抗ウイルス薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

抗ウイルス薬(こうウイルスやく、: Antiviral drug)は、ウイルス感染症の治療薬

歴史[編集]

薬理[編集]

ウイルス細胞寄生し、暗黒期を経て新しいウイルス粒子を形成し、宿主細胞を脱出するサイクルの一部プロセスを阻害することで、あるいは人体の抗ウイルス免疫機構に介入することで、ウイルス性疾患の治療を行う療法である。ウイルスは自身の細胞を有しないため、細菌など病原体の細胞を直接破壊する抗生物質療法と、薬理学的性格が大きく異なる。

抗生物質はスペクトラムによるとはいえ、複数菌種に対する抗菌活性を持つことが多い。これは、抗生物質が標的とする細菌は、真核生物である人体の細胞と大きく異なる一定の分子生物学的な共有形質を有し、これを利用して細菌細胞の生理的過程を阻害し、細菌細胞を死に至らしめているからである。

しかしウイルスは進化の系譜が細胞を有する生物とは著しく異なり、個々のウイルスの分子生物学的な形質の多様性は著しく高い。そのため、それぞれの生活環転写因子が異なっており、それぞれに対する治療薬が必要となることが多い。

種類[編集]

一般ヘルペスウイルス治療薬[編集]

サイトメガロウイルス治療薬[編集]

ヒトパピローマウイルス治療薬[編集]

RSウイルス治療薬[編集]

インフルエンザウイルス治療薬[編集]

HIV-1治療薬[編集]

日本国内で認可されているHIV感染症治療薬は以下が存在する。

日本国内で治験中の抗HIV治療薬は以下が存在する。

  • 融合阻害剤(Fusion Inhibitor:FI)
    • エンフュヴィルタイド (T-20) 商品名:フューゼオン®

HBV治療薬[編集]

HCV治療薬[編集]

関連項目[編集]