スパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スパイ(英語:spy)とは、敵対勢力などの情報を得るため、諜報活動などをする者の総称である。

概説[編集]

間諜(かんちょう)、工作員(こうさくいん)とも呼ぶ。

政治経済軍事科学技術などの情報を、いち早く入手して味方に知らせつつ、敵の活動を阻害することが主な任務とされる。

その存在が古代から有ったと言われ、世界各地の神話古文書にも、しばしば描写される。例えば、ギリシャの英雄オデュッセウスの「トロイの木馬」が世界的に有名である。また『孫子』では、用間として一章が設けられており、離間工作の方法、敵の間者を二重スパイとして活用する反間などの手法が記されている。ちなみに日本国では、戦国時代忍者が該当しており、明治時代の西南戦争には、『スパイ』としての活動が行われていた。

『Spy』は、『Espy (見つける、探し出す)』と同じで、古期フランス語で 『Espion(見張る者)』を意味しており、『Espionage (諜報活動:現仏語)』の語源。印欧語で『見る』を意味する語幹『Spek』に由来する。

近代以降、各国で情報機関が組織され、スパイ活動の展開が行われている。情報機関は組織として情報を収集するので、スパイは、自分が何のためにそれをさせられているのか分からないということもある。

小説映画の影響によって派手な活動が連想されがちであるが、古典的表現である「外套と短剣」に表されるように、実際のスパイは地味な活動をしていることが多い(これは特殊部隊などにもいえる)。

現代のスパイは、機関員(インテリジェンスオフィサー)と協力者(エージェント)に分けられる。

機関員[編集]

機関員は情報機関の職員であり、特殊な訓練を受けた後で多くは外交官駐在武官として外国に赴任する。外交官として赴任すると、外交特権で逮捕や荷物の検閲が免れる。治外法権の大使館を拠点とすることで、暗号で情報を本国とやりできる。外交官の肩書を有していると政治家や官僚といった獲得工作の対象に接触しやすい。などの利点がある。その一方でビジネスマンジャーナリスト学者といった民間人に成りすまして「非公式に」外国に赴任する機関員もおり、この種の機関員は「イリーガル」(KGB)「ノンオフィシャルカバー」(CIA)などと呼ばれる。

機関員の任務は主に赴任国の重要情報に近づきやすい人間に獲得工作をかけ、協力者として運営し、赴任国に関する情報収集を行うことにある。機関員が獲得工作を行う際には協力者にしたい人物に接近し、身分を明かした上で獲得するケースが多い。また獲得工作を行う際に、異性の機関員が恋愛感情につけ込む手法(ハニートラップ)や金銭が利用される場合もある。さらに機関員が身分を明かさずに「外交官」として協力者に接触するケースもあるため、実際には協力者となっていることを自らが自覚していない場合も多い。

機関員は公務員であるため、高給を得る機会は少ない。また特殊な訓練を受ける過程で脱落したり、訓練後でも人材が育つとも限らない状態にある。

協力者[編集]

協力者は、機関員の望む情報、資料、物資などを直接獲得したり、その仲介をなす。移民を多く送り出している国では移民のネットワークを利用する事もあり、イスラエル、中国、インドなどがこの手法をよく用いるといわれる。北朝鮮が日本での諜報活動に在日朝鮮人を巻き込む事が多く、彼らは「土台人」などと呼ばれている。

危険を伴う任務が多く、敵に捕らわれたら長期間の拘束や処刑される場合がある。

産業スパイ[編集]

ビジネスの世界では産業スパイが活動している。産業スパイは企業の情報収集を行うだけでなく、社員の辞職を誘発したり、労働組合を扇動するなど企業に損害を与える場合もある。これらの活動には探偵業者や経営コンサルタントなどが関わることが多い。

軍事技術の収集などを目的に外国の情報機関が企業に諜報活動を行う場合もある。日本で近年発生した事案には、ロシア軍参謀本部情報部(GRU)の情報将校がニコンの社員から軍事転用可能な技術を収集した事件や、中国人民解放軍系の企業がヤマハ発動機を通じて無人ヘリを不正に輸入しようとした事件などがある。

但し、企業の利益活動を正当な理由なく阻害した場合には、基本的に法的観点で処置される。

主な活動の目的[編集]
  • 機密情報などの盗み出し行為
  • 利益追求の目的達成を阻害したり、その機能を破壊する行為
  • 社内の人間関係を破綻させるなど、人間関係の工作

その他[編集]

