同性愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
同性愛者から転送)
移動: 案内検索

同性愛(どうせいあい)、ホモセクシュアリティ(homosexuality)[注 1]とは、男性同士または女性同士の間での性愛や、同性への性的指向を指す。同性愛の性質を持っている人のことを同性愛者(どうせいあいしゃ)、ホモセクシュアル(homosexual)[注 2]という。

ここでは同性愛一般について記す。「日本における同性愛」は同項参照。

概説[編集]

かつて同性愛は違法または異端視されることが多かったが、近年は普遍的な人権として尊重されるべきだという世界的な潮流になっている。2006年、カナダで開催されたLGBTの競技大会「ワールドアウトゲームズ」の第1回大会の場で宣言された「モントリオール宣言」、2006年に採択され2007年に国連人権理事会で承認された「ジョグジャカルタ原則」、2008年に国連に提出された「性的指向と性自認に関する声明」などは、同性愛者やLGBTなど性的少数者の権利を高らかに謳い、差別の撤廃を求めている。2011年12月には世界人権デーに合わせてジュネーブの欧州国連本部で米国クリントン国務長官が演説し、「同性愛者の権利は人権であり、人権は同性愛者の権利だ」と述べた[1]

ゲイという単語は、男性だけでなく女性の同性愛者も含んだ「同性愛者一般」という意味で用いられることもあり、さらに性的少数者一般を指すこともある。しかし近年は性的少数者一般を指す頭字語として、LGBTGLBTが推奨されている(詳しくは下記用語参照)。

ホモセクシュアル[編集]

男女の同性愛者を指す言葉。日常における日本語ではこの言葉の本来の意味が十分に認知されておらず、男性同性愛者をホモセクシュアル、女性同性愛者をレズビアンと呼んできた歴史があり、男性同性愛者(ゲイ)の意味で用いられることが今も多い。略語の「ホモ」には「オカマ」ほどではないものの、侮辱または嘲笑を感じとる男性同性愛者も一定数存在している(参考:ホモフォビア)。時として英語を母国語とする文化圏で、日本人の呼称を縮めて侮辱するのと同様、侮辱語となっている。また報道においてもこの語の使用は避けられている[要出典]

ゲイ[編集]

男性同性愛者のことを特にゲイと呼ぶ。クィアなどの言葉が侮蔑的な意味を持つというので、英語圏の男性同性愛者らが自分たちを肯定的に再定義するために、「陽気な」「派手な」などの意味を持つ英単語の「gay」を使い始めた。ただホモやクィアほどでないにせよ、この言葉には差別的な意味の内包される場合があり、しばしばそうした使い方をされる[要出典]。広義には性別を問わず同性愛者全てを含むが、日本語社会では単にゲイという場合は、後述のレズビアンと区別し、男性同性愛者のみを指すことがほとんどである。ただし、アメリカ合衆国などの英語圏ではゲイは男性同性愛者を指す場合が多いものの、レズビアンも含め全同性愛者を指す場合もある。

この単語(名詞)の英語の文献における初出は、Oxford English Dictionary によれば1935年である。ヴィクトリア朝イギリスでは、売春婦男娼が「gay」と呼ばれていた(これは彼らがgaily、つまり「派手に」「華やかに」着飾っていたからである)。それが語源となり、全ての男性の同性愛者を指して用いられるようになった。

レズビアン[編集]

女性同性愛者のことをレズビアンと呼ぶ。

日本では「レズ」という略語がよく用いられるが、歴史的に含まれてしまった侮蔑的ニュアンスを嫌い、意図的に「ビアン」と略す者もいる(ちなみに「ビヤン」と発音するフランス語の bien は“素敵”の意)。

語源ギリシアレスボス島に因む。古代ギリシア時代にこの島に住んでいた詩人のサッポーが、少女の教育を担っていたと考えられる宗教的女性結社の指導者で、アプロディタ女神への讃歌や官能的な恋愛を多数作り、古代において恋愛詩の閨秀詩人として著名だったためである。サッポーは1度男性と結婚し1女を儲けているが、彼女が女性に宛てた恋愛詩は男性へのそれより多い。

同性愛の定義[編集]

一口に「同性愛」と言っても、その定義の仕方には様々な考え方がある。以下にそれらの考え方を羅列するが、現在は「自分自身がどう思うか」に委ねるとの考え方が有力である(ある2人の男性が、男/女を、7:3の割合で好きになるとしても、自身はゲイであるという人もおり、9:1の割合で好きになるとしてもバイ・セクシュアルという人もいる)。[要出典]以下に4つの定義を記す。

同性愛感情を経験した人

同性愛感情を有している、もしくは有していた人のことを同性愛者と定義する考え方もある。

上で述べたようにこの定義における同性愛者の割合は文化依存性が高い[要出典]。しかし、同性愛に抑圧的な文化においては、調査の回答者が同性愛感情の経験を隠そうとする可能性も高い。この意味での同性愛者の割合は実は安定しており、それを公にする人の割合が異なるだけではないかという指摘もある。

唯一確実だと見なされていることは、この定義のもとで、同性愛者が人口の100パーセントを占める文化や、0パーセントの文化は知られていないということである。

Wellingsが1994年イギリスで行った調査によれば、この意味での同性愛者は人口の約6パーセントだった。両性愛者を除く狭い意味での同性愛者は男性の約1パーセント、女性の約0.5パーセントだった。また、欧米にて2006年の匿名下における研究では母数の20%の人がいくぶんかの同性愛感情を抱いたことを報告しているが、自身を同性愛者としてラベリングしている人はごくわずかだったとされる[2]

同性愛感情の素因を持っている人

「生育環境が同性愛感情を育む要因を持っており、よい出会いに恵まれたならば、異性愛感情を抱いた可能性がある人」を同性愛者と定義する考え方がある。言い換えるなら、「生物学的にどうしても異性愛感情を抱き得ないというわけではない人」である。

フロイトの考えによれば全ての人間はこの意味での同性愛者である。これは、彼が「先天的にはいかなる対象とも不可逆的に結びついているわけではない幼児性欲が、後天的にいかなる対象に結びつけられるか」が同性愛/異性愛を決定すると考えていたことによる。ただし、フロイト自身はこの意味で同性愛者という言葉を使ったことはない。

