デーヴィッド・キャメロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
デーヴィッド・キャメロン
David Cameron
David Cameron official.jpg
生年月日 1966年10月9日(48歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
出身校 オックスフォード大学
所属政党 保守党
配偶者 サマンサ・シェフィールド
公式サイト Conservative Party website

内閣 キャメロン内閣
キャメロン第1次改造内閣
キャメロン第2次改造内閣
任期 2010年5月11日 - 現職
女王 エリザベス2世

イギリスの旗 第26代 保守党党首
任期 2005年12月6日 - 現職

任期 2005年12月6日 - 2010年5月11日

任期 2005年5月6日 - 2005年12月6日

選挙区 ウィットニー選挙区
当選回数 3回
任期 2001年6月7日 - 現職
テンプレートを表示

デーヴィッド・ウィリアム・ドナルド・キャメロンDavid William Donald Cameron1966年10月9日 ‐ )は、イギリス政治家イギリス首相(第75代)、保守党党首(第26代)、庶民院議員(3期)。

来歴[編集]

政治家になるまで[編集]

ロンドン生まれ。イートン校を卒業後、オックスフォード大学哲学政治学経済学を学び、一級優等学位(first class honours)を得て卒業。1988年より保守党調査部に勤務し、サッチャーメージャーの両政権下で政策資料の作成に従事する。また、メージャー政権の財務大臣であったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めた[1]。その後、1994年から2001年までイギリスの大手メディアであるカールトンに勤務した。2001年庶民院議員総選挙では、オックスフォードシャーのウィットニー選挙区に保守党から出馬し、初当選。2005年の庶民院議員総選挙で再選。

保守党党首[編集]

庶民院議員再選後は影の内閣の教育・技能相を務めていたが、2005年12月の保守党党首選挙に「若手による改革」を唱えて出馬する。当初、キャメロンの当選は有力視されていなかったが39歳の若さや爽やかな弁舌が支持を集め、党内の実力者で影の内務大臣だったデービッド・デービスを破り、第26代保守党党首に選出される。ウィリアム・ピット(小ピット)以来の最も議員経験の少ない党首であった。就任後は右寄りに傾きつつあった保守党を中道寄りに修正し、長期政権への倦怠感から不人気に陥ったブラウン労働党政権を上回る支持率を獲得。補欠選挙や地方選挙で快進撃を続け、保守党の党勢回復に成功する。2010年5月の庶民院議員総選挙では、労働党を上回る議席を獲得し、第一党の座を奪還するも過半数は獲得できなかったため、第3極の自由民主党に対し、連立政権の樹立を呼びかける。5月11日、ゴードン・ブラウン首相の退陣を受け、保守・自由民主両党による連立政権の樹立に合意した上で、首相に任命された[2][3]。首相就任時の年齢は43歳7ヶ月であり、1812年の第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソン以来、最も若い首相である。就任後、連立政権のパートナーである自由民主党のニック・クレッグを副首相及び枢密院議長に起用し、5月12日に戦後初の連立内閣[4]であるキャメロン内閣を発足させた。

英国首相[編集]

内閣発足直後の5月29日財務省首席担当官デイヴィッド・ローズが交際相手の男性(同性愛者)が所有する住宅を間借りし、賃料4万ポンド(約530万円)以上を議員経費の名目で不正に受け取っていた責任を取り辞任するスキャンダルに見舞われた。6月15日北アイルランド1972年に発生した血の日曜日事件について、1998年以来イギリス政府が続けてきた調査(サビール調査)報告書の提出を受け、イギリス政府の非を認め謝罪[5]。10月、財政赤字解消のため第二次世界大戦後最大規模の歳出削減案を発表。実行された場合、公務員49万人が失業し、軍事費の大幅な削減が見込まれる。専門家によれば、この軍事費の削減により今後イラク戦争規模の軍事行動参加は不可能になる見通し[6]

2012年4月10日には日本を訪問。野田佳彦内閣総理大臣と会談し、日英で防衛装備品の共同開発を進める方向で合意した。

2014年9月13日イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」が、英国籍の男性を殺害する映像をインターネット上で公開。自身のTwitterで「悪魔の所業だ。殺害犯を追い詰め、裁判を受けさせるために全力を挙げる」と書き込み、怒りをあらわにした[7]

政策[編集]

内政[編集]

外交[編集]

日本国連安全保障理事会常任理事国入りを支持している[10]

家族[編集]

スキャンダル[編集]

  • 2007年1月、出版予定のキャメロンの伝記の中で高校・大学時代の大麻吸引に言及がなされていることが判明し、本人も大麻吸引の事実を認めた。この疑惑は保守党党首に選出された2005年頃から存在したが、本人は否定も肯定もしていなかった。
  • 2013年10月、キャメロンが食パン一斤の価格を知らないことが報道された。イギリスのメディアはしばしば政治家に食品や生活用品の価格を問い、適切な回答ができなければ揚げ足取りのように扱われる場合が多く、食パン価格の報道もその一環である。なおキャメロンは食パンの価格を知らない理由について「出身地の小麦粉を使って自らパンを焼いているため」としている[13]