スラングとしても「スパイ」という言葉は使われる。たとえば、プロ野球スコアラーが次の対戦相手の戦力・戦術分析の為に試合を観戦したりする事から「スパイ」と表現される事もある。またインターネット上の掲示版機能などで情報操作をする者を「工作員」と呼ぶこともある。

現代の情報機関[編集]

日本[編集]

アメリカ[編集]

以下の二者は、NSAの傘下でインテリジェンスコミュニティ「中央保安部」を構成。

イギリス[編集]

フランス[編集]

韓国[編集]

ドイツ[編集]

イスラエル[編集]

ロシア[編集]

スパイ本人による回顧録[編集]

  • 阿尾博政『自衛隊秘密諜報機関 ―青桐の戦士と呼ばれて―』
  • 明石元二郎『落花流水』
  • 石光真清『城下の人』『曠野の花』『望郷の歌』『誰のために』
  • 高井三郎『日米秘密情報機関:「影の軍隊」ムサシ機関長の告白』
  • 塚本勝一『自衛隊の情報戦 ―陸幕第二部長の回想―』
  • 藤原岩市『F機関』
  • ウィリアム・スティーヴンスン『暗号名イントレピッド
  • ウォルフガング・ロッツ『シャンペン・スパイ』『スパイのためのハンドブック
  • ラインハルト・ゲーレン『諜報・工作―ラインハルト・ゲーレン回顧録』
  • ロバート・ベア『CIAは何をしていた?』

著名なスパイ[編集]

日本[編集]

機関員
協力者

アメリカ[編集]

機関員
協力者

イギリス[編集]

機関員
協力者

ソ連・ロシア[編集]

機関員
協力者

ドイツ帝国[編集]

ナチス・ドイツ[編集]

東ドイツ[編集]

ポーランド[編集]

チェコスロバキア[編集]

  • カレル・ケヘル - チェコスロバキア内務省国家安全保障隊国家保安部(チェコ語:Státní bezpečnost、スロバキア語:Štátna bezpečnosť)。CIA内部への浸透に成功

フランス[編集]

イスラエル[編集]

北朝鮮[編集]

韓国[編集]

中華人民共和国[編集]

中華民国[編集]

スパイをテーマとした作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

楽曲[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「北京の高級人民法院、判決で日本外交官をスパイ断定」読売新聞08年3月11日記事
  2. ^ 週刊新潮2006年2月16日
  3. ^ 左派弱体化へ秘密資金 米CIA、保革両勢力に 共同通信2006年7月19日
  4. ^ 金富億『北朝鮮の女スパイ』講談社文庫1997年ISBN 978-4062562300
  5. ^ 金富億『北朝鮮のスパイ戦略』講談社文庫2002年ISBN 978-4062566797
  6. ^ 金賢姫『金賢姫 いま、女として』文春文庫1994年、上 ISBN 978-4167565015、下 ISBN 978-4167565022
  7. ^ 趙甲済『北朝鮮女秘密工作員の告白』徳間文庫1997年 ISBN 978-4198907884
  8. ^ 金富億『北朝鮮のスパイ戦略』講談社文庫2002年ISBN 978-4062566797
  9. ^ 外務省『北朝鮮による日本人拉致問題』2006年7月。
  10. ^ 外務省『北朝鮮による日本人拉致問題』2006年7月。
  11. ^ 警察庁編『警察白書』平成15年。
  12. ^ 高世仁『拉致-北朝鮮の国家犯罪』講談社文庫2002年ISBN 978-4062735520
  13. ^ 金富億『北朝鮮の女スパイ』講談社文庫1997年ISBN 978-4062562300
  14. ^ 警察庁編『警察白書』平成9年。
  15. ^ 警察庁編『警察白書』平成13年。
  16. ^ 警察庁編『警察白書』平成15年。
  17. ^ 外務省『北朝鮮による日本人拉致問題』2006年7月。
  18. ^ 安明進『北朝鮮拉致工作員』徳間文庫2000年ISBN 978-4198912857
  19. ^ 女スパイ:韓国人将校らの暗殺命令受ける(上):(朝鮮日報2008年8月28日)
  20. ^ 女スパイ:義父キム・ドンスンとは何者か(朝鮮日報2008年8月29日)
  21. ^ a b c TBS闇の部隊「北送阻止隊」 (2009/9/26 放送)にて名前を公表してインタビューに答えている
  22. ^ 日本華裔大臣蓮舫家世揭秘 祖母是政商兩界女强人 中國新聞網 2010年06月07日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]