より穏当な意見の人々からも、同性愛に抑圧的でない文化においては同性愛感情を経験したことがある人が多く見られることから、この意味での同性愛者の割合は極めて高いと見積もられている。

ただし、この定義における「同性愛者(ホモセクシャル)」は「異性愛者(ヘテロセクシャル)」と背反な概念ではないため、その大部分は「両性愛者(バイセクシャル)」とみなすこともできる。「両性愛者」を除く狭い意味での「同性愛者」、すなわち「生物学的にどうしても同性以外に恋愛感情を抱き得ない人」はより少ない。厳密なパーセンテージについては諸説あるが、人口の10パーセントを超えるとする報告は最近では見られない。

同性間の性行為を経験した人

同性間の性行為、すなわち同性同士での性的な接触を取り上げて、その経験の有無によってHomosexualityを定義しようとする考え方もある。ただし、この場合日本語においては同性「愛」となっているので言語上の問題がある。また、異性愛者に関しては、性行為がなくても異性愛者と呼ぶことを(異性愛者とも呼ばないほど自然に)受け入れるのに対し、同性愛者を性行為の経験の有無によって定義するのは非対称であり、整合性はないといえ、同性愛をもっぱら性行為のみに限定しようとする多数派意識の反映という指摘もある。

この定義を、感情経験といった主観的なものに比べて科学的な優れた尺度であると考える人もいる。しかし、幾つかの点で問題もある。

  • 同性間の性交行為は文化・制度的に強く規制されることも多く、感情という内面的なものに比べて文化・制度が影響しやすい
  • 同性間の性行為に及ぶに必要とされるパートナーは、人口密度の低い地域では全く見つけられない可能性がある。

そのため、同性愛の生物学的な側面を検討する上ではこの定義は役に立たないと考える人もいる。

また、同性愛感情が無くても同性間の性交行為をすることは可能であるので、このことが統計的なズレをもたらしている可能性もあると指摘される。単なる興味本位や、制度的な強制、売春強姦、刑務所や寄宿舎などで異性と接する機会がない場合など、そのような事態は実際に知られている(参考:機会的同性愛)。

この定義における同性愛者の割合については様々な報告がある。

  • ニューギニアサンビア族では、男性同士の性交行為が通過儀礼として制度化されている。しかしこれをもって、男性の100パーセントが同性愛者であるとするのは間違いである。[要出典]
  • 上のイギリスにおける調査では、男性の3.6パーセント、女性の1.7パーセントだった。両性愛者を除くと、男性の1パーセント、女性の0.5パーセントだった。[要出典]
  • 1992年のアメリカ国家世論調査センターによる調査では、男性の2.8パーセント、女性の1.4パーセントだった。[要出典]
  • 1995年ハーバード大学によるアメリカにおける調査では、男性の6.2パーセント、女性の3.6パーセントだった。[要出典]
同性に対して性欲を感じる人

これは定義とは言いがたいものではあるが、これは同性愛であるとする/ないとするで意見が分かれがちである。いわゆる同性の画像・映像に性欲を抱く人、同性の身体やその一部に性欲を抱く人のことである。

多くの場合、(同性に対して恋愛感情を持つ)同性愛者から見ると、「これは同性愛には含めない」と考える人が多く、(同性には一切性欲を感じない)異性愛者から見ると、「これは同性愛の一種である」と考える人が多いようである。

  • 前者の人から見た場合、これらの人は単に性欲を感じているだけであり、実際に同性に対して恋愛感情がある訳ではなく、単純に生理的な欲求の対象としていると感じられるため、実質的な同性愛ではないとしている事が多い。なんとなれば、恋愛感情という極めて個人的で繊細な主観を以って選択的に対象へ臨む行動様式、つまり「ほれた、すき」を抜きにしており、たとえば異性愛者がいちいち雑誌の異性グラビア頁に恋愛しないのと同等である、といえよう。
  • 逆に後者の人から見た場合、これらの人は多かれ少なかれ、異性ではない同性に性的な感情を抱いていると感じられるため、同性愛の一種とみなしている事が多い。同性愛者とは常に必ず同性を、なんらかの感情、対象として視野においている、という前提の固定観念に基いている。

偏見と実像[編集]

同性愛は珍しい存在なのか[編集]

近年の多くの英米の調査では人口の2-13%(50人に1人から8人に1人)の割合で同性愛者が存在していると言われている[出典一覧 1]性的少数者(セクシュアルマイノリティーズ)は、おおよそ概念上で少数者とされているものであり、実際はそれほど少数ではないと考えられる。

概念上マイノリティーとなる最大の理由は、多くの同性愛傾向を持つ人々が、その偏見から、社会的に及ぼす影響や自身が被る不利を考慮し、同性が好きであることは普通に言い出せる現状にはないと個人的レベルで判断した結果、隠すための努力をする、隠すために最善を尽くすことを選択するからである。

一般世間において異性愛規範や結婚規範が強いために、同性愛者でありながらそれを隠すために異性と交際したり、結婚をして子供をもうけたりしている者も決して少数派ではない(偽装結婚)。このケースでは配偶者も夫や妻が同性愛者であることに気づかないことが多い。

これまでに存在した同性愛の歴史などについては後述を参照。

同性愛の原因究明と差別[編集]

同性愛になる原因として、以下で触れる環境ホルモン説や脳の機能説のほか、妊娠中の母親のストレス説、或いは育て方が影響するとする環境説などがある。しかし同性愛になる原因を究明すること自体、同性愛差別を助長するという批判がある。例えば異性愛者になったからといって、「なぜ異性が好きなのか」と問われたり研究されることはないように、同性愛指向ももって生まれた個性として尊重されるべきだとされる。

環境ホルモン説

この説は、化学物質が開発されるずっと以前から同性愛が存在することに関しては何ら意味をもたないため、同性愛の存在そのものに関する根源的な原因説ではない。

環境ホルモン説は週刊誌やいわゆる実用書、また陰謀論的テクスト等によく登場する説であり、医学界・心理学界等の大勢の評価を得ている説ではないが、概ね19世紀以後に開発・使用された人工的な化学物質が人間および動物の同性愛化に影響を与えているという説である(現時点においては、少なくともいわゆる環境ホルモンの人体への影響は極小のものであると考えられており、この点に関して、本説は疑似科学に近い説であるという見解が有力である。環境ホルモンの項目参照)。

