性的暴行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

性的暴行(せいてきぼうこう)とは、自主的承諾なしのあらゆる性的な物理的接触である。強姦と同一視されがちであるが、強姦に比べると性的暴行ははるかに広い概念を含んでいる。

性的暴行は、いかなる場所であっても何者にも起きる可能性のある現象である。犯人は見知らぬ人、知人、上役、法人(拷問などの場合)、家族などあらゆる方面に及ぶ。男性及び女性は、同性及び異性のいずれもに対して性的暴行を行い得る。

各国の状況[編集]

カナダ[編集]

強姦罪というものは存在せず、性的暴行罪となっている。これは、「強姦」という概念には歴史的に女性は貞操を守るべしという男性中心の概念が含まれており、強姦という概念が女性の性的自由を守ることに対し不適切な概念と考えられたためである。このため、和姦という抗弁は通らなくなり、ドメスティックバイオレンスも例外なく含むことが出来るようになった。また、男性に対する性暴力も同様に扱われるようになった。

韓国[編集]

女性が暴行の被害にあうことが非常に多く、深刻な社会問題となっている。

中国[編集]

中国では、香港における女性への性的暴行において

  • 約8割のケースで親族や知り合いが加害者になっていること
  • 実際の被害件数は、警察へ通報される件数よりも遙かに多いこと

といった指摘がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「性的暴行、8割は知り合い・親族による犯行」『Record China』2008年9月9日付配信
[ヘルプ]

関連項目[編集]