配者の数と法律との関係によって分けられた現実の国制として、

  • 王制」(バシリケー) - 法律に基づく単独者支配
  • 僭主制」(テュランニス) - 法律に基づかない単独者支配
  • 貴族制」(アリストクラティア[3]) - 法律に基づく少数者支配
  • 寡頭制」(オリガルキア) - 法律に基づかない少数者支配
  • 民主制」(デモクラティア) - 多数者支配(法律に基づくか否かでの区別無し)

の5つが挙げられる[4]

「民主制」(デモクラティア)は、(多数者支配であるがゆえに)法律に基づくか否かの区別があまり意味を持たないため、区別されないままだが、この対話篇内で後述される、以下のような法律の観点からの区別を持ち込めば、これは6分類となる[5]。(逆に言えば、法律の観点を除き、支配者の数のみから見た場合、この分類は3分類となる。)

法律遵奉時 法律軽視時
最良 単独者支配(王制) 多数者支配(民主制)
中間 少数者支配(貴族制) 少数者支配(寡頭制)
最悪 多数者支配(民主制) 単独者支配(僭主制)

また、中期の『国家』において理想的な国制とされた、「哲人王」によって統治された「優秀者支配制」は、この対話篇では実現が困難なものとして埒外に置かれる[6]ので、それも含めれば、7分類となる。

『法律』における分類[編集]

後期末(最後)の対話篇である『法律』では、アテナイに代表される自由な民主制と、ペルシアに代表される専制的な君主制が、その両極端ゆえに衰退・崩壊したとして、スパルタクレタのように、両方の要素を適度に併せ持った国制、言わば、

が推奨される[8]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 国家』第6巻-第9巻
  2. ^ 一般的には「貴族制」を指すが、プラトンは語義通り「優秀者」による支配の意味で用いている。
  3. ^ 『国家』においては「優秀者支配制」の意味で用いられていたが、ここでは本来の意味である「貴族制」の意味で用いられている。
  4. ^ 政治家』291D-292A
  5. ^ 『政治家』302B-303B
  6. ^ 『政治家』303B
  7. ^ 『プラトン全集13』岩波書店p830
  8. ^ 法律』第3巻693D-E,701D-E

関連項目[編集]