本説がもしも事実であれば、一般販売されている農薬汚染・肥料汚染された食品、化粧品石鹸ペンキ等の工業品などを通じて、同性愛傾向を備える可能性が高くなるということになるが、これには遺伝子の持つ免疫力の強さに応じて個人差が出るという。つまり、この裏づけには人の遺伝子の免疫力への影響度そのものの検証データが必要となってくる。しかし、現在までのところこうしたことに関する信頼性の高い確実なデータが提示されているわけではない。また現状として現代社会においても、それらの製品によって、何ら影響を受けた形跡のない異性愛者がほとんどであることからも、この説の信憑性は現段階でかなり低いものとなっている。

いずれにしても、化学物質と同性愛傾向に関するこうした説のソースのほとんどは週刊誌等であり、いわゆる科学的検証に耐えうる説であるというには程遠いのが現状である。

脳の機能説

同性愛など人間の性的な傾向は、自律神経をつかさどる脳の機能に規定されている可能性が有力であり、さかんに研究がなされている。特に有名なものとしてはスウェーデンの研究がある[3]

治療対象からの除外[編集]

現在、WHO(世界保健機関)の疾病分類「ICD-10」、米国精神医学会「DSM」等では、同性愛は「異常」「倒錯」「精神疾患」とはみなさず、治療の対象から外されている。そして同性愛などの性的指向については、矯正しようとするのは間違いとの見方が主流となっている。

かつて「DSM-Ⅰ」で同性愛は「病的性欲をともなった精神病質人格」と規定されていたが、1973年12月、アメリカ精神医学会の理事会が同性愛自体は精神障害として扱わないと決議した。それにより「DSM-Ⅱ」の第7刷以降「同性愛」という診断名は削除され、代わって「性的指向障害」という診断名になった[いつ?]。1980年の「DSM-Ⅲ」では「自我異和的同性愛」という診断名が登場した。「自我異和的同性愛」とは、自らの性的指向で悩み、それを変えたいという持続的願望を持つ場合の診断名である(同性愛者であることを自ら肯定できている場合は病気ではない)。しかし、この診断名も同性愛自体が障害と考えられているとの誤解を生んだことや、自らの性的指向で悩むのは本人に問題があるからではなく、社会の偏見に起因するという問題意識などから、1987年のDSM-Ⅲの修正版「DSM-Ⅲ-R」ではこれも性障害から除外された。そして1990年の「DSM-Ⅳ」で精神疾患リストから同性愛は完全に消えた[4]

またWHOのICD国際疾病分類の第9版「ICD-9」(1975年)では「性的逸脱及び障害」の項の1つに「同性愛」という分類名が挙げられていたが、その後「精神障害と考えられるべきか否かにかかわらず、同性愛をここに分類」との注釈がついた。そして1990年採択の「ICD-10」では「同性愛」の分類名は廃止され、「自我異和的性的定位」という分類名が用いられたが、「性的指向自体は、障害と考えられるべきではない。」と注釈がついた。これにより同性愛自体は障害とされなくなった。1993年、WHOは再び「同性愛はいかなる意味でも治療の対象にならない」と宣言した。

日本の厚生省は1994年にWHOの見解を踏襲し、日本精神神経学会も1995年にWHOなどの見解を尊重すると表明し、「同性愛はいかなる意味でも治療の対象とはならない」と宣言している。文部省も1994年に指導書の「性非行」の項目から同性愛を除外した。

このように、現在は同性愛そのものは疾患とはされない。ただ同性愛である事によって差別されたり、一般社会規範との適合性等から思い悩み、鬱病などの精神疾患を発症するケースがある(後述も参照)。その場合は同性愛者を差別するなどの社会病理に根ざした鬱病として捉えられる。

同性愛者は異性装をするのか[編集]

同性愛者は異性装(女装、男装)をする、又は異性装者(クロスドレッサー)は同性愛者である、と信じている人がいる。一般的には、性同一性障害(持って生まれた身体に違和感があり、異性になりたい人。例:はるな愛)、異性装をする同性愛者(異性装はするが身体は元の性でいたい同性愛者。例:ミッツ・マングローブ)、異性装をする異性愛者、そして同性愛者の違いが分からないという人が多く、ニューハーフ(男性の性同一性障害,MtF-GID)や女装家とゲイを混同している場合、ゲイの多くが女装をしているように見えてしまうことがある。

また女性の性同一性障害者(FtM-GID)や男装家がレズビアンの中にとけ込んでいることにより、レズビアンの服装傾向がより男性的だと思ってしまうことがある。

しかし、実際には大部分の同性愛者は異性装をしない。異性装をするのは異性装癖がある極少数の同性愛者だけであり、中でも性同一性障害の人の日本での推定人口は約4.6万人で、日本の総人口の約0.038%(約2800人に1人)[5]、同性愛者(人口の5%、20人に1人)全体の約0.77%しかいない。近年、男性の性同一性障害で恋愛対象が男性の人はヘテロ女性、女性の性同一性障害で恋愛対象が女性の人はヘテロ男性とされ、同性愛に含まない[6]。彼らは自らの性自認に合った服装をしているのであり、異性装とはいわない。また異性装者の全てが同性愛者とは限らず、異性愛者や両性愛者もいる。

同性愛者のマジョリティーは異性装癖を持っておらず、また身体と心の性が一致しているため、もともと異性の服を着ることはない(但し女装をしないゲイ男性の中には、身体は男性であることに違和感はないが、心が女性だと思っているタイプもいる《例:クリス松村おすぎ》。その場合も身体と服装が男性で心が女性という持って生まれた性であり、性同一性障害ではない)。


ゲイ文化の中には、ドラァグ・クイーンのように故意に奇異な女装をしてショーとして見せ、面白がるというものがある。しかしこうしたショーは異性愛者向けのものが多く、ゲイ男性は一般的に見に行かないばかりか、反感を抱いているものさえいる。一部にはゲイ・パレードの服装やパフォーマンスなどによるデモンストレーションの仕方に対しても批判的なゲイもいる。すなわち、性同一性障害や女装家を除いては極少数のゲイが見せ物として女装をするのである。そのほか稀なケースとして異性愛男性を好きになったゲイが、パートナーとの違和感を和らげるために異性装をするケースがある。

