ヤヒヤ・ジャメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤヒヤ・ジャメ
Yahya Jammeh
Gambia President Yahya Jammeh Portrait.jpg

任期 1994年7月22日

出生 1965年5月25日(48歳)
政党 愛国再建同盟

ヤヒヤ・ジャメ(Yahya Jammeh、1965年5月25日 - )はガンビア共和国の政治家。現在、同国大統領(第2代)。日本の外務省のホームページでは「ヤヤ・ジャメ」と表記されている[1]

1994年7月にガンビア軍の中尉として起こした無血軍事クーデターにより、ダウダ・ジャワラ大統領から実権を掌握。軍事暫定統治評議会議長として、ガンビアを統治。それまでの腐敗政治を改めた功績により、1996年の民主選挙で大統領に選出された。政党として愛国再建同盟を設立し、2001年2006年2011年に再選されている。

保守的で厳格なムスリム(イスラーム教徒)としても知られ、同性愛者に対して激しい憎悪を燃やしている。2008年5月には、国内の同性愛者に対して国外退去か死刑かを選ばせる通告を発した[2]

また、親族の死に魔女が関与していると疑い魔女狩りを行ったとして、アムネスティ・インターナショナルから告発された[3]

その上、AIDSの特効薬を作ったこともあったが、それが効くはずなかった。それは、ただ単に薬草を出鱈目に調合しただけの液体であった。

参照[編集]

  1. ^ 外務省:ガンビア共和国
  2. ^ President plans to kill off every single homosexual
  3. ^ CNN.co.jp:ガンビアで魔女狩り横行、幻覚液で死者も アムネスティ[リンク切れ]


公職
先代:
ダウダ・ジャワラ
ガンビアの旗 ガンビア共和国大統領
1996年まで軍事暫定統治評議会議長
第2代:1994 -
次代:
(現職)