ハッサン・シェイク・モハムド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハッサン・シェイク・モハムド
حسن شيخ محمود
H.E. Mr Hassan Sheikh Mohamud, President of the Federal Republic of Somalia (cropped).jpg
ハッサン・シェイク・モハムド(2013年5月)

任期 2012年9月10日 –

任期 2011年4月20日 –

出生 1955年11月29日(58歳)
ソマリアの旗 イタリア信託統治領ソマリアヒラーン州ジャラクシ
政党 無所属 (2011年まで)
平和・開発党 (2011年以降)

ハッサン・シェイク・モハマドソマリ語: Xasan Sheekh Maxamuud, アラビア語: الشيخ حسن محمود, ラテン文字転写: Hassan Sheikh Mohamud, 1955年11月29日 - )は、ソマリアの政治家。2012年9月10日にソマリアの大統領に選出された。前職はソマリアの大学教授・学部長[1]。既婚であり、子供もいる[2]ソマリ語の他、英語も話せる[3]

経歴[編集]

ソマリア内戦まで[編集]

1955年、ソマリアヒラーン州英語版の小さな農村ジャラクシ英語版に生まれた[4]。出身氏族はハウィエアブガール英語版支族[5]。基礎教育とイスラーム教の素養を出身地で得ている[4]

1978年、ソマリアの首都モガディシュに移り、ソマリ国立大学英語版で工学を学び、1981年に卒業した[4][2]。同年、ソマリ国立大学の教授職を得ている[6]1986年インドボーパールにあるボーパール大学(現バルカトゥラー大学英語版)に移り、1988年に工学で修士号を取得した[2]

ソマリア内戦後[編集]

モハムドは1990年代にソマリア内戦が始まってからもソマリアに留まり、NGO国際連合組織、平和や開発のプロジェクトなどのコンサルタントとして活動している[6]1993年から1995年には、ソマリア中部・南部でユニセフの教育担当を務めている。1999年には首都モガディシュのソマリ経営管理開発学校 (SIMAD) の設立にも関わっており、2010年学部長となっている[3]

ムスリム同胞団のソマリア支部であるアル・イスラーともつながりを持つ[6]。アル・イスラーと共同で、小中学校や大学、研究医療施設の建設などの慈善事業や、奨学金の提供などに従事している[4]

大統領になる数年前からソマリアの政界に入り、平和・開発党英語版 (PDP) を設立した[3]。PDPは2011年4月、モハムドを任期3年の議長に、満場一致で選出している[7]2012年8月、ソマリア暫定議会英語版の議員 (MP) に選ばれている[6]

ソマリア大統領[編集]

2012年9月10日、ソマリア議会は大統領選挙において、モハムドを大統領に選出した[8]。ソマリアで、国際的に認められた大統領が誕生したのは、21年ぶりのことである[9]

大統領選挙の1次投票では前暫定大統領のシェイク・シャリフ・シェイク・アフマドが64票で1位、モハムドは60票で2位、暫定首相のアブディウェリ・モハメド・アリが32票で3位だった[10]。2次投票ではモハムド190票、アフマド79票となり、モハムドが過半数票を得て勝利した[5][11]

モハムドは就任演説で、ソマリアの民衆、暫定議会、他の候補者に感謝の意を述べている。また、ソマリア内戦終結後のソマリア再建を行い、国際社会との連携を深めるとの声明も出している[5]。一方、前大統領のアフメドは、モハムドの勝利に祝辞を述べ、協力を表明した[5]。首相のアリは、この選挙がソマリア新時代の幕開けであると宣言した[12]。また、プントランド(ソマリア内の事実上の独立地域で最大勢力の一つ)の大統領アブドゥルラフマン・モハムード・ファロレは、モハムド、ソマリア国民、その他ソマリア暫定政権終了のロードマップに携わった全ての人に対し、感謝の意を述べている[5]

モハムドの大統領就任は、国際社会にも認められている。国際連合のソマリア担当特使オーガスティン・マヒガ英語版は、この選挙はソマリアの平和と繁栄に向けての大きな前進であることを世界に示した、と述べた。また、アフリカ連合のソマリア部会も、選挙の実施を歓迎し、新大統領を支持する旨を表明した[13]。イギリスの首相デーヴィッド・キャメロンEUの外務長官キャサリン・アシュトンも、選挙の実施は重要な業績であるとの祝辞を述べている[6]アメリカ合衆国連邦政府もモハムドの大統領選出を祝うプレスリリースを発表し、この選挙がソマリアの人々にとって重要な一歩であり、ソマリア政府に協力する旨を述べた[14]アラブ首長国連邦の大統領ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンも祝辞を送っている[15]。日本の外務省も、モハムドの大統領選出に歓迎の意を述べている[16]

