ガンビアの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガンビアの大統領(ガンビアのだいとうりょう)では、西アフリカガンビア共和国国家元首である大統領について記す。ガンビアは1965年に独立(その時のガンビアの総督はジョン・ウォーバートン・ポール1965年2月18日–1966年2月9日)とファリマング・ママディ・シンガティック1966年2月9日–1970年4月24日))したが、1970年まではイギリスの国王を元首とする英連邦王国であった。ここでは、英連邦王国から脱し、共和制を敷いて大統領を国家元首と定めた1970年4月24日からの大統領を記す。

軍事政権の長が国家元首を兼ねた期間があるが、それもまとめて一覧に記した。

選出規定[編集]

大統領は国民の直接選挙で選出される。任期は5年で、再選制限は無い。大統領選挙に立候補できるのは、ガンビア国内に5年以上居住する30歳以上のガンビア国民(立候補者の年齢上限は65歳まで)であり、高校卒業程度の学歴を持ち、ガンビア国籍以外の国籍(二重国籍)を持っていてはならないと憲法に定められている。

権限[編集]

ガンビアは大統領制の共和国であり、大統領は国家元首であると同時に行政府の長も兼ねる。副大統領閣僚の任免権、軍の最高指揮権などを行使し、実質的に国政を主導する役割を担う。また、国民議会の定数53議席のうち5議席は、大統領による任命枠となっている。

歴代大統領[編集]

名前 在任期間 政党・政治組織 備考
ダウダ・ジャワラ
Dawda Jawara
1970年4月24日 -
1981年7月30日
人民進歩党(PPP) 初代
クコイ・サニャン
Kukoi Sanyang
1981年7月30日 -
1981年8月5日
無所属(軍政) 国家革命評議会(NRC)議長[1]
ダウダ・ジャワラ
Dawda Jawara
1981年8月5日 -
1994年7月22日
人民進歩党(PPP) 初代の復職
ヤヒヤ・ジャメ
Yahya Jammeh
1994年7月22日 -
現職[2]
無所属(軍政)→
愛国再建同盟(APRC)
第2代
  1. ^ クーデターで一時的に実権を握ったが、一週間で鎮圧された。
  2. ^ 1996年10月18日までは軍政の長(軍事暫定統治評議会議長)として国家元首。