男装をするレズビアンもまた、多いというわけではない。男性的な服装を好むレズビアンも一定数存在しているが、大部分は異性愛女性の服装と変わらない。また現在の日本の文化では、かなりボーイッシュな服装であっても女性の服装として通例になっているため見えにくい。

露出度の高い恰好をする男性はゲイなのか[編集]

当然ながら露出度の高低で性的指向は判断できない。

一部の男性同性愛者がゲイ・クラブ(ゲイ・タウン)やゲイ・パレードなどのイベント、及び限られた男性同性愛者専用の場所などにおいて、身体を露出させることでアピールを行うことがある。オーストラリアのマルディグラと呼ばれるゲイ・イベントでは、夜のクラビングで、身体のラインを際立たせて見せるために小さめのシャツを着ることで自分の体のアピールを行う。しかし、一般公共の日常場面においても常時、敢えてセックスアピールを欠かさずに露出度の高い服装をするという傾向は、最近の日本ではほとんど見られない。

一般的にイメージされがちな、お笑い芸人のレイザーラモンHGに見られるような感覚の服装ひとつを例にとっても、人によってはこれが「ゲイのステレオタイプ」ですらない。同性愛者の服装には、異性愛者同様、極めて広い個人差がある。

ゲイは女性的なのか[編集]

ゲイならば必ずしも女性的というわけではない。大部分のゲイは見た目や立ち居振る舞いでは異性愛者男性と区別がつかない。ある一個人を先入観なく見たとして、女性的と感じる例はそれほど多くはない。むしろ行動において男らしさを過剰なほど強調したり、外見においては異性愛男性よりも厳(いか)つい、男性的な要素を強調するゲイが目立つ。短髪・髭・筋肉を強調して男臭く決めたゲイを指して「いかにもホモらしい」という意味で、「イカホモ」と呼ぶことがある。[要出典]

ただ内面的、文化的に男性的とされる性質がやや薄い傾向のゲイがいるという説があり、ゲイの女性性を裏付けるものとして、一部のゲイの間で使われる極端な女言葉の存在がある。これが俗に「オネエ言葉」と呼ばれるもので、「~だわ」「~よね」といった、現代日本にあっては、むしろ女性は使うことが少ないとされる極端な女言葉である(但しオネエ言葉は男性的なビジュルのゲイが野太い声で話すから際立つのであって、女性は女性の声だから目立たないだけで、実際はオネエ言葉と女性の言葉に大差はないという異論もある)。当人が必ずしもそれを女性的な言葉と意識して使っているとは限らないが、端から見て女性的に感じる。一部の当事者において女性性が強いゲイが、その傾向を隠そうという意識が極度に薄くオープンな場合、その女性性は周囲にかなりはっきり感じられるほど強く分かりやすいものになることがある。そのためメディアなどを通じゲイのプロトタイプ的な傾向として一般的に認知されてしまっている。しかし実際はオネエ言葉を使用しているのは一部のゲイであり、オネエ言葉を使わないゲイは多数派であるものの、外見上は異性愛男性と区別がつかないため、目に見えないだけである。

オネエ言葉ほどではないものの語尾やイントネーションの女性性、また話し方だけではなく、何気ない仕草や日常動作などの女性性も一部のゲイの特徴として挙げる説がある。異性愛男性にも男言葉を使わず、優しい口調で物腰が柔らかい人々は少なからず存在するが、先にも述べたオネエなゲイのプロトタイプ的傾向認知のように、女性性がゲイに顕著な特徴であるという感覚が社会一般にあることで、行動に女性性が漂うこと、あるいは男性性が希薄なだけでゲイである可能性を疑われる事態が起きることがある。

ゲイに対する社会の差別意識が根強いため、自分が同性愛者であることを公に知られることを恐れているゲイの中には、不当な差別から身を守るために自らの女性性は見せないようにするものがいる。男らしさを過剰なほど強調するゲイの中の一部にも、こうした差別への防御反応が働いているかも知れないという説もある。

しかしながら実際に男性性を無理なく自然と受け入れ、女性性が薄いゲイも多く存在している。メディアに登場するオネエタレントらの影響で、オネエ言葉を使い、仕草が女性的な一部のゲイがゲイ全体を代表していると一般社会に誤解されやすい傾向にある中、同性愛者のこうした多様性については、しばしば同性愛者同士でさえ盲目になってしまうことがある。

ゲイは異性愛男性と同じく、男らしさから女らしさまでを個人によって様々な割合と形で内包しており、一概に「ゲイは◯◯な傾向」とはいえない。その幅広さはポジションによってはマイノリティー(性的少数者)の中のマイノリティーといったところに位置することもある。

レズビアンは男性的傾向か[編集]

レズビアンに関してもほぼ同様である。しかし服装に関して言えば、女性の場合は社会的に許容される服装の幅が比較的広いため、伝統的な基準では相当に"ボーイッシュ"な服装でも男装とは見なされないので、男性の場合とは少々事情が異なる。

行動に関しても、異性愛女性の中に男性的な振る舞いをすることを好む者が存在するのと同様に、男性的なレズビアンは一定数存在すると見ることもできる。

「異性装」ではないにしても「ボーイッシュ」という程度の男性的な服装が女性全体に比べて有意に多いと言う指摘もある。それは世間的にレズビアンについてFTM(女性に生まれたが心が男性の性同一性障害)のイメージが紛れ込んでいるために、「レズビアンは男性的傾向の強い人が多い」という印象が増幅されている可能性がある。だが実際には多くのレズビアン女性は異性愛女性の服装傾向と変わるものではない。一方、FTM(女性の身体に違和があり男性になりたい人、女性の性同一性障害)の人が女性を恋愛対象にしている場合は「異性愛男性」とされ、レズビアンには含まない。

同性愛者と異性の関係[編集]

特にレズビアンに対し、男性恐怖症ではないかという誤解が見受けられる。この誤解にもとづいて、男性恐怖症が治れば男性と付き合えるという「助言」をする異性愛者もいる。実際には男性の友人を持っているレズビアンは少なくないのであり、男性嫌悪・憎悪を抱き女性のみのつきあいを望むレズビアン(セパレイティストと呼ばれる)はかなり限られた存在である。また、過去に男性との交際も経験し、しっくりこなかったなどの理由で自分がレズビアンであるという自覚を持った人も多い。

