ラムゼイ・マクドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラムゼイ・マクドナルド
Ramsay MacDonald
Ramsay MacDonald ggbain 35734.jpg
生年月日 1866年10月12日
出生地 イギリスの旗 イギリス
スコットランドの旗 スコットランド、モレイシャー
没年月日 1937年11月9日(満71歳没)
死没地 大西洋上オーシャン・ライナーレイナ・デル・パシフィコにて
出身校 バークベック・カレッジ
前職 ジャーナリスト
所属政党 労働党(-1931年)
国家労働機構(1931年-)
配偶者 マーガレット・マクドナルド
サイン Ramsay Macdonald Signature.svg

任期 1924年1月22日 - 11月4日
元首 ジョージ5世

任期 1929年6月5日 - 1935年6月7日
元首 ジョージ5世

任期 1924年1月22日 - 11月3日
元首 ジョージ5世

任期 1924年1月22日 - 11月3日
1929年6月5日 - 1935年6月7日
元首 ジョージ5世

任期 1935年6月7日 - 1937年5月28日
首相 スタンリー・ボールドウィン

その他の職歴
イギリスの旗 イギリスの首相
1922年11月21日 - 1924年1月22日
1924年11月4日 - 1929年6月5日
テンプレートを表示

ジェームズ・ラムゼイ・マクドナルドスコットランド語: James Ramsay MacDonald1866年10月12日 - 1937年11月9日)は、スコットランド出身のイギリス政治家労働党党首(1911年 - 1914年1922年 - 1931年)。首相1924年1929年 - 1935年)。イギリス史上初の労働党出身の首相。

経歴[編集]

かつてはヘンリー・ハインドマンの社会民主連盟のメンバー[1][2]で、労働党代表委員会の主事、初代労働党書記長を務めた。1903年にウィリアム・グラッドストンの子であるハーバート・グラッドストンと交渉して自由党リブ・ラブ合意を締結した。第一次世界大戦では非戦論者であり、党首を辞任する。その後、1918年の選挙で復帰し、党首に再任される(一説によれば1922年に党首復帰)。1924年、ジョージ5世からの組閣要請で自由党の閣外協力で史上初の労働党政権の首相兼外相となるが、ジノヴィエフ書簡などの影響で総選挙に敗れ、9ヵ月で退陣した。1929年、第2次の労働党単独内閣を組閣する。1931年から1935年までは、ジョージ5世からの大命で労働党を除く挙国一致内閣の首相を務めた。1931年には非常関税法を制定、インヴァーゴードン反乱によるポンド危機で金本位制を放棄し、通貨安競争を起こした。またウェストミンスター憲章を制定してイギリス連邦を発足させた。経済政策では恐慌対策で党の方針に反して離党し、1931年には非常関税法、1932年には保護関税法を制定、スターリングブロック経済を築いた。外交ではロンドン会議でロンドン海軍軍縮条約を成立させた。

脚注[編集]

  1. ^ Bryher, Samual: An Account of the Labour and Socialist Movement in Bristol, 1929
  2. ^ Lord Elton: The life of James Ramsay MacDonald, 1939, London, p.44
公職
先代:
スタンリー・ボールドウィン
スタンリー・ボールドウィン
イギリスの旗 イギリス首相
第56代:1924年
第58代:1929年 - 1935年
次代:
スタンリー・ボールドウィン
スタンリー・ボールドウィン
先代:
スタンリー・ボールドウィン
スタンリー・ボールドウィン
イギリスの旗 イギリス庶民院院内総務
第57代:1924年
第59代:1929年 - 1935年
次代:
スタンリー・ボールドウィン
スタンリー・ボールドウィン
先代:
ハーバート・ヘンリー・アスキス
スタンリー・ボールドウィン
イギリスの旗 イギリス影の首相
1922年 - 1924年
1924年 - 1929年
次代:
スタンリー・ボールドウィン
スタンリー・ボールドウィン
先代:
ジョージ・カーゾン
イギリスの旗 イギリス外務大臣
第48代:1924年
次代:
オースティン・チェンバレン
議会
先代:
スタンリー・ボールドウィン
イギリスの旗 イギリス枢密院議長
1935年 - 1937年
次代:
ハリファックス卿
党職
先代:
(結党)
国家労働機構党首
初代:1931年 – 1937年
次代:
マルコム・マクドナルド (en
先代:
ジョージ・ニコル・バーンズ
ジョン・ロバート・クラインス
労働党党首
第4代:1911年 - 1914年
第8代:1922年 - 1931年
次代:
アーサー・ヘンダーソン
アーサー・ヘンダーソン
先代:
シドニー・ウェッブ
労働党議長
1923年 – 1924年
次代:
チャールズ・クランプ
先代:
アーサー・ヘンダーソン
労働党会計官
第2代:1912年 - 1929年
次代:
アーサー・ヘンダーソン
先代:
ジョージ・ニコル・バーンズ
議会労働党議長
第4代:1911年 - 1914年
次代:
アーサー・ヘンダーソン
先代:
フィリップ・スノーデン (en
独立労働党議長
1906年 - 1909年
次代:
フレデリック・ウィリアム・ジョウェット (en
先代:
(結党)
労働党書記長
初代:1900年 - 1912年
次代:
アーサー・ヘンダーソン