異常性欲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

異常性欲(いじょうせいよく、: abnormal sexuality, Hypersexuality)は、性欲に量的または質的な異常があることをいう。

正常性欲とは相互に納得した上で、心身に傷害を残さずに性交を目標としたものとされる。ただし、性に関する正常・異常の判断は社会的および文化的背景によって異なり、また、個人差も大きいとされる。精神病理学者・小田晋は異常性欲の対概念としての正常性欲を、「成熟した男女が人間的出会いをし、相手の肉体精神の両面を愛すること。」と定義している。

原因の追究[編集]

異常性欲の原因に関しては様々な学説がある。認知症による脳の障害が異常性欲の原因となったケースは多々あり、また、側頭葉や前頭葉がリビドーを司るとされており、これらへのダメージ(または手術)などによって、異常性欲や凶暴性などの行動異常が見られることがある。また、月経周期や幼児期における男性ホルモンが異常性欲に関係しているとされている。これらの生物学的見解の他にも、自信や自己像の欠如や、孤独を癒したい、他人と親密になりたいなどの願望によって、異常性欲が引き起こされることがあるとされている。

分類[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]