ゲイが女性恐怖症というのも誤解である(かといってゲイであれば女性と良い友だちになれると思い込むのも早計である)。同性愛的指向は生来のものであり、ましてや女性恐怖症だからゲイになるという根拠もない。『ゲイ 新しき隣人たち』(モートン・ハント著、窪田高明訳、河出書房新社)では、男性同性愛者の場合、約半数はいずれかの時点で女性との性交を経験しており、女性に関心も性的感情も過去に1度も抱いたことのないゲイ男性は、全体の4分の1としている。

同性愛カップルには男役と女役がいるのか[編集]

同性愛カップルに男役と女役を見出そうとするのは、恋愛には性役割があるはずだという異性愛者の社会通念上の思い込みがあるからであり、実際には一般的な男女の関係性の概念を同性愛者に完全に当て嵌めることは難しい。イェール大学のQ Magazineは、「ゲイ男性はタチ(Top)とネコ(Bottom)に分かれる」、「同性間のリレーションシップは片方が女性的な役割でもう一方が男性的役割である」といった異性愛社会の通念や慣習をLGBTに当てはめる考えは、彼らの実態に則していないとしている[7]。それでも敢えてその無意味な性役割の概念を同性愛者に適用していうならば、そのような状態に近いカップルと、そうでないカップルが存在するということになる。

人は文化的にも内面的にも男性性と女性性の両方を複雑な形と割合で内包している。同性愛者もそれは同じであり、一方がやや男性的で、他方がやや女性的という異性の関係性がある程度窺えるカップルから、殆どそうしたものがない友情の延長、若しくは兄弟や姉妹のようなカップルまで、その実態は様々である。

セックスの際も「男役」と「女役」、または「挿入する側」と「挿入される側」に分かれるというよりも、もっと広く「リードする側」と「リードされる側」がいるというのが妥当である。一般に前者は タチ (Top)、後者は ネコ (Bottom)と呼ばれ、どちらもという者は リバ (Versatile)と呼ばれる。こうした嗜好性は人によっては余りはっきり持っていない者や、相手や気分によって入れ替わるという者も少なくない。またタチとネコといってもそれは当然ながらこうした「行為」の嗜好性は、外見上のイメージ(見た目の男性性・女性性)及び、内面的・精神的な性役割などと必ずしも一致しない。オネエ言葉を使う一見女性的なゲイがベッド上ではタチだったり、短髪でマッチョ、男言葉のゲイがネコだったりするなど、実に複雑多様である。

ところでゲイ男性はセックスの際、アナルセックス(肛門性交)をするというイメージが一般的に存在するが、全ての男性同性愛者がするわけではない。ゲイAVでも必ずといっていいほどアナルセックスをすることが多いのは、AVだからであって、異性愛男性向けAVに顔射シーンが出てくるからといって恋人とのセックスで顔射するわけではないのと同じで、現実のゲイのセックスとは別である。実際はアナルセックスに嫌悪感や不潔感があったり、全く興味を示さず行わないというゲイ男性も少なくない。あるゲイを対象としたアンケートではオーラルセックスまでしかしないと答えたものが多数派だった[要文献特定詳細情報]

アクセプタンスとカミングアウト[編集]

自分が同性愛者と自覚しはじめた初期段階において、少なからずの者が自己嫌悪や自己否定の感情に苛まれることがあるとされる。アクセプタンス(acceptance)はその英語の意味通り、ゲイやレズビアンであることを受け容れ、自己承認すること[8]。カミングアウトの一つ前の段階で、セクシュアル・アイデンティティを自己肯定するための大切な過程とされる。一方のカミングアウトは自らが同性愛者であることを確認した上で、それを自分や周囲に隠さず素直に生きることを指す[8]。カナダのモントリオール大学系のラ・フォンテーヌ病院のチームは、カミングアウトした同性愛者は、それをしていない同性愛者よりもストレスが少なく、異性愛者よりもリラックスしていることがあるとする研究結果を発表した[9]

同性愛者と健康[編集]

同性愛者の精神疾患

1989年のアメリカ保健社会福祉省調査によれば思春期の自殺者のうち約30%が同性愛者を中心にしたセクシャルマイノリティである。また、ロンドン大学の調査ではイギリスの同性愛者・両性愛者の3人に2人がうつ病や他の精神疾患を抱えやすいという結果が出ている。日本でも、同性愛者の約6割が自殺を考えたことがあるという研究結果[要出典]があり、同性愛者の置かれた社会状況が彼らの精神状況に影響を与えているものと思われる。

同性愛の歴史[編集]

古代ギリシャアテナイなどにおいて、男色(少年愛)は公然と行われており、プラトンの著作(『プロタゴラス』『饗宴』『パイドロス』など)でも、頻繁に描かれている。

文化・宗教における同性愛[編集]

同性愛に対する文化・宗教の態度は様々である。文化・宗教で同性愛に言及する場合、そのほとんどは男性同性愛への言及であり、女性同性愛についての記述は非常に限られている。同性愛を公認したり、寛容な文化であっても、生殖により子供が作れるわけではないことなどから、同性愛が異性愛と同等に位置づけられないことが多い。[要出典]

宗教における同性愛[編集]

同性愛に対する宗教上の解釈も人や宗派によりさまざまであるが、同性愛をさほどタブー視しない仏教に比べ、概ね欧米の伝統的な文化では同性愛は否定的に評価されている。同性愛を表向き禁止している文化・宗教は幾つか存在し、例えば、アブラハムの宗教の中の少なからぬ宗派は同性愛を禁じている。欧米の否定的評価は、この宗教的倫理によるものである。[要検証 ]キリスト教の中でも比較的保守的な宗派においては、『レビ記』で不倫や刺青を入れること、豚肉を食べること等と並んで男性間の性行為を死刑と定めている(20章13節)ことなどを根拠に同性愛を禁じている場合が多い。そのためヨーロッパでは中世・近世を経て近代に至るまで、同性愛者に対する厳しい迫害が行われ、多数の者が処刑された。現代では、同性愛は異性愛と同様に神の意思に従った自然な存在であると考える進歩的な宗派もある。同性間の性的行為についても、容認している教派と許されないとする教派に分かれる。[10]