発言[編集]

私のことが嫌いでも、私は永遠に首相ではない[編集]

2014年9月18日、スコットランド独立の住民投票が行われたが、英国政府側が自治権拡大を約束[14]したことなどが奏功し結果的に独立は否決された。しかし、一時は賛否が拮抗した状態となり祖国分裂への危機感が高まっていたため[15]、キャメロンは9月15日にスコットランドを訪問し、次のようなエモーショナルな演説を行った[16]

If you don't like me(私のことが嫌いでも)– I won't be here forever.(永遠にこの地位にいることはないだろう)
If you don't like this government(この政府のことが嫌いでも) – it won't last forever.(永遠に続くことはないだろう)
But if you leave the UK(だが、あなた方が英国を離れたら) – that will be forever.(永遠の別れとなるのです)

しかし、分裂回避の直後の演説でキャメロンは、権限を委譲するもののそれは英国全体で中央から地方に権限を委譲するということであり、スコットランドだけを特別扱いしないという趣旨の演説を行い[17]、スコットランド住民からは「独立を阻止するために行われた約束だから守られないのでは」といった声があがった[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b それでもサッチャー主義は敬遠ブルームバーグ、2009年9月28日。
  2. ^ “英保守党13年ぶり政権、連立の行方不透明”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2010年5月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100512-OYT1T00126.htm 2010年5月12日閲覧。 
  3. ^ “英ブラウン首相、辞意を正式表明”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2010年5月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100512-OYT1T00145.htm 2010年5月12日閲覧。 
  4. ^ “保守党キャメロン氏が首相就任、第2次大戦以来の連立政権”. AFP. (2010年5月12日). http://www.afpbb.com/article/politics/2725448/5741877 2010年5月15日閲覧。 
  5. ^ “英首相、北アイルランド「血の日曜日事件」謝罪” ((日本語)). 読売新聞. (2010年6月16日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100616-OYT1T00939.htm 2010年6月16日閲覧。 
  6. ^ Strategic defence review means end of Iraq-scale military interventionsguardian.co.uk Tuesday 19 October 2010 21.03 BST
  7. ^ “悪魔の所業だと英首相…イスラム国の英国人殺害”. 読売新聞. (2014年9月14日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00050071-yom-int 2014年9月14日閲覧。 
  8. ^ 英保守党キャメロン党首、次期首相の座を射止めるか? 国際ニュース:AFPBB News
  9. ^ 〔情報BOX〕英保守党を率いるキャメロン党首の横顔 | 国内株式 | Reuters
  10. ^ “日本の常任理入り支持=菅首相と会談-英首相”. 時事ドットコム(時事通信社. (2010年6月27日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010062700045 2010年6月28日閲覧。 
  11. ^ キャメロン保守党党首に悲報―6歳の長男、急逝」 Japan Journals、2009年2月25日。
  12. ^ エリザベス・フィッツクラレンス(第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイ夫人)⇒次女アグネス・ヘイ(第5代ファイフ伯爵ジェイムズ・ダフ夫人)⇒四女アグネス・ダフ(アルフレッド・クーパー英語版夫人⇒長女ステファニー・クーパー(アーサー・レヴィータ夫人)⇒次女エニド・レヴィータ⇒長男イーアン・キャメロン⇒次男デーヴィッド・キャメロン)
  13. ^ “食パンの値段を知らない英首相、「パンは自分で焼く」”. AFPBBNews (フランス通信). (2013年10月4日). http://www.afpbb.com/articles/-/3000749 2013年10月5日閲覧。 
  14. ^ 英からの独立、賛否割れ接戦佐賀新聞 2014年9月17日
  15. ^ 独立めぐり揺れるスコットランド日刊スポーツ 2014年9月19日
  16. ^ Scotland will face 'painful divorce', says David Cameron in emotional speechguadian 2014年9月15日
  17. ^ 英首相、全国で地方分権推進を約束AFP 2014年9月19日
  18. ^ 英スコットランド 中央政府へ不信の声もNHK 2014年9月19日

外部リンク[編集]

公職
先代:
ゴードン・ブラウン
イギリスの旗 イギリス首相
第75代:2010年 -
次代:
(現職)
先代:
ゴードン・ブラウン
イギリスの旗 イギリス行政機構担当大臣
2010年 -
次代:
(現職)
先代:
ゴードン・ブラウン
イギリスの旗 イギリス第一大蔵卿
第79代:2010年 -
次代:
(現職)
先代:
ティム・コリンズ(en
イギリスの旗 影の教育・技能大臣
2005年
次代:
デービッド・ウィレッツ(en
先代:
マイケル・ハワード
イギリスの旗 イギリス影の首相
2005年 - 2010年
次代:
ハリエット・ハーマン
(代行)
議会
先代:
ショーン・ウッドワード
イギリスの旗 ウィットニー選挙区選出議員
2001年 -
次代:
(現職)
党職
先代:
マイケル・ハワード
イギリスの旗 保守党党首
第26代:2005年 -
次代:
(現職)