なお、ソマリア中南部で活動する最大のイスラーム武装勢力アル・シャバブは、新大統領選出を快く思っておらず、大統領選の2日後に、モハムドが宿泊するホテルに自爆テロを仕掛け、モハムドは無事だったものの犯人を含む2名が死亡している[17]

2014年3月に来日[18][19]

参考文献[編集]

  1. ^ “Mohamud elected new Somalia president”. AFP. (2012年9月10日). http://www.nation.co.ke/News/africa/Mohamud+new+Somalia+president+/-/1066/1502552/-/u9td5iz/-/index.html 2012年9月10日閲覧。 
  2. ^ a b c Hassan Sheikh Mohamud - Resume”. Raxanreeb. 2012年9月15日閲覧。
  3. ^ a b c Mohamed, Mahmoud (2012年8月17日). “Profiles of Somalia's top presidential candidates”. Sabahi. http://sabahionline.com/en_GB/articles/hoa/articles/features/2012/08/17/feature-02 2012年8月21日閲覧。 
  4. ^ a b c d “Profile of Somalia's Newly-Elected President”. Dissident Nation. (2012年9月11日). http://dissidentnation.com/profile-of-somalias-newly-elected-president/ 2012年9月13日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “Somalia Federal Parliament elects Hassan Sheikh Mohamud as President”. Garowe Online. (2012年9月10日). http://www.garoweonline.com/artman2/publish/Somalia_27/Somalia_Federal_Parliament_elects_Hassan_Sheikh_Mohamud_as_President.shtml 2012年9月10日閲覧。 
  6. ^ a b c d e “Somali election of Hassan Sheikh a 'great step'”. BBC. (2012年9月11日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-19557884 2012年9月11日閲覧。 
  7. ^ Willy, Nasongo (2011年4月20日). “Somalia: new independent political party leader”. Alshahid. http://english.alshahid.net/archives/20024 2012年9月10日閲覧。 
  8. ^ Somali lawmakers elect Mohamud as next president”. Reuters. 2012年9月10日閲覧。
  9. ^ CNN (2012年9月11日). “ソマリア大統領にモハムド氏選出、21年ぶりの安定政府樹立へ”. 2012年9月17日閲覧。
  10. ^ “Somalia: Sheikh Sharif vs Newcomer Sheikh Mahamoud in Final Round of Presidential Elections”. Garowe Online. (10 September). http://allafrica.com/stories/201209101222.html 2012年9月10日閲覧。 
  11. ^ ソマリア新大統領に学者出身のモハムド氏” (2012年9月11日). 2012年9月17日閲覧。
  12. ^ “Two explosions rock Somali hotel where newly elected president was holding news conference”. Reuters. (2012年9月12日). http://news.nationalpost.com/2012/09/12/two-explosions-rock-somali-hotel-where-newly-elected-president-was-holding-news-conference/ 2012年9月13日閲覧。 
  13. ^ “Somalia's President-elect widely hailed”. Xinhua. (2012年9月11日). http://news.xinhuanet.com/english/world/2012-09/11/c_131843573.htm 2012年9月11日閲覧。 
  14. ^ United States Press Secretary. “U.S. congratulates Hassan Sheikh Mohamud on becoming Somalia’s new president”. Horseed Media. 2012年9月11日閲覧。
  15. ^ “President, VP and Mohammed bin Zayed greet Somali President”. Khaleej Times. (2012年9月11日). http://www.khaleejtimes.com/kt-article-display-1.asp?xfile=data/nationgeneral/2012/September/nationgeneral_September164.xml&section=nationgeneral 2012年9月11日閲覧。 
  16. ^ ソマリア情勢(新大統領選出について)” (2012年9月11日). 2012年9月17日閲覧。
  17. ^ BBC (2012年9月12日). “Somali President Mohamud's hotel targeted by bombers”. 2012年9月17日閲覧。
  18. ^ 東京新聞2014年3月14日朝刊
  19. ^ “首相動静―3月13日”. 朝日新聞. (2014年3月13日). http://www.asahi.com/articles/ASG3F5JR3G3FUTFK00B.html 2014年6月2日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
モハメド・オスマン・ジャワリ英語版
(代理)
ソマリアの旗 ソマリア大統領
2012 -
次代:
(現職)