また、イスラム教も教義上は同性愛については否定的な見解を示している信者が少なくない。『クルアーン』の7章80節~81節と26章162節~166節には、預言者ルート聖書ではロト)が男性に性欲を抱く人々を非難する記述がある。これを受けてイスラーム教国では同性愛が犯罪として処罰の対象となり、現在でもサウジアラビアイランのように同性愛者を死刑に処する国や地域も存在する。その一方、前近代イスラームにおいて同性間性行為が許容された地域があり、同性間性行為を謡った詩なども多く詠まれている。現代では同性愛差別に反対しているムスリムも存在する[11]。同性愛者やトランスジェンダーのムスリムの団体「アル=ファーティハ財団」がある。

仏教においては、『正法念処経』の十六小地獄 (衆合地獄)で不倫をした者が落ちる地獄、女性の口を使ってみだらな行為をした者が落ちる地獄などと並んで、多苦悩処という男色者が落ちる地獄があると設定されている。迦才の『浄土論』、源信著『往生要集』でもこの多苦悩処について言及されている。

ヒンドゥー教においては、アイヤッパンアルダーナリシュヴァラのように性の垣根を越えたような神格が登場するものの、地上世界における同性愛には否定的で法典類では罰金が定められている。ただし『マヌ法典』などではカーストからの追放といった厳罰を定めている[12]

今日の日本で、一般に向けて強制的に行使すれば、人権侵害テロ行為等の犯罪となるような宗教上の禁止事項に実質的な意味はまったくないが、禁止や罪となる理由が「聖典に書かれているから」といったものである以上、これにより聖典の信頼性が問われることはやむを得ないところがある。現時点では、聖典の作成者、及び作成経緯などを含め、その成立については、各宗派の信者からの推定のみに留まっており、諸説に実証があるというわけではない。すなわち、「神」が判断したのではなく、「神」の判断と思い込んだ考え方の異なる複数の人間の判断である可能性が聖典には常に横たわっている。「神」と呼ばれる存在の解釈ひとつをとっても、あらゆる宗派や教義によって多少、もしくは大きく異なっており、一貫しているわけではない(参考:宗教戦争)。

制度化された同性愛[編集]

歴史的には、中世から近世初期にかけての日本の武士や、古代ギリシア古代ローマのように、男性間の同性愛行為が制度化されていたり、公然と行われた文化も存在する。

古代ギリシアでは、制度化されていた少年愛を同性愛として含めると、同性愛は単なる恋愛・性愛のバリエーションの1つだったともいえる。異性愛との区別自体が無く、同性と肉体関係を持っても同性愛者という概念自体が存在しなかったという。当時のギリシアにおける自由民成人男性の性対象は女性、少年、奴隷、外国人のうちどれを選んでもよく、むしろ生涯で片方の性にしか性欲が湧かないことは通常ではないとされていたという。但し、制度少年愛における同性愛的関係は、概ね成人男性と思春期前後の少年のあいだで結ばれるもので、これらが集団の結束を強固にする目的があったり、何らかの意味で現代的な同性愛とは異なるものだと指摘する見方もある。 周辺時代に登場する主な史説に、アレクサンドロス3世(大王)のヘファイスティオンとの同性愛関係やユリウス・カエサルスエトニウスによるニコメデス4世との関係などがある。

ニューギニアではサンビアなどメラネシアの幾つかの社会で通過儀礼の一環として男性同士のフェラチオや肛交が定められているという[13]。但し、これは同性どうしの行為という意味では一般的であるが、これが社会的な義務観念であることから、「性愛」ないし「愛情」をともなう同性愛の行為であるとは必ずしもいえない。

同性愛に関する法と政治[編集]

  データなし
同性愛が合法か違法でない地域
  同性結婚が認められている地域
  婚姻とは異なる形でパートナーシップ制度 (もしくは内縁関係) が認められている地域
  外国での同性婚が認められている地域
  同性カップルが承認されていない地域
同性愛が違法である地域
  法令上は罰則規定が存在するが、事実上適用されていない地域
  法令上、表現と結社が制限されている国2
  軽犯罪となる地域
  重犯罪となる地域
  終身刑が適用される地域
  死刑が適用される地域

世界においては同性愛自体が合法である国と違法である国が存在する。同性愛が合法である地域の中には同性結婚を認めている地域(スペインオランダカナダなど)や、婚姻とは別の形でパートナーシップ制度や内縁関係を認めている国(米国の一部の州、英国豪州など) がある。一方で違法でなくても同性カップルに関する認知制度が無く、同性カップル自体は社会制度上認められていない[注 3]地域 (日本中華人民共和国、米国の多くの州など)も多く存在する。但し日本では養子縁組を結べば対等なカップルではなく親子関係になるものの、婚姻者とほぼ同等の権利が認められる。南アフリカ共和国は、1996年に制定した新憲法で人種差別の禁止と同時に性的指向にも言及し、同性愛と異性愛について一切の差別を行わないことを宣言している[14]

サウジアラビアなどイスラム教国家では同性愛は違法である場合が多い(イスラム教徒が多数を占める国であってもトルコなどは社会的認知制度は無いものの合法)。違法である国においてはリベリアのように軽犯罪に分類される国はほとんど無く、多くの国で重罪とみなされ、場合によっては終身刑が適用されうる国(パキスタンなど)、さらには死刑が適用されうる国(イラン、サウジアラビアなど)もある。

2008年12月に、国連総会において「性的指向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進を求める」旨の声明が出された。日本はこれに賛同している。なお賛同した66ヶ国中アジア圏で賛同した国は日本のみで、先進諸国のなかでもアメリカは賛同しなかった[15]。ただしアメリカは後にオバマ政権に移行したこともあり賛同する方針に転換している[16]

加えて、以前は重罪であった国の中でも合法化へと進んでいる国も存在する。インドは以前は重罪 (終身刑が適用されうる) であった。これは英国植民地時代に作られた法律であったが2008年には国連が非違法化すべきであると提案し[17]、2009年7月にインド高裁が同性愛は違法ではないという判決を出した[18]。詳しくはインドにおける同性愛英語版(: Homosexuality in India) を参照。

日本では、1872(明治5)年に発令された「鶏姦律条例」および1873(明治6)年に発令された「改定律例」では男性同士の肛門性交(鶏姦)が犯罪とされた(後者の第266条では懲役刑)。しかし、1880(明治13)年に制定(施行は1882年1月1日)された旧刑法にはこの規定はなくなった[19]。それ以来日本の法において同性愛は違法とされておらず、現在法務省は性的指向による差別をなくす呼びかけを行っている。一方で、同性結婚などに関する規定は存在しない。

