ホモフォビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホモフォビア(Homophobia)とは、同性愛、または同性愛者に対する恐怖感・嫌悪感・拒絶・偏見、または宗教的教義などに基づいて否定的な価値観を持つこと。「異性装心身の性の不一致に対する恐怖感・嫌悪感・拒絶」はホモフォビアの定義に該当しない。ホモフォビック (Homophobic) とは「同性愛者に対する偏見のある」という意味。「同性愛者に対する恐怖感・嫌悪感を持つが同性愛者を客観的に把握している」は含まれない。ホモフォビックな人物はホモフォーブ (Homophobe) と呼ばれる。

語源[編集]

元々は「人間に対する嫌悪や恐怖」(ラテン語で人間を意味する homo + ギリシア語で「恐怖」を意味する接尾辞 -phobia)を意味する語であったが、ほとんど使用されていない。「同性愛者と同性愛に対する嫌悪や恐怖」という意味では、1969年タイム誌において、心理学者のジョージ・ヴァインベルクが最初に使用した。現在の意味では、「ホモ」の部分はラテン語の homo (人間)ではなく、ホモセクシャルの homo- (ギリシア語で「同じ」の意)である。

同性愛者の反応[編集]

国際反ホモフォビア・デー (IDAHO)[編集]

1990年5月17日に WHO が同性愛を疾病及び関連保健問題の国際統計分類 (ICD-10) から削除することを決議したことから、5月17日は国際反ホモフォビア・デー (International Day Against Homophobia, IDAHO) とされている。呼びかけ人はルイ=ジョルジュ・タン (Louis-Georges Tin) であり、現在では世界の約 50 カ国で実施されている。

日本においては、TOKYOPride (東京レズビアン&ゲイパレードの主催団体)、第10回レインボーマーチ札幌実行委員会ゲイジャパンニュース(LGBT関連ニュースサイト)、尾辻かな子の4者により、2006年に Act Against Homophobia という企画が実施された。主な活動は以下のとおり。

パレード[編集]

ホモフォビアやそれに基づく差別をなくすため、世界各地でパレードが行われる。日本では、大規模なものは東京や札幌で行われており、小規模なものは各地で行われている。詳しくはゲイ・パレードを参照のこと。主なものは以下のとおり(開催月順)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]