純潔運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

純潔運動Sexual abstinence)とは、「結婚するまで性交渉を行うことを控えるように」と呼びかける運動。

純潔運動家[編集]

近年では、1999年にデビューしたシンガーソングライターのジェシカ・シンプソンが「結婚するまで純潔を守る」発言で話題になり、その後を追うようにブリトニー・スピアーズクリスティーナ・アギレラも純潔宣言し、アメリカ国内は一時空前の純潔ブームとなった。また純潔運動家の中には、レネ・ルッソのように過去に純潔を失っていても(結婚し、子供をもうけていても)、ある時点から第二の純潔セカンダリー・バージニティ)という道を選ぶ者も少なくない。

日本での運動[編集]

歴史的にピューリタニズムの影響を受けたキリスト教会の中で主張された。カトリック教会ではオックスフォード運動MRA運動がこれを重視した。日本では、廓清会日本キリスト教婦人矯風会キリスト教青年会救世軍廃娼運動一夫一婦制を求める運動を展開した[1]

アメリカでの運動[編集]

アメリカ合衆国では宗教右派福音派キリスト教右派)の考え方に基づいて、1980年代から活発になってきた。保守勢力であり、アメリカ合衆国共和党の支持母体の一つにもなっている。

統一教会の純潔運動[編集]

新宗教世界基督教統一神霊協会(統一教会)の教義では、不倫フリーセックスを厳しく戒めており、教祖文鮮明に認められた夫婦間の性交以外のあらゆる性行為(自慰も含む)は堕落した行為とされ、禁止されている[2]

統一教会は日本や韓国などで、様々な団体(日本では1992年以降、「Pure Love Alliance-Japan」(PLA-japan、日本純潔同盟)、「真の家庭運動推進協議会」、「日本青少年純潔運動本部」、「世界平和女性連合」など)を通じて、純潔運動を行って来た[2]。これは統一教会の教義の中の「純潔」に対する理念を世間に広めていく目的があるとされるが、さらには統一教会が推奨する「合同結婚式」への参加者を獲得する目的を併せ持っていると見られている。全国各地で開かれている大会の中で「純潔を守ること」や「不倫をしない」などの誓いをさせ、その印として合同結婚式で飲む「聖酒」と呼ばれる宗教的酒を混ぜた「ピュア・ラブ・キャンデー(ホーリーキャンデー、純潔キャンデー)」を舐めさせたり、「聖酒」そのものをワインと言って飲ませ、署名を書かせるなどの活動を長年にわたって行なってきた[3][4]。その署名の数が合同結婚式の参加者の人数に加えられていたりもした)[2]

その活動は街頭や戸別訪問のみならず、公立幼稚園・小・中・高等の学校にも及び、統一教会の活動と知らずに、歓迎し受け入れた学校も少なからずあった。日本や韓国で統一教会に反対する者たちが統一教会の運動であることを呼びかけ、警鐘を鳴らしている一方で、『純潔運動』を推進している他の団体との協調関係も進行していると言われている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『キリスト教大事典』、教文館、1963年
  2. ^ a b c 山口広 (著), 紀藤正樹 (著), 滝本太郎 (著) 『Q&A 宗教トラブル110番―しのびよるカルト』(民事法研究会; 全訂増補版版 2004年2月) ISBN 978-4896281866
  3. ^ 「真の家庭運動」の正体は ?(『しんぶん赤旗』2006年6月28日付)
  4. ^ 統一教会に対する申し入れ書 1997年10月・11月霊感商法の実態
  5. ^ 飴つきチラシで“勧誘”!? 洗脳集団「統一教会」の新手口 新婦人しんぶん1998年10月8日(ウェブアーカイブより)

関連項目[編集]