2013年現在、ロシアにおいては、同性結婚は認められておらず、同性愛そのものが、異性愛よりも下等であるとされている。2013年6月30日、ウラジーミル・プーチン大統領は、同性愛の宣伝行為に対して罰則を与える法案に署名、法律は成立した。この法律では、同性愛と異性愛の関係が「社会的に同等」であるという「歪んだ理解」を持たせる情報を、未成年者に広めた者に対し、最大5000 ルーブル(約1万5000円)の罰金を科すとしている。外国人にも適用され、罰金だけでなく、身柄拘束、国外退去も可能としている[20]

同性愛と社会[編集]

同性愛者同士のコミュニケーションや運動[編集]

古来から、通過儀礼として社会的に同性愛が認められている場合を除き、自身が同性愛者であると公に明かすことをためらう人が少なくない。また同性愛者の数も相対的には少ない。ゆえに、同性愛者同士のコミュニケーションは時・場所が異性愛者同士のそれと比べると、ウェブサイトの同性愛者専用の掲示板やSNS、同性愛者を客層とするバーなど狭い範囲に限られている。

但し、異性愛社会の中では時・場所が限られているからといって、特にゲイ男性同士の場合、出会いが少ないことは意味しない。『話を聞かない男と地図を読めない女』の著者であるアラン・ピーズは、「生涯で数千人の男性と性行為をするゲイも珍しくない」と書いている。また美輪明宏も30代だった時に雑誌の対談で「2000人の男性と付き合ってきた」(「面白半分」1974年5月臨時増刊号)と述べ[21]、元ゲイ雑誌編集者のブルボンヌも「男性経験は1千人切りした」といっている[22]。しかし、異性愛者の中にも異性とのSEXの経験人数が多い人はおり、例えばケンドー・コバヤシは「100人斬りはしている」「風俗を入れると2000人」と言っており[23]、宍戸錠は女性との経験人数は1331人だと発言しており[24]チャーリー・シーンは「これまで5000人の女性とSEXした」と発言している[25]。その為、一般的に異性愛者と比較して同性愛者の経験人数が多いとも言えない。

日本では、1980年代半ばまでは同性愛者同士のコミュニケーションはゲイ雑誌の出会い投稿欄やバー、発展場などに限られていたが、1980年代後半に伝言ダイヤルダイヤルQ2が普及したことで様変わりした。90年代半ば以降はインターネットの急激な普及と出会い系サイトの登場で、同性愛者同士の出会いは更に容易になった。(参照:日本における同性愛#ゲイのコミュニケーション

近年では、自己に誇りを持とうとするための運動として、ゲイ・パレードのようなイベントや、インターネット上でのコミュニケーション、同性愛者への差別意識(参考:ホモフォビア)撤廃などを訴える運動が行われている。インターネットが発達することによって、かつて少数派として孤独になりがちだった同性愛者は、世界中の同性愛者と瞬時に連絡を取り合える環境になった。

アイルランドの作家で、同性愛者であるコルム・トビーンは「インターネットができる前は大いなる孤独があった。今は連帯がある」と語り、インターネットを始めとするテクノロジーの発達が、同性愛者の生活を変えたと指摘している[26]

異性愛者の同性愛の受容[編集]

同性愛者に対する異性愛者の受容といった観点においての心理学的なアプローチでは、男性同性愛者と女性同性愛者に対して、女性異性愛者は双方の受容傾向に差は見られなかったが、男性異性愛者については男性同性愛者に対してのみ受容の傾向が有意に低いという実験結果が複数の実験で出ている[27]。これについては、男性と女性の「性の対象」としての視線に慣れているかいないか、言い換えれば、女性は水着のグラビアなどを筆頭に性的な対象としての視線に晒されることが多くある程度耐性がついているが、男性にはそれがついておらず自身が性の対象になる可能性のある男性同性愛者に対して拒絶感があるからではないかという推察もある[27]。ちなみに、カミングアウトされた経験がある(つまり友人といった他人から自身は同性愛者であると告げられたことがある)人は、全体的に受容傾向が強いとする実験結果が出ている[27]

ポルノ等における同性愛者[編集]

ポルノ雑誌やポルノ媒体などにおける男性同性愛や、レズものにおける女性同性愛などに対しては、性的観点を重視し過ぎている、娯楽的観点に偏重しているとして不快に感じる人もいる。また男性同性愛者の性を商品化している[28]、男性同性愛者を異性愛社会に隷属させるためのステレオタイプに押し込めている[28]、などの批判もある。佐藤雅樹は「異性愛女性が自分より弱い立場の存在(ゲイ)にステレオタイプを押し付けることが『差別』なのだ」といっている[28]

同性愛にまつわる事件[編集]

アメリカ
ドイツ
日本

動物の同性愛[編集]

ニューヨークセントラル・パーク動物園のロイとシロは雄同士でありながら子育てを行うペンギンとして有名になった

人間以外の生物においても同性愛と解釈できる行動は決して珍しいものではなく、オス同士で互いに精子をかけ合うクジラをはじめ、昆虫の間で見られた等多数の例が報告されている。2006年にノルウェーのオスロ自然史博物館では、世界で初めて「生物の同性愛」をテーマとした展示会が開催された。同性愛的行動が確認された動物は1500種以上であり、そのうち500種の同性愛が立証されている。

関連文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ホモセクシャリティとも表記。
  2. ^ ホモセクシャルとも表記。
  3. ^ 同性カップルに関する認知制度が無いこととは、具体的には異性同士の婚姻者に認められているのと同等の権利がなく、パートナー死亡時にその遺産相続権もないこと。

出典[編集]

