ウィリアム・ヘイ (第18代エロル伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイ
William Hay, 18th Earl of Erroll
生年月日 1801年2月21日
没年月日 1846年4月19日 (満45歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドンポートマン・スクエア
所属政党 ホイッグ党
称号 アザミ勲章勲爵士 (KT)
ロイヤル・ゲルフ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士 (GCH)
枢密顧問官 (PC)
配偶者 レディ・エリザベス・フィッツクラレンス

内閣 第3次メルバーン子爵内閣
任期 1839年11月21日 - 1841年8月30日
国王 ヴィクトリア
テンプレートを表示

第18代エロル伯爵ウィリアム・ジョージ・ヘイ: William George Hay, 18th Earl of Erroll1801年2月21日 - 1846年4月19日)は、イギリスの貴族。アザミ勲章勲爵士(KT)、ロイヤル・ゲルフ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCH)、枢密顧問官(PC)。

第17代エロル伯爵ウィリアム・ヘイと、妻のアリシア・ヘイ(旧姓エリオット)の間に次男として生まれる[1][2]イートン・カレッジで教育を受けた[3]

エロル伯爵位の法定推定相続人であった兄のヘイ卿ジェイムズ・ヘイワーテルローの戦いで戦死したため、1819年に父が死去するとウィリアムが爵位を継承した。1822年のジョージ4世のスコットランド行幸の際には、スコットランド大司馬として8月22日に行われたホリールード宮殿からエディンバラ城へのジョージ4世の行進を司った[1]。1823年と1831年にはスコットランド貴族貴族代表議員に選出され、グレートブリテン及びアイルランド連合王国貴族院議員となる[1]。1830年から1834年までは王妃アデレード付きの主馬頭Master of the Horse)を務めた。また1830年にはロイヤル・ゲルフ勲章ナイト・グランド・クロスを受勲している[1]

1831年1月に枢密顧問官へ列せられ[4]、同年5月には「カウンティ・オヴ・エアにおけるキルマーノックキルマーノック男爵」(Baron Kilmarnock, of Kilmarnock in the County of Ayr; 連合王国貴族)へ叙された[5]。これは曽祖父の第4代キルマーノック伯爵ウィリアム・ボイドから剥奪された爵位の再興の意味合いがあった。1834年にアザミ勲章を受勲[6]

1835年に第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラム率いるホイッグ党が政権を獲得すると、エロルはMaster of the Buckhoundsに任じられた[7]。1839年には死去した第6代アーガイル公爵ジョージ・キャンベルの後任として王室家政長官Lord Steward; 王室家令長)へ栄転し、1841年の内閣総辞職まで務めた[1]

またスコットランドにおいても、1832年にKnight Marischal[1]、1836年にアバディーンシャー州統監Lord Lieutenant of Aberdeenshire)へ任じられ、ともに死去するまで在職した。

1846年4月19日ロンドンポートマン・スクエアで死去した[1]。爵位は長男のキルマーノック卿ウィリアムが相続した。

子女[編集]

1820年12月4日クラレンス公爵ウィリアム(後のイギリス王ウィリアム4世)がドロシー・ジョーダンとの間にもうけた庶子であるエリザベス・フィッツクラレンスと結婚した[1][2]

エリザベスとの間に一男三女を儲けた[1][2]

アグネスの息子であるアレグザンダーは、エドワード7世の長女ルイーズと結婚した。またイギリス首相デーヴィッド・キャメロンも子孫の一人である(高祖母の一人が同じくアグネスの娘)。

エロル伯爵夫人エリザベスは1856年1月16日にエディンバラで死去した[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j PD-icon.svg Paul, James Balfour, Sir, ed (1906). “HAY, EARL OF ERROLL” (英語). The Scots peerage. 3. Edinburgh: David Douglas. p. 585. http://archive.org/stream/scotspeeragefoun03paul#page/584/mode/2up 2013年8月11日閲覧。. 
  2. ^ a b c PD-icon.svg Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “ERROLL.”. A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31 ed.). London: Harrison. pp. 418-420. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/418/mode/2up 2013年8月11日閲覧。. 
  3. ^ Eton College; Henry Edward Chetwynd Stapylton (1863) (英語). The Eton school lists, from 1791 to 1850: (every third year after 1793,) with short notes. London: E. P. Williams. p. 87. http://books.google.co.jp/books?id=ZR42AAAAMAAJ&pg=PA87 2013年8月11日閲覧。. 
  4. ^ London Gazette: no. 18772, p. 194, 1831年2月1日. 2013年8月11日閲覧。
  5. ^ London Gazette: no. 18808, p. 1050, 1831年5月31日. 2013年8月11日閲覧。
  6. ^ London Gazette: no. 19147, p. 699, 1834年4月18日. 2013年8月11日閲覧。
  7. ^ London Gazette: no. 19266, p. 857, 1835年5月1日. 2013年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
第6代アーガイル公爵
王室家政長官
1839–1841
次代:
第3代リヴァプール伯爵
先代:
ウィリアム・ヘイ
エロル伯爵
第18代: 1819–1846
次代:
ウィリアム・ヘイ
先代:
(創設)
キルマーノック男爵
初代: 1831–1846
次代:
ウィリアム・ヘイ