  1. ^ 米国大使館「世界人権デーを記念するクリントン国務長官の講演」(2011年12月6日)。
  2. ^ 欧米の2006年の匿名調査で母数の20%の人が幾分かの同性愛感情を抱いたことを報告しているが、自身を同性愛者としてラベリングしている人は極僅かだった(McConaghy et al., 2006)
  3. ^ Brain response to putative pheromones in homosexual men
  4. ^ 「共生のための障害の哲学」 第11回研究会・シンポジウム「『性同一性障害』の行方」より。
  5. ^ 2013/4/21共同通信「性同一性障害、全国の推計患者数4万6千人」。
  6. ^ 近年、男性の性同一性障害で恋愛対象が男性の人はヘテロ女性、女性の性同一性障害で恋愛対象が女性の人はヘテロ男性とされ、同性愛に含まない。但し男性の性同一性障害で、女性になって女性を愛したい人、女性の性同一性障害で男性になって男性を愛したい人もおり、その場合はそれぞれレズビアンとゲイになる。
  7. ^ Diaz-Machado, Edgar. “Lowdown: Tops & Bottoms”. 2011年12月1日閲覧。
  8. ^ a b オトコノコのためのボーイフレンド(少年社)P192ゲイボキャブラリー
  9. ^ 2013年1月29日英医学誌「サイコソマティック・メディシン」。
  10. ^ キリスト教と同性愛参照
  11. ^ イスラム教協議会、同性愛をOKとする
  12. ^ geiro.com「宗教」(Religion)
  13. ^ 氏家幹人著 『武士道とエロス』 講談社〈新書〉、2000年、151-152頁 ISBN 978-4-06-149239-4
  14. ^ (Chapter2:9-3)
  15. ^ 国連「性的指向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進を求める」声明に賛同した66ヶ国中アジア圏で賛同した国は日本のみで、先進諸国の中でもアメリカは賛同しなかった(GAY JAPAN NEWS 2008/12/19「国連総会に人権と性的指向・性自認に関する声明提出=日本含む66カ国が賛同」 
  16. ^ アメリカはオバマ政権で国連の「性的指向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進を求める」声明に賛同する方針に転換した(産経2009/3/19)
  17. ^ UN urges India to decriminalise homosexuality
  18. ^ 【インド】同性愛者間の性交渉は合法:高裁判決
  19. ^ 日本法令索引 明治前期編
  20. ^ “ロシアで「同性愛プロパガンダ」禁止法が成立”. AFPBB News. (2013年7月1日). http://www.afpbb.com/article/politics/2953522/10982531 2013年7月1日閲覧。 
  21. ^ 伊藤文学のひとりごと(2010年9月29日)「美輪明宏さんの男と寝た数は?」より。
  22. ^ 2013年6月5日NHK「探検バクモン」新宿2丁目。
  23. ^ 2010年1月25日、日本テレビ「しゃべくり007」での発言より。
  24. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/7110197/
  25. ^ http://www.zap2it.com/tv/news/zap-charliesheenmaximlivingsexlegends,0,5057260.story
  26. ^ 「ネット時代も小説は変わらない」ハイテク恐怖症の作家が語る - ITmedia News
  27. ^ a b c 『同性愛者における他者からの拒絶と受容―ダイアリー法と質問紙によるマルチメソッド・アプローチ 臨床心理学研究の最前線 1』石丸径一郎、ミネルヴァ書房、2008年
  28. ^ a b c 『少女マンガとホモフォビア』(佐藤雅樹『ユリイカ臨時増刊 クィア・スタディーズ96』)[要ページ番号]
  1. ^ 近年の英米等の調査で人口の2-13%(50人に1人から8人に1人)の割合で同性愛者が存在するとされる。
    • ACSF Investigators (1992). AIDS and sexual behaviour in France. Nature, 360, 407–409.
    • Billy, J. O. G., Tanfer, K., Grady, W. R., & Klepinger, D. H. (1993). The sexual behavior of men in the United States. Family Planning Perspectives, 25, 52–60.
    • Binson, D., Michaels, S., Stall, R., Coates, T. J., Gagnon, & Catania, J. A. (1995). Prevalence and social distribution of men who have sex with men: United States and its urban centers. Journal of Sex Research, 32, 245–254.
    • Bogaert, A. F. (2004). The prevalence of male homosexuality: The effect of fraternal birth order and variation in family size. Journal of Theoretical Biology, 230, 33–37. [1] Bogaert argues that: "The prevalence of male homosexuality is debated. One widely reported early estimate was 10% (e.g., Marmor, 1980; Voeller, 1990). Some recent data provided support for this estimate (Bagley and Tremblay, 1998), but most recent large national samples suggest that the prevalence of male homosexuality in modern western societies, including the United States, is lower than this early estimate (e.g., 1–2% in Billy et al., 1993; 2–3% in Laumann et al., 1994; 6% in Sell et al., 1995; 1–3% in Wellings et al., 1994). It is of note, however, that homosexuality is defined in different ways in these studies. For example, some use same-sex behavior and not same-sex attraction as the operational definition of homosexuality (e.g., Billy et al., 1993); many sex researchers (e.g., Bailey et al., 2000; Bogaert, 2003; Money, 1988; Zucker and Bradley, 1995) now emphasize attraction over overt behavior in conceptualizing sexual orientation." (p. 33) Also: "...the prevalence of male homosexuality (in particular, same-sex attraction) varies over time and across societies (and hence is a ‘‘moving target’’) in part because of two effects: (1) variations in fertility rate or family size; and (2) the fraternal birth order effect. Thus, even if accurately measured in one country at one time, the rate of male homosexuality is subject to change and is not generalizable over time or across societies." (p. 33)
    • Fay, R. E., Turner, C. F., Klassen, A. D., & Gagnon, J. H. (1989). Prevalence and patterns of same-gender sexual contact among men. Science, 243, 338–348.
    • Johnson, A. M., Wadsworth, J., Wellings, K., Bradshaw, S., & Field, J. (1992). Sexual lifestyles and HIV risk. Nature, 360, 410–412.
    • Laumann, E. O., Gagnon, J. H., Michael, R. T., & Michaels, S. (1994). The social organization of sexuality: Sexual practices in the United States. Chicago: University of Chicago Press.
    • Sell, R. L., Wells, J. A., & Wypij, D. (1995). The prevalence of homosexual behavior in the United States, the United Kingdom and France: Results of national population-based samples. Archives of Sexual Behavior, 24, 235–248.
    • Wellings, K., Field, J., Johnson, A., & Wadsworth, J. (1994). Sexual behavior in Britain: The national survey of sexual attitudes and lifestyles. London, UK: Penguin Books.
    • Norway world leader in casual sex, Aftenposten
    • Sex uncovered poll: Homosexuality, Guardian

関連項目[編集]

外